« 2014のEC。。。変わらぬ出迎え | トップページ | 2014のEC。。。舞台「祝祭」 »

2014年9月 3日 (水)

2014のEC。。。舞台「海の祭」「大地の祭」

Dscf9064_3
舞台メンバー総出演とアナウンスされていた初日「海の祭」。お客さまを楽しさの中で出迎え、久しい響きのある舞台でした。新しい演目の数々も太鼓のリズムに心が重なります。休憩後はチンドン屋鼓童からの始まり、アコーディオンの懐かしい音が太鼓と鳴り物の中に重なり通り過ぎました。祭りの舞台はアンコールでの藤本吉利さんの「太鼓馬鹿」の熱唱(ミラーボール付)で最後の盛り上がりです。会場のみんなが至福の時を過ごせた舞台でした。あちらこちらから「よかったね~」の声が聞こえていました。

Dscf9079
二日目「大地の祭」はゲストBLUE TOKYOとのコラボ。アクロバティックなダンスがBURNINGの軽快なリズムと重なり息を飲み込みます。このライブがいいのですが、もう一つの演技は録音では。。。残念。この日は私的に好きな演目の数々。LION(獅子踊り)、火群、云、。。。祭りは彩まででした。メンバー紹介を次々と始めた瞬間から祭りが芸術へと空気の変化を感じたのは私だけかな。最後はHeartbeatの心を込めて光さす島。EC直前、広島の災害に心痛みました。義援金募集のアナウンスで閉められました。

半纏鼓童は落ち着いて演目を観ることができました。正装?締め込み姿の大太鼓はここでの贅沢となるのでしょうか?劇場ではしばらく遠のいています。初日は船橋副代表、二日目は中込さん、見留代表の各々の響きを楽しみました。三宅、屋台囃子もトラディショナルな形式に感動でした。

齊藤栄一さんが大切にしている獅子踊り、私も大好きです。今回は凄い気迫を感じました。年末で鼓童を離れる阿部研三さんの姿も見納めだなぁ、と切なさもあり。次の世代に繋がって行くのだろうか?と心配になったり。その場で取り繕ってできるものではないと思うから。。。見せかけでない、心の入った太鼓をなくさないで欲しいと思い観た舞台でした。

|

« 2014のEC。。。変わらぬ出迎え | トップページ | 2014のEC。。。舞台「祝祭」 »

コメント

舞台メンバー総出演に惹かれて久々のEC上陸!
なぜ、海の祭? 波?
「寄せては返す波」やっぱ一体感、受けたら返すのが舞台の醍醐味。そして、「圧巻の音の波」久々の音圧体感!個人的には、「族」炸裂打撃オンにメロメロでした。
でも、やっぱり北海サブちゃん!「太鼓に人生を賭けた男、孤(鼓)高の海」いやーっ!最高っ!
いろんな意味で大波に揉まれた至福の一時でした。ヤッパ海の祭なんだね~
行ってホントよかったあ\(^_^ ) ( ^_^)/

投稿: 東京支部長 | 2014年9月 3日 (水) 22時45分

東京支部長~楽しかったですね。初日!!
佐渡に渡り、城山にのぼり、ここでだけの特別な舞台に魅せられて出掛けます。確かに寄せては返す波に乗る感じは最高です!!


投稿: mukki | 2014年9月 7日 (日) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/57242699

この記事へのトラックバック一覧です: 2014のEC。。。舞台「海の祭」「大地の祭」:

« 2014のEC。。。変わらぬ出迎え | トップページ | 2014のEC。。。舞台「祝祭」 »