« 鼓童の新作「混沌」を見て | トップページ | 新発田公演に向けて。。。 »

2015年12月28日 (月)

混沌は混沌を招き混沌と。。。

12月の東京はツアー、交流公演、ソロ活動と鼓童にふれることができ、観たい舞台を選択できました。が、何を観たらよいのか悩めるところでしたね。

やはりメインとなるのはワン・アース・ツアー混沌でしょうか!?
ぴかさん、東京支部長とささりーなさんからコメントを貰っています。委員会でもさまざまな意見が交わされました。芸術監督が手掛けてきた舞台の伝説、神秘、永遠を経て今回は早い段階からプレスリリースが盛んにされた舞台混沌。「世界一の打楽器奏者を目指してほしい。上質な舞台人であってほしい…」との監督の意向は和太鼓の響きから離れていっているように感じます。和太鼓を使った舞台。。。今、鼓童は何を目指しているのでしょう。

長年、鼓童の太鼓に惹きつけられ楽しみにしてきた和太鼓ファンの心情として「創造的破壊」の中にしっかりと太鼓の響きが聞きたいということが本音ではないでしょうか。変わること、変えること、変わるべきこと、守ること、鼓童も観客もどこかはっきりとしたイメージが捉えられない面を抱えながら、舞台は確実に世代交代しつつ新たな時代に向かっていく。ということだけは確かでしょう。

|

« 鼓童の新作「混沌」を見て | トップページ | 新発田公演に向けて。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/63184645

この記事へのトラックバック一覧です: 混沌は混沌を招き混沌と。。。:

« 鼓童の新作「混沌」を見て | トップページ | 新発田公演に向けて。。。 »