« 鼓童創立35周年記念作品第一弾開幕 | トップページ | プロデューサーの思い »

2015年11月25日 (水)

イマジネーションしてください

プログラムです。20分の休憩をはさみ2時間の舞台です。さて、どこで休憩かしら?二幕の始まりは?
Kontonomote


|

« 鼓童創立35周年記念作品第一弾開幕 | トップページ | プロデューサーの思い »

コメント

イマジネーションをしないで見ました。
混沌を予感させる舞台、演劇的手法でした。
最初から最後まで、タイトル通りの舞台でした。

投稿: タモン | 2015年12月 5日 (土) 23時44分

タモンさん
演劇的手法にタイトル通りの舞台はお気に召されなかったようですね。芸術監督の演出以前の舞台を知らない方々も増えているようです。そんなみなさんにはどう感じるのか、聞いてみたいです。

投稿: mukki | 2015年12月 6日 (日) 23時20分

お気に召すとか、召さないとかでなく、
演じる側の混沌と見る側の混沌のなかで何が見えて来るか、
混沌に入って行く人も、混沌から見いだす人も、
「いる」ということを示したことに意義が在ると思います。
始まりが無い幕開けはそういうことです。
伝説で語り、神秘でさぐり、混沌で演じる者と観る者に投げかける。
さて、次は何? 

投稿: タモン | 2015年12月 7日 (月) 22時03分

この舞台を難しく説くことなく観た私には混沌の意味するところはわかりません。日報の記事、「和」から解放?創造的破壊に高揚感?こんな風に書かれると???

次は螺旋です。そんな事ではありませんよね(笑)

投稿: mukki | 2015年12月 8日 (火) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/62664695

この記事へのトラックバック一覧です: イマジネーションしてください:

« 鼓童創立35周年記念作品第一弾開幕 | トップページ | プロデューサーの思い »