« 永遠、本番目前!! | トップページ | いよいよツアー…海を渡る »

2014年11月22日 (土)

永遠の始まり

アミューズメント佐渡で永遠の幕が上がりました。平日ということもあり、空席が気にかかりました。

新曲ばかりで構成された舞台と告知されていました。新しい表現、心地よい音と謳われている舞台です。少しの不安を大きな期待で観ることに。訳の分からないパフォーマンスが演奏に交り繰り広げられる舞台はどこかで見たことのある演出や情景を含み、何をしたいのだろうと考えている間に過ぎた一幕でした。考えずに…と観た二幕で太鼓の響きを感じることができました。あら?恋恋風車?!新曲???これは曲間。。。

プログラムには芸術監督の感じる太鼓の打法と音楽性が語られています。永遠という無時間のテーマを掲げた作品の稽古場のようすを鼓童ブログが掲載していました。難しい解釈と言葉で綴られた世界です。

手段はどうあれ響く音同士は話し始めます。伏し目無表情で自分のパートを奏でている音は心地よく目に映らないのが残念でした。心、音、笑顔の交歓があったとされる稽古場からのレポートは?スタートした舞台、今後はどんな変化が観られるのでしょう。

|

« 永遠、本番目前!! | トップページ | いよいよツアー…海を渡る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/58056105

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の始まり:

« 永遠、本番目前!! | トップページ | いよいよツアー…海を渡る »