« 秋の佐渡 | トップページ | 佐渡特別公演2014-秋- ② »

2014年10月 8日 (水)

佐渡特別公演2014-秋- ①

開演前の時間には恒例の鼓童グッズ販売促進倶楽部活動。今回は藤本吉利さんと齊藤栄一さんのコンビです。阿吽の呼吸では無い、ずれた調子が可笑しさを増します。その後に吉利さんの歌謡ショー。吉利さんの若き日の話のおまけ付きで3曲程で、開演でした。

「沖揚げ」の力強い唄声からの始まり。春公演でお披露目され、特別公演にと作られた見留代表作曲の演目は「線」。しっかりと会場も参加します。阿部好江さん出演による演目は奄美竪琴を奏でながらの茨城民謡「磯節」。素敵な声です。千絵子座長の「花八丈」はいつもながらの妖艶さ。今回は裏打ちリズムを桶胴、締、長胴の組太鼓を連打する好江さんの撥さばきを観ることができました。表現方法の一つと思います。私的には、どちらも主張するので集中を分散しなければならない厄介な印象がのこりました。準団員の稲田亮輔さんは半纏姿での「鬼太鼓」。衣装を纏わない鬼の表情に惹きつけられました。

なんと。。。まあ。。。ここでワークショップの時間に早変わり~~~

|

« 秋の佐渡 | トップページ | 佐渡特別公演2014-秋- ② »

コメント

吉利さんは千秋楽の午後公演で「太鼓ばか」を唄ったそうです。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2014年10月11日 (土) 10時08分

そうでしたか。楽日午前公演でリクエストがありましたものね。時間切れで残念でした。

投稿: mukki | 2014年10月12日 (日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/57609269

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡特別公演2014-秋- ①:

« 秋の佐渡 | トップページ | 佐渡特別公演2014-秋- ② »