Noism&鼓童公演から

2010年2月25日 (木)

そう言えば。。。

すっかり忘れていました。
小さなばちで太鼓を叩く千絵子さんから
「うぶすな」では踊りまくるわよ~たっぷり楽しんで!!って

2search拡大


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

「うぶすな」にパワー

先日の公演で帰り際のみなさんから沢山のパワーをもらって来ました。

Photosearch拡大
大太鼓の衣装は重いよ!!ハチマキもないしね!

Photo_2search拡大
只今奥様出張中!

Photo_3search拡大
小さなバチで太鼓を叩きま~す!

Photo_4search拡大
さあ、みんなで…早く早く~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

山口幹文さん話す

さて、昨日のお昼からのラジオ放送。
みなさんお聞きになられましたか???

Noism&鼓童の公演での対談から話題が進んでいましたね。
勿論「うぶすな」公演の告知はしてくださいました。
メンバーの年齢層の幅があり、時代の違い、環境の違い等で伝承していく難しさを話されていました。これは「うぶすな」に繋がる話ですね。
変わらない事も大切な時はあるけれど、変化していかなければならない。
モデルチェンジは必要でしょう。でも、スピリットは変わらない。と
自動車を例えての話でした。
来年は30周年を迎える。30年つちかった持ち味を最大限だす。と今後の意気込みも話されました。

公演後は美味しいお酒を召し上がりましたか?の質問に
お酒は呑まないので、美味しい料理とジンジャーエールだったと答えられ、おしまいでした。


益々公演が楽しみです。今だけしか観ることの出来ない特別公演です。
みなさん、見逃す手はありません。今すぐチケットの手配をしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山口幹文さんに聞く ②

昨年12月に発売された『一菅風月』のCDに収録されている「愛しきものへ」はこの舞台の為に一昨年前の秋、燃えるような紅葉の美しさと大自然の中で出来上がった曲だそうです。命あるものへの感謝が込められています。

今、吹かれている真竹で作られた真笛(まこぶえ)は佐渡の竹を使っているとのことです。
笛師、蘭情さんからの贈り物だそうです。
成長しなければ吹けない笛。次のステップアップの為良い時期にもらったと感謝されていました。3年を過ぎているとのことで、豊かな音色を楽しんでほしいとその音を愛おしんで居られました。


CDを聞いているだけでも、自然の大きな世界に包み込まれる感覚で、優しさの中に入り込んでいく旋律に心引かれていきます。この「愛しきものへ」が舞台の世界ではどんな思いを伝えてくれるのだろう。生音は何を感じるのだろう。とワクワクします。
CDのお買い求めもお薦めですが、是非公演にお越しください。
一緒に生音を体験しましょう。

2search拡大
終演後ちょっとお疲れ気味!?

3search拡大
お話伺え嬉しかったです。ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

山口幹文さんに聞く ①

Noism&鼓童の終演後
「うぶすな」公演について山口さんにお話を聞くことができました。

鼓童のファーストアルバムUBU-SUNA。25周年の12月公演での演目にあった「入破」「道」が収録されています。
産土は生まれた土地やその守り神を意味し、鼓童の原点となる1枚です。鼓童が佐渡で生まれ育った成長を感謝し、土地の神様と共に祝福し、次代へと繋がってほしいと原点+成長+未来に思いが寄せられていました。

青木さん初演出の舞台だそうです。抽象的な言葉の数々のイメージを現実にし、舞台で表することが難しかったと制作にまつわるご苦労があったようです。

鼓童と言えば半纏姿ですが、今回は衣装も楽しんでほしい。
大太鼓の刺し子は格別!!大井さんの心も伝わるとのことです。
見所満載だそうで、大太鼓は欅も革も純日本製!!新発田では初の音となるね。剣舞の衣装が揺れる三宅はよかったよ。その三宅でね…おっと…話しすぎてはと…


話の続きは是非この目で観たいと思いました。
この特別公演は今しか観ることができない公演です。
みなさんにも見逃さずに観てほしいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

りゅーとぴあ公演組の報告

早くからチケット完売の公演です。お客様の半分以上はNoismファンの方々のようで、鼓童だけの公演とは客層が違い雰囲気も。。。

私はNoismの舞台は初めてでしたが、鼓童と違ったエネルギーをもらいました。反対に鼓童の舞台が初めての方には太鼓の響きと笛の音、唄声は心に届いたと思います。千絵子さんの西馬音内の静の舞いの美しさに心魅かれたことでしょう。久しく藤本さんの大太鼓から屋台囃子の醍醐味は感動です。共に新潟から発信される芸能。1日で2度美味しい舞台でした。

対談では司会の方がコラボは?の問いかけに金森さんはモノクロームとやってみたいと話されていました。いつか、そんな舞台が実現することを楽しみにしたいと思います。

そうです。「うぶすな」のお仕事を忘れてはいけません。
今回、急な計画で終演後チケットの予約を受けさせてもらいました。
お陰さまで5枚のご予約をいただきました。ありがとうございました。
また、多くの方々が新発田公演の特別仕様チラシを持ち帰ってくださり、興味を持ってもらえました。嬉しいです。
今後に繋がってほしいと願います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

Noism&鼓童公演

ここでしっかりアピールしなければ…
鼓童側からも「うぶすな」チラシの折り込みをして下さるとのこと。
ありがとうございます。

委員長からメールが届きました。
経済は思っているよりも冷えこんでいるようです。
人はパンのみにあらず・・・といいますが、今は、そのパンのために安さを求める時代です。不幸なくらい先の見えない時代、だからこそ、気持ちを豊にするために、芸能が必要なんですね。

こういう時代だからこそ、気持ちを豊にする。心を感動させてあげる。そういうことが必要なんです。「うぶすな」は鼓童にとっても、実行委員会にとっても、こういう時代だからこそ、価値があると僕は思います。

どうぞ、身近な人に気持ちを届けてあげてください。


公演に行く組の私たちはこの気持ちを芸能好きのみなさんに熱く伝えたいと思います。まだ、「うぶすな」公演を知らない方々に特別公演だと伝えたいと思います。
当日はチケットの予約を承る準備をしています。
1人でも多くのみなさんに予約をしてもらえたら、嬉しいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)