« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月18日 (木)

東京支部長の今。。。

後10日となった「二人行脚」の公演。
昨年末だったかな?6月後半はこちらに戻ることになりそうだ。。。と支部長。しばしばが支部長宛に引っ越しの片付けは後にして弥彦においでよ~と誘ったら。。。

残念ながら東京支部は、「伝説」にはなりそうになく、まだまだ存続です。本社の人事は、「神秘」です。まだアキラめたわけではないが、もう一年今のプロジェクトチームに残留濃厚です。こんな生活が「永遠」に続くとは思いたくないが、しばらくは「混沌」としたエリアの代表、大都会、新宿で頑張って行きます。弥彦は、たぶん顔出せないかな?<(_ _)>ECは、今年も行きますけどね。まだまだ東京支部長で頑張って行きますよ(^_^)/

支部長!!!可笑しいでしょ。この可笑しさは共有しなければと転送されてきました。

可笑しな「伝説」を書いている場合ではありません。「神秘」な弥彦にお越しくださいませ。「永遠」にそちらの生活になろうとも「混沌」とした所から出張ってことで、「二人行脚」お待ちしておりま~す。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

研修生募集

打男終演後、鼓童研修所の説明会が開催されると聞き、参加してきました。研修所の生活の様子が映像で紹介されました。その補足を研修所担当の石原さんから生活面(テレビ、携帯から離れ、集団での生活)の説明を受け、鼓童代表見留さんからはその生活が太鼓、舞台へ繋がることの話を聞くことができました。

この日は現役の研修2年生、井戸こはるさんの思いも伺えました。小学生の時に鼓童と出会い舞台に上がることが夢で入所。ここでは自然に向き合う時間で再認識することが沢山。稲、野菜の生育から収穫を迎える喜び、集落の人達との縁、仲間との関係。。。最新情報から離れた不便さの中で感じる贅沢があり感謝するとの話。今、彼女は右膝が故障し自宅療養中。研修所の仲間たちに励まされ、間もなく復帰とのこと。昨年のECでは早朝チケット交換の所で活動する姿がありました。今年はどこで活躍している姿に会えるかな。

有り余る情報と便利さが当たり前の生活、家族でも各々の生活。。。そんな環境が真逆に変わる生活を楽しみたいと思う若者のみなさん、とにかく太鼓が大好きという若者のみなさん。鼓童はそんな貴方を待っています。現在は18歳から25歳の制限があるようです。ふるってご応募ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

打男 DADAN 2015

打男の舞台はこれまでも、演目を変えスタイルを変え再演されてきました。男性メンバーが90分間休まずに叩ききる舞台です。
14343656016641
今回の舞台は2013年のECと同じに神秘での演目「カデン」から始まり、後半の大太鼓は姿を消し永遠での演目「四段」の構成を変えて結んでいました。初演からのメンバーにフレッシュな若手達が加わり人数も倍での舞台でした。若手メンバーの太鼓に向き合ってきた姿勢と技術の成長が感じられましたが、ワン・アース・ツアー公演の復習をしている感じがぬぐえません。私としては感動の盛り上がりに欠けた舞台となりました。

初演の舞台で鳥肌が立つほどの感動をしたのは私だけではないと思います。竹の楽器グランタンの優しい響きの演目びえいと演目と演目を結ぶ東道風~びえいが太鼓の響きと織りなす音の心地よさ。スクリーンと映像の面白さ。後半は次々と続く大太鼓のリズムと叩き込む姿に共感した舞台でした。演奏に必要なギリギリの人数のメンバーが舞台に出ずっぱりで叩くエネルギーの凄さに驚きを覚え、大太鼓に込める想いを感じた舞台だったと記憶しています。

スタイリッシュな舞台を目指すのかな?叩き手の思いがシンプルに伝わる大太鼓での打男はもう観れないのかな??太鼓の醍醐味はどこへいくのかな???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

浅草は街中打男

浅草での打男連続公演が今日、楽日でしたね。どんな盛り上がりを魅せてくれたのでしょう。

この公演は浅草のみなさまのおもてなしが伺えました。雷門をくぐり仲見世通りでは鼓童の旗が迎えてくれます。街のあちらこちらで鼓童ポスターを目にしました。公会堂は鼓童の幟が目印に!!!
14343653401241

14343656476501


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

混沌の始まり

早くも先行予約開始。今年は佐渡公演の後は北陸からのスタートのようです。ブリカツ君似の北陸新幹線開業のお祝いなのかしら?新潟で観れる前に。。。遠征。。。いや、海を渡るか。。。
Konton

Kontonura


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

驚きの数…

上越の会場で見つけました。へぇ~こんなに沢山の楽器が使われているんだ!?
14336816522681


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

2015 永遠の始まり

一昨日新潟市から始まった公演は昨日の上越市との連日公演でした。出演者…昨年のプログラムには実地研修として名前だけ掲載されていた研修生がメンバーとして写真入りで掲載されています。交代は立石雷さんから池永レオ遼太郎さん。メンバーみなさんの写真が一新しています。

今回の新潟公演は親鸞聖人七五〇回御遠忌記念の特別公演。公演の前に法話の時間が設けられました。会場は久しいりゅーとびあコンサートホールです。緞帳のないオープンな舞台は真横や後方からも見ることができ、上からも見下ろせるつくりです。永遠の舞台は横長の大きな布を巧みに使い構成され、演者の出入りもあっと驚くマジックのようです。そんな裏のようすが伺えるのは興味深くもありますが、きっと余計な緊張があっただろうと感じてしまいました。

上越公演を観て、永遠は一般的な額縁舞台で、正面から観る奥行が面白さを増していることを強く感じてきました。メンバーの一生懸命さがもう少し余裕に変わると多くの音色を重ねた表現がもっと心地よく響いてくるのだろうと思います。後半に向け叩くことに趣きが移り打男を予習するかのような盛り上がりに各々の公演は大きな拍手に包まれました。取り分け上越はスタンディングオベーションで感動を伝えカーテンコールとアンコールが続きました。舞台上のメンバーのみなさんの微笑みに今後の公演に繋がる自信を感じました。

今週10日から15日、浅草での打男公演後、各地を訪れる永遠の舞台。お近くでの公演をチェックしお出掛けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

混沌の速報

今日はこんな告知がついていました。秋を越し冬。。。
14336816248321

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くも秋

春のツアーが始まりました。ECの計画もたたぬ前に。。。Akisado2015

Akisado2015ura


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

混沌のお目見え

今日、初めての公開だったようです。
1433604923338


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »