« 響sato-oto太鼓フェスティバル ④ | トップページ | ワン・アース・ツアーって。。。 »

2015年3月21日 (土)

廻る記憶鮮明に 

クラシック鼓童。。。長い時間の中で培われ、繋がってきた舞台。鼓童の核となる演目で構成された舞台。横浜まで出掛けてきました。特別公演「道」は楽しい祭りの響きにはじまり、緊張感を持つ響きを紡ぎ会場を魅了しました。

最近は太鼓を使ったパフォーマンスの舞台が続いています。交流公演も観る機会が多くなっています。が、劇場での太鼓が舞台となるパフォーマンスは久しく、感動の連続でした。演者が太鼓に向き合う姿勢に目が離せません。煌びやかな華や優雅な動きはありませんが、凛とした空間はとても心地よく、演者の表情に心和みました。

モノクローム、千里馬といった巧みな撥さばきとJang-Gwaraのチャッパの技の凄さをあらためて知り、各々の音の調和を気付かされました。やぱっりいいな~好きだわ。って強く思いました。ベテランメンバーから次代のメンバーに継承されていく演目に立ち会える舞台も魅力です。奏でるメンバーによって味わいの違いを楽しみ成長を見ていた昔を懐かしく思いました。

最後にも感動でした。アンコールでこの曲を聞けるとは。。。虹のなごり。。。舞台で聴くのはどの位の時間が流れているのでしょう。ありがとうのシャワーを送りたいと思います。そして次の公演は。。。新発田?かな???

|

« 響sato-oto太鼓フェスティバル ④ | トップページ | ワン・アース・ツアーって。。。 »

コメント

遠路遥々お疲れ様でした。よかったですね~(v^-゚)
でも正直、全盛期のプレイヤーを知っている方々にとっては少し物足りなく感じたかも知れませんね。
それでも、懐かしい演目の中に長年、新発田で舞台を彩ってきた歴代プレイヤーの姿がダブって見えて感慨もひとしおでしたcrying
個人的には、太鼓そのものが持つ可能性は、まだまだ無限であることの再認識。そして、目の前の舞台に入り込んでいくにつれどんどん体が熱くなっていく理屈抜きの感覚がまだまだ残っていたということに安堵しました。
ホント!心の奥底に潜んでいる原始鼓童を呼び起こされたって感じです。元気でたーーっ(^O^)/ 
来年は、是非とも新発田の皆様の原始鼓童を呼び起こしちゃいましょうかぁ!!『目覚めヨーーsign04clock
あっ、まずは、ケガしない様に今週の「交流公演」で準備運動ってとこですかね?

投稿: 東京支部長 | 2015年3月22日 (日) 16時09分

>太鼓そのものが持つ可能性は、まだまだ無限

本当にそう思いました。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2015年3月22日 (日) 20時55分

そうですね。その無限の可能性に期待です。
あの日にもらったパワーを3日後に繋げます。こんな鼓童三昧な時間を持てるって。。。ラッキー!!!!!

生涯学習センターの舞台の位置関係は準備運動としては過激的かも。。。

投稿: mukki | 2015年3月22日 (日) 22時07分

オイラも大太鼓に凛として立ち尽くす姿勢、打ち終えた姿は神聖な空気に包まれた空間。
ジーンと五感を超え、震えが止まりませんでした。

先輩から後輩に受け継がれたこの伝統いいですね。

追加公演願うばかりです。飛んでいきます!!

投稿: naka | 2015年3月22日 (日) 23時04分

ききてぇ~
みてぇ~
原始鼓童? ほぉ~

投稿: | 2015年3月22日 (日) 23時56分

nakaさん、ありがとうございます。
お会いでき嬉しかったです。

ほんとにしびれる演目の数々。ECではなく劇場での正装の大太鼓は久しいです。一打一打に高揚する響きを共感する瞬間の感動は格別です。

投稿: mukki | 2015年3月23日 (月) 00時01分

名無しさま
ほんとに観て、聴いて頂きたいです。

各地でお待ちのみなさんの所でも公演が開催されることを願います。

投稿: mukki | 2015年3月23日 (月) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/59353545

この記事へのトラックバック一覧です: 廻る記憶鮮明に :

« 響sato-oto太鼓フェスティバル ④ | トップページ | ワン・アース・ツアーって。。。 »