« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月29日 (火)

新発田公演に向けて。。。

来年は新発田公演を開催と決めてからどんな舞台にしたいか。と幾度か話し合う時間を持ち、今年も終わろうとしています。年が明ければ本格的な活動を開始です。委員会での意見交換からの報告があがってきました。四半世紀にわたり、鼓童を通して地域活動を行ってきた私たちにできること。。。どこが変わるべきか、どこを伝えるべきか、じっくりと太鼓の音を楽しみながら時代の交差点を確かめたい、そこを大事にする公演にしたいと思っています。

『鼓童が世代交代とともに新たな舞台創造にチャレンジしていることについては誰もが承知をし、理解をしているところです。反面、会場内で賛否の声が上がっていることも観客として感じた共通した声でした。つまるところ、演劇的な手法や様式美など舞台の創造性の広がりに伴い、和太鼓のもっとも特徴的なネイティブサウンドの希薄さに物足りなさを感じていることも事実のようです。

例えば、和食においてもグローバル化するにつれて、他のジャンルのテイストが入ってきますが、根底にあるのは「だし汁・しょうゆ」です。それは素材の旨味を引き出すもので、ソースのように絡めるものではありません。和太鼓もまた同じことが言えます。同じ叩くでも和太鼓とドラムでは微妙に異なります。鼓童に求める和太鼓の世界、これこそが第一人者として、和太鼓の世界を牽引してきた鼓童のもっとも強みであり魅力です。そこが、舞台に対するテイストの違いとして賛否がおこるのだと思います。

決して懐古趣味での話ではなく、ネイティブサウンドとしての和太鼓の魅力は、他の楽器にないもので、それが多くの人たちの心を引きつけていることだと思います。定期公演は、そこのポイントがあり、企画や特別公演は今のような舞台でも何も問題はないのでしょうが、定期公演までも変わってしまった昨今は、そういう舞台の醍醐味をなかなか体験できないといったジレンマが観客にあるように思います。

そこで、新発田公演は、その「和太鼓の魅力」に充分スポットをあてて、ネイティブサウンドとしての「鼓童による和太鼓の世界」を楽しんでもらいたいというのが実行委員会の願いです。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

混沌は混沌を招き混沌と。。。

12月の東京はツアー、交流公演、ソロ活動と鼓童にふれることができ、観たい舞台を選択できました。が、何を観たらよいのか悩めるところでしたね。

やはりメインとなるのはワン・アース・ツアー混沌でしょうか!?
ぴかさん、東京支部長とささりーなさんからコメントを貰っています。委員会でもさまざまな意見が交わされました。芸術監督が手掛けてきた舞台の伝説、神秘、永遠を経て今回は早い段階からプレスリリースが盛んにされた舞台混沌。「世界一の打楽器奏者を目指してほしい。上質な舞台人であってほしい…」との監督の意向は和太鼓の響きから離れていっているように感じます。和太鼓を使った舞台。。。今、鼓童は何を目指しているのでしょう。

長年、鼓童の太鼓に惹きつけられ楽しみにしてきた和太鼓ファンの心情として「創造的破壊」の中にしっかりと太鼓の響きが聞きたいということが本音ではないでしょうか。変わること、変えること、変わるべきこと、守ること、鼓童も観客もどこかはっきりとしたイメージが捉えられない面を抱えながら、舞台は確実に世代交代しつつ新たな時代に向かっていく。ということだけは確かでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

鼓童の新作「混沌」を見て

昨日の新潟日報の記事です。
「和太鼓」の常識って何だろう?
Konton


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

ドラムを楽しむ

友人が千里馬のようとシェアしたドラムライン楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

混沌の行方。。。

佐渡を離れ北陸から新潟を経由して大阪での弾けた公演の様子が伝わっています。

新潟公演のフロアは年配の方が多く例年とは違った雰囲気でした。

打男の舞台に似た幕開けはウォーリーを探せ!という感じ。少し回数を重ねてきた公演は音がクリアーになっていました。佐渡では気付かなかった?照明の効果を感じました。手作りの楽器?呼称びゅんびゅんの扱いが上手くなり、独特な音も大きく響いていました。二階席から見下ろす舞台は重なるところのない隊形を楽しむことができました。

芸術監督演出の舞台はこれまでも賛否がわかれています。今回の舞台も例外ではないようです。以前の鼓童をこよなく愛する方々、現在のパフォーマンスから鼓童の舞台を知った方々、変化を楽しむ方々など感じ方の違いも要因すると思います。噂に惑わされず、一度は観て見てください。自身の感じたことを伝えて欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »