« はてさて。。。 | トップページ | ドラムを楽しむ »

2015年12月 7日 (月)

混沌の行方。。。

佐渡を離れ北陸から新潟を経由して大阪での弾けた公演の様子が伝わっています。

新潟公演のフロアは年配の方が多く例年とは違った雰囲気でした。

打男の舞台に似た幕開けはウォーリーを探せ!という感じ。少し回数を重ねてきた公演は音がクリアーになっていました。佐渡では気付かなかった?照明の効果を感じました。手作りの楽器?呼称びゅんびゅんの扱いが上手くなり、独特な音も大きく響いていました。二階席から見下ろす舞台は重なるところのない隊形を楽しむことができました。

芸術監督演出の舞台はこれまでも賛否がわかれています。今回の舞台も例外ではないようです。以前の鼓童をこよなく愛する方々、現在のパフォーマンスから鼓童の舞台を知った方々、変化を楽しむ方々など感じ方の違いも要因すると思います。噂に惑わされず、一度は観て見てください。自身の感じたことを伝えて欲しいと思います。

|

« はてさて。。。 | トップページ | ドラムを楽しむ »

コメント

観てきましたョ!
今回は、事前情報いっぱいでしたが、あえて何も考えず観点はひとつ「楽しいかどうか?」としました。
いい意味で期待を裏切ってもらい、正直良かったです。(私には)
確かにこれは、分かれるねぇ・・・色々な感想が出ますね〜きっと。
10代よりロックを愛し続けてきたおじさんとしては、割と自然に入ってきました。もともとドラムと和太鼓は、よくあるコラボの形なんでグルーヴ感がでるのも当たり前。皆一流のプレイヤーなんだから。
「混沌」という割には、私の中では分かり易かったようです。
和太鼓でズシ〜ん❗️と体感したい方には、確かにどうかなとは思いますが・・・
それにしても、住吉さんのドラムは実に良かった。バンドマンとしての音を聴いてみたくなりました。

投稿: 東京支部長 | 2015年12月20日 (日) 20時19分

支部長、お疲れさまです。
東京でも弾けていたようですね。楽しいことに趣きを置きロック好きの支部長には有りの舞台だったようですね。でもやっぱり和太鼓って考えると疑問も。。。ってことよね。

友人は最後の演出で次の舞台は古典に繋がっていると期待をしているのだけれど。。。

投稿: mukki | 2015年12月28日 (月) 03時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/62847546

この記事へのトラックバック一覧です: 混沌の行方。。。:

« はてさて。。。 | トップページ | ドラムを楽しむ »