« 訃報。。。永六輔さん | トップページ | 限定の公演 »

2016年7月17日 (日)

委員会の反省会

早いものです。あの感動の公演から3週間が過ぎようとしています。この日も今一度、各々の感想やら意見が一巡。途中で脱線したりと熱い思いが交わされました。

ぴかさんからも指摘をもらっていました駐車場の件も検討。出入り口のわかりづらさ、入出庫の機械導入での不手際等今後の課題です。階段の多い会館、高齢化しているお客さまの案内等エレベーターの有効活用も課題です。

アンケートの収集も進んでいます。ほんのわずかな席数を残しましたが満席といっても過言ではない客席。アンケートの回収率はまだですが、回答の過半数が初めてのお客さまでした。新発田の今回の舞台が半纏鼓童であることをもっとPRできていたとしたらどうだったのかな?新発田での芸術の舞台に対する答えかな?響sato-otoのファンかな?地域での公演は委員会の口コミやDMはもちろんですが、ポスターやチラシ、メディア掲載も情報を伝える手段になっていることが確認できました。

『プロの舞台にアマはあげない』との意見も少数ですがありました。ほとんどはアマの舞台にプロがゲスト出演するというパターンでこのようなことはとても稀なことです。今回は鼓童との関わりの中でできた太鼓グループ響sato-otoの15周年と鼓童新発田公演15回目の節目として、祝いを込めた新発田ならではの特別な企画でした。次に節目が一緒にやって来るのは。。。???想像上では考えられません。15×15のお祭り的舞台は圧倒的に楽しかったと寄せられた回答と大太鼓での手拍子という会場の盛り上がりから至福な公演だったことを確信しました。

感動の舞台を今後はどのように繋げていけるのか、どこまで、何ができるのか。お客さまに喜んでもらえる企画ができればと思います。

|

« 訃報。。。永六輔さん | トップページ | 限定の公演 »

コメント

 いろいろ 有難うございました。舞台は楽しくプロ、あま問わず 演者が楽しいと思い 客席にどう?と投げてくる。ただ演目を綺麗にこなすのでなく あったかい気持ち 何かがあっても笑えちゃうような 一体感 舞台人がエライのでなく同じ目線 気持ちでいられる。
これが 新発田。私はそう思う。心地よい時間。
しつこいようですが ただただ 残念なのは 車を停めお祭りも楽しみたかったからどこに行けばいいのか どのように行くのか が あっちの方 ではわからず 歩いてどのくらいかもわからずに 行けなかった事。
おかしい いつもと違うと思った。シルバーさんだったとは。いい経験でした。いい意味で。私も気を付けようと。そのかわり花嫁人形 ここにあったなんて、じっくり見ました。絵葉書 しおり 教科書 買っちゃいました。
みなさんのご苦労 改めて 感じた 一日でした。
次 待っています。 

投稿: ぴか | 2016年7月18日 (月) 10時04分

ぴかさん
毎々貴重なご意見ありがとうございます。新発田公演の空気間をご一緒できましたこと嬉しく思います。

駐車場の裏手側で食Kingが開催されていました。会館をぐるりと回る感じでしょうか。ご案内不足でしたね。ごめんなさい。蕗谷虹児記念館にお立ち寄り頂き楽しんでもらえたようで安心しました。

次ぎの公演をご案内できますよう活動したいと思います。
ほんとうに遠路からありがとうございました。

投稿: mukki | 2016年7月21日 (木) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/66543413

この記事へのトラックバック一覧です: 委員会の反省会:

« 訃報。。。永六輔さん | トップページ | 限定の公演 »