« 東京は忙しい。。。 | トップページ | 浅野太鼓さんありがとう »

2014年6月24日 (火)

和太鼓撃場 ふじもとみ打

藤本+富田、お二人の名字がこれ程に響き会うとは思いもせず。。。ヨシカズ⇒カズアキ、しりとりのように繋がる名前にも笑みがこぼれます。鼓童での出逢いから37年、育む縁の舞台でした。

屋台囃子の締太鼓の響きから始まりました。玉入れのリズムが交差し、どの位の時間叩き続けていたのでしょう。そこはもう撃場でした。お二人の真剣な眼差しと嬉しそうな瞳が印象的でした。息が上がったままで笛を吹き、踊り、唄をうたい、太鼓を叩く。二人の世界に引き込まれます。口唱歌のパフォーマンスも楽しく、会場のみんなが一緒に唱えました。途中休憩はありません。でも、しばしの休息。。。ふじもとジュークボックス!!懐メロ特集で沸きました。歌い手さんの名前をリクエストすると、ポンポンと飛び出す歌。次から次へとよく出てくるな~とここでも感動でした。

クライマックスは大太鼓。浅野太鼓さんが提供制作されたほんとに大きな太鼓は、会場からの「太鼓持ち上げたい」の方々の力を結集して台の上に乗せられました。最初の一打から最後の一打まで心に響く音。とっても大きな太鼓でふじもとさんの叩きだすリズムはこのうえない至福の時間でした。その先に続く屋台囃子。。。太鼓鎧の金具が同じリズムで鳴り響いているのを初めて聞きました。

とみ打さんの絶妙な講釈とパワーの太鼓がふじもとさんの太鼓にもよりパワーをそそいだ撃場公演でした。

|

« 東京は忙しい。。。 | トップページ | 浅野太鼓さんありがとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/56598743

この記事へのトラックバック一覧です: 和太鼓撃場 ふじもとみ打:

« 東京は忙しい。。。 | トップページ | 浅野太鼓さんありがとう »