« いざないの演目 | トップページ | 6月の例会 »

2016年5月22日 (日)

いざないの舞台

20160521
芸術監督の舞台は演目が流れるような演出でどこからが曲の変わり目かわからない、と耳にします。今回は解説付きでの紹介ですから単独の曲として受けることができました。伝説から神秘、永遠、混沌と繋がる舞台に沢山の楽器が使われてきました。今回も和太鼓にプラスされた音。新しい舞台螺旋からの曲も披露されました。

遠くへ飛び、もどってみる。。。そのスパイラルしてもどった時点が演目の「螺旋」なのでしょうか?舞台の最後を大太鼓が飾るのではなく今回のように舞台のどこかに挟まれ、トリは違う。そんな舞台を目指しているようなニアンスの解説の後での曲は叩き込む姿や音量に迫力あるものでした。会場はカーテンコール(新聞の画像)ありでとても盛り上がっていました。

これから東京をはじめ京都、香川、熊本を巡る公演です。お近くの公演にお出掛けください。

私は。。。明けの明星の太鼓のリズム、響きを新鮮に感じました。演題のある舞台での演奏よりも演目として素直に好感をもちました。大太鼓、屋台囃子はシンプルに和太鼓の響きを楽しみたかったと思います。西洋の太鼓が余韻に深みとか広がりとか?残念ながら私にはわからず、化学反応できませんでした。スパイラルした三宅、屋台囃子、巴。。。?????この化学式も直ぐに理解できない私でした。監督就任後初の舞台伝説で姿を変えたモノクロームや屋台囃子にビックリしたことを懐かしく思い出していました。

変拍子や難しい技術がこれからの舞台にどう関わってくるのか?芸術の太鼓と芸能の太鼓、どのような舞台が展開されるのか?時には単純に和太鼓の強さの中に優しさを秘めた余韻を期待します。

|

« いざないの演目 | トップページ | 6月の例会 »

コメント

今回のいざない チケットの予約 都内で したのに手違いで手元に来なかったり 他の用ができたりと 行かないでいいよ と言われているみたいに。こんな事は初めて。
この頃 いろんな事を考える 私にとっての 鼓童は?とかさ。終わってからニコニコ ニヤニヤ が消えない。なにがあっても 行く。それが 私の鼓童だった。拒否反応ばかりでなく滑り込んでみようと思うのだがなかなか難しい。困ったもんだ。
うぶすな 観たいなぁ。 

投稿: ぴか | 2016年5月22日 (日) 09時45分

ぴかさん、ごきげんよう
いざないの舞台は東京では違った演目でドラムの解説もあったようです。身近に感じれたか?はたまた遠のいたか?

後ひと月を切った新発田の公演を楽しみにしていてください。ニコニコできる舞台をお届けしたいと思います。

投稿: mukki | 2016年5月29日 (日) 23時04分

昨日「いざない」行ってきました。いやー素晴らしいホールで冒頭の「木遣り」の響きから遣られました。
コメントの通り東京は、「カオスセット」でしたョ!
木遣り~三宅
草分け
大太鼓
屋台囃子
~ 休憩 ~
太鼓体験
Six Phases
閃光
Mossa
九界

まあ~前半は、未熟さは否めませんでしたが、フレッシュさを全面に出した演奏で気持ち良かったです。後半は、特にコメントないです。個人的には、佐渡のセットを観たかったんだけど。
確かにいろんな面で進化?化学反応?破壊?みたいな未来へ向けた様々な鼓童を実感する機会は、多くなりました。その反面、自分の中での「・・らしさ」とは一体何なのか?と。
コアな鼓童ファン?のひとりとして・・・
その答えを追い求める「旅」は、まだまだ続きそうです。
ま、次は、「新発田」に停車ですけど。
答えが欲しい人は、みんな集まれ~!ってことで。。。
どうぞ新発田へお越し下さい(^O^)/

投稿: 東京支部長 | 2016年5月30日 (月) 22時16分

東京支部長様、東京ではいつも一瞬お目に
掛かりますね。
私も新発田で、「・・らしさ」を感じたい
と思います。

投稿: 道産子親父 | 2016年5月31日 (火) 14時12分

祭音 新発田 楽しみ。

投稿: ぴか | 2016年5月31日 (火) 18時19分

道産子親父どの、そうですね、一言二言ってな感じでいつも申し訳ありません。
是非新発田ではおいしいお酒でゆるりとお話がしたいですね。
遠くからいつもありがとうございますm(__)m

投稿: 東京支部長 | 2016年6月 1日 (水) 21時35分

みなみなさま
コメントありがとうございます。しばし休憩を取り過ぎまして、慌てております。

「・・らしさ」の中に未来へ向けた鼓童を実感する公演が新発田公演と思います。みなさまのお越しお待ちしてま~す。

投稿: mukki | 2016年6月16日 (木) 04時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/65593081

この記事へのトラックバック一覧です: いざないの舞台:

« いざないの演目 | トップページ | 6月の例会 »