ワン・アース・ツアー2014 神秘

2014年6月 8日 (日)

ワン・アース・ツアー2014 神秘

春のツアーが始まっています。視察旅行ということで、京都南座連続公演中、先月31日の舞台を委員会メンバー7人で観てきました。昨年末12月の公演でスタートした舞台です。神秘の世界感を燃焼したいと思いました。成長が観れるのか?この後に続く永遠に期待できるのか?

私的に、この舞台、初めて前列の席で観ました。観る席でこれ程に印象が変わるものか?と。足元の青スポットライトの効果が全く見えないこと。演者の演劇的パフォーマンスの表情が中途半端に見え過ぎること。計算された芸術?は心に隙間をつくり、一緒に響くことを忘れていました。

どうしても私たちの観念が邪魔をしてしまっているようです。ホームでは演者と観者がコミュニケーションとして行き来する舞台をつくってきました。アウェーだから違うということではないと思います。新しい試みの進行中。。。定番演目の解体と構築や旋律のないパーカッションのような新演目は初めて鼓童の舞台を観る人にどんな感動を与えているのでしょう。

ツアーはこれから東の都で連続公演に入りますね。良くも悪くもこの神秘は今の鼓童です。太鼓の神秘を語る時に舞台の神秘も語れるようにこの公演をご覧いただきたくお薦めします。次なる永遠に繋がる公演です。
Dscf8735


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

5月から始動のワン・アース・ツアー神秘

霊獣舞「闇の美しさを」 玉三郎監督の鼓童 「神秘」ツアー

昨年末に初演された神秘の舞台、この春はどんな舞台になっているのでしょう。若手の成長を観ることができるでしょうか?さあ、劇場に行って観ましょう。

公演日程の調整ができず、この舞台は新発田で上演する縁が繋がりませんでした。が、委員会では視察旅行を計画中。さて、どこへ出かけましょう。私的には「蛇舞」の大蛇をじっくり観たいと思います。この演目の元となる石見神楽。鼓童の習った社中ではありませんがアート・ミックス・ジャパンでの頭は6kg、全長18mの八つの大蛇退治は見事でした。鼓童の大蛇は頭も大きく幅も広いように感じていますが?どうなのかな?大変な舞いだと思います。さあ、闇の世界に誘われましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)