« 廻る記憶鮮明に  | トップページ | 交流公演の楽しみ ① »

2015年3月22日 (日)

ワン・アース・ツアーって。。。

今回の特別公演のお客さまは半纏の舞台を楽しみにしていた方々はもちろん、芸術監督のごひいきのお客さまも多くお出でだと感じてきました。

「ワン・アース・ツアーって舞台では色々なことをするのよ」「今回は和ものね」「でも、凄いわね」。。。一部を終え休憩に入ると、後部席から話声が聞こえてきました。ちょっとおかしな話をされていますが、すっかり太鼓の虜になってしまったようすです。「あのね、こんな舞台がワン・アース・ツアーだったんだよ」って教えてあげれなかったことを残念に思えてきました。初めてこの半纏の舞台を観て凄く感動されていたのです。劇場での演者とお客が響きの中で結ばれる感覚。一つになるって感じに心打たれたのではないかと思います。

大切にしてきた演目の舞台、太鼓はこんなにも人々を感動させることを再認識できたと思います。此処だけで止まらず旅してほしいと願います。

|

« 廻る記憶鮮明に  | トップページ | 交流公演の楽しみ ① »

コメント

確かに、ワン・アースって?何だろう?核となる演目に、その時代を象徴するようなエッセンスを織り交ぜた舞台かな?う~ん、昨今の鼓童の動きをみているとそう思うのも自然かぁ。和モノねぇ~・・・(^^;
「伝説」を観て舞台を目指す若者がいる現実。「道」も最近鼓童ファンになった方が意外?と多く観に来られていた現実。頭では、理解しているつもりでも、半纏も締込も大太鼓もない鼓童も、やはり同じ鼓童だということなんですよね。それもワン・アース?
でも、同じお金出すなら、凜とした半纏姿、締込に大太鼓の鼓童が断然いいなあ!
また、長々と勝手なこと書いちゃってすいませ~ん m(__)m

投稿: 東京支部長 | 2015年3月23日 (月) 22時38分

支部長~ここ外せませんね!!!
でも、同じお金出すなら、凜とした半纏姿、締込に大太鼓の鼓童が断然いいなあ!

舞台表現が云々と。。。伝説・神秘・永遠。。。
表題が進むに連れ、早い拍にリズムが乗っかる新曲は難しくて記憶に残らない。のは私だけかな???映像だけは思い出せる。それが狙いか。。。?

目指す先に何があるのかわかんないけど、やっぱり一緒に盛り上がれる響きは良いですよね。ドンドコドンドコ。。。

投稿: mukki | 2015年3月24日 (火) 23時34分

新曲が記憶に残らない当然です。あくまでも舞台効果の為のバックミュージックだと思います。
以前は演目から舞台が構成された演出で演奏が主体。
太鼓を音楽としての無限の表現にこころ打たれたのです。

投稿: | 2015年3月25日 (水) 12時57分

名無しさま
ありがとうございます。ここまで深く考えませんでした。

舞台の効果音ってやっぱり歌舞伎の太鼓ってイメージですかね?今回の舞台「道」の演目に力を感じ、引き込まれたのは太鼓を音楽としての無限の表現にこころ打たれたってことですね。

投稿: mukki | 2015年3月27日 (金) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/59364935

この記事へのトラックバック一覧です: ワン・アース・ツアーって。。。:

« 廻る記憶鮮明に  | トップページ | 交流公演の楽しみ ① »