« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

深浦学舎始動

一般でも使用できるのかな???
Nippou628


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

ハワイ帰りの花結

週中の水曜日、上越市のユートピアくびき希望館での公演でした。地元の太鼓グループ海音鼓と共演。姦しい花結に藤本さんが加わりパワー倍増でした。

桶胴太鼓の演奏スタイルにこだわる海音鼓の元気いっぱいの演奏から始まり。大黒舞ではお約束の。。。枕の下に忍ばせてもなかなか小判にはならない金山小判飴が撒かれ。佐渡を紹介する玉すだれは本気なのか?冗談なのか?いつも楽しませてくれます。今回は英語が飛び交う場面もあり、花火を打ち上げた後でハートが形どられ。。。「I Love You」。。。なんてチャーミングなんでしょう。

休憩をはさんで後半はぐっと魅せてくれる演目構成でした。金城さんの琉球舞踊はなかなか観る機会がありません。正装での出で立ちと綺麗な所作に釘付けでした。吉利さんと容子さんの貝殻節に聞き入り、千絵子さんの花八丈に先日観た清姫が重なり、三人の花結の舞いが祝福します。この日の大太鼓も、会場からの声援に応えてエネルギーいっぱいでした。最後は全員での実り唄、客席との掛け合いも楽しい公演でした。

アンコールの用意がなかった?のかな?応えてくれたのは吉利さんの相撲甚句当地興行でした。「お名残惜しゅうは候えど今日はお別れせにゃならぬ。。。またのご縁があったなら再び当地に参ります。。。」「どすこいどすこい」と合の手を入れながら、またの縁を紡ぎたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

ごめんね、ごめんね

ふじもとみ打の公演での大太鼓。。。とみ打さんの持ち物だそうです。

驚きの大太鼓、舞台上で「浅野太鼓さんありがとう」なんて何度も言われ。。。浅野専務の姿を見つけ。。。「あの太鼓はどなたの???」って回りの方に聞いてみたら???「浅野さんのでしょ」ってことだったので提供なんて紹介してしまいました。浅野さん制作ですが、富田さんの太鼓です。惚れちゃいました~とみ打さんにも太鼓にもheart04ドキドキ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

浅野太鼓さんありがとう

公演中のとみ打さん。。。「浅野太鼓さん、ありがとう」
終演後のロビーで見つけました。
Dscf8815

搬出も目撃。。。
Dscf8841

どこかでまためぐり会いたい太鼓です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

和太鼓撃場 ふじもとみ打

藤本+富田、お二人の名字がこれ程に響き会うとは思いもせず。。。ヨシカズ⇒カズアキ、しりとりのように繋がる名前にも笑みがこぼれます。鼓童での出逢いから37年、育む縁の舞台でした。

屋台囃子の締太鼓の響きから始まりました。玉入れのリズムが交差し、どの位の時間叩き続けていたのでしょう。そこはもう撃場でした。お二人の真剣な眼差しと嬉しそうな瞳が印象的でした。息が上がったままで笛を吹き、踊り、唄をうたい、太鼓を叩く。二人の世界に引き込まれます。口唱歌のパフォーマンスも楽しく、会場のみんなが一緒に唱えました。途中休憩はありません。でも、しばしの休息。。。ふじもとジュークボックス!!懐メロ特集で沸きました。歌い手さんの名前をリクエストすると、ポンポンと飛び出す歌。次から次へとよく出てくるな~とここでも感動でした。

クライマックスは大太鼓。浅野太鼓さんが提供制作されたほんとに大きな太鼓は、会場からの「太鼓持ち上げたい」の方々の力を結集して台の上に乗せられました。最初の一打から最後の一打まで心に響く音。とっても大きな太鼓でふじもとさんの叩きだすリズムはこのうえない至福の時間でした。その先に続く屋台囃子。。。太鼓鎧の金具が同じリズムで鳴り響いているのを初めて聞きました。

とみ打さんの絶妙な講釈とパワーの太鼓がふじもとさんの太鼓にもよりパワーをそそいだ撃場公演でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

東京は忙しい。。。

浅草公会堂では21日から25日まで神秘の舞台が観られます。ティアラこうとう小ホールでは19日から22日まで和太鼓撃場ふじもとみ打の舞台を観ることができました。迷うなら進め。。。日曜日、新幹線に飛び乗っていました。観て来た舞台ふじもとさんとみ打さんの和太鼓撃場です。

ここでの公演は2012年の和太鼓トーク齊富に次ぐもの。入り口では今回もが迎えてくれました。同じく来場ありがとうのプログラムのポスターもありました。その奥には。。。アナウンスされていた『吉利、和明の、描く書く然々(しかじか)』の作品を見ることができました。
Dscf8800


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

心のままに。。。

太鼓を叩く(打つ)、楽しい響きがこだまする。共有する時間、心躍る瞬間。
公演内容の変更??無打噺。。。 日替わりの案内でしたね。三日とも、カズアキさん!!なるほど…
Fujimotomidakouen


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

幸せな食材

新発田を駆け巡った山の幸、海の幸、里の幸。自然が育む旬の食材はなんと贅沢なんでしょう。厳しい冬の寒さを越し雪解けの春の恵みでいっぱいでしたね。

よみがえりのレシピでみた、山形の在来作物や新発田で見つけた一重菊など、大切に次世代に繋げたい食材もあります。月末に企画されている野の恵みはどんなものが見つかるのでしょう。多くの方の参加をお待ちしています。竹俣プロジェクトでも探究している食のありかた、一緒に学びましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

キッチンが走るin新発田  

新発田のあやめが見ごろを迎えています。NHKの番組キッチンが走る、今晩の放送は新発田です。キッチンワゴンは何処を廻り、どんな食材に出会うのでしょう。収録はきっと少し前の時期!?新発田の特産といえば。。。田植えの時にご馳走になったあれ?かな??新発田の自然とご馳走を楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

えっ!ブリカツくんも。。。

佐渡ご当地グルメ「佐渡天然ブリカツ丼」のPR担当ゆるキャラ(表情からしたら…かなり厳しいけれど)ブリカツくん。この日は佐渡フェアーに回遊。あれれ、今回はマイクを持っての登場~!?。吉本新潟住みます芸人の猫デココ関田さんとテンポよく息の合ったMC。佐渡弁でR35のちょっと危険な話など油の乗ったブリカツくんでした。ふなっしーとちっちゃいおっさんとお仕事していた時に喋ることに。。。って。みなさんもどこかでぶりカツくんに会うことがあったら声を掛けてください。きっと「~だっちゃ~」って声が返ってくることでしょう。
Dscf8748


続きを読む "えっ!ブリカツくんも。。。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

鼓童のブースで

手ぬぐいなどのグッツ販売やアースセレブレーションの案内をされていました。見つけたチラシは。。。季節はもう秋。計画の中にいかがでしょう。
Sadotokubetuaki


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

キャッチボールは楽しい

久しぶりの半纏鼓童でした。笑顔で迎えてもらい、笑顔で返す。ノリのリズムに拍手がわく。Heartbeat Projectの願いが込められた演目にYouTubeでの忘れてはならない光景とそれを乗り越えるエネルギーある笑顔の画像が浮かび、太鼓の響きと共に復興を祈りました。今回の大太鼓は新しい締め太鼓でした。はじき感のあるちょっと高い響き。午前は船橋さんの巧みな撥からのトレモロの響きに、午後は中込さんの真っ直ぐなパワーの響きに感動です。続いて叩く屋台囃子の打ち込む姿と一緒にリズムを刻んでいました。加えることも引くこともない定番のスタイルはやっぱり良いです。アンコールでは「わっしょい」の掛け合い!!

舞台と客席と互いに高揚感を増しコミュニケーションできる舞台は音楽公演の醍醐味と思います。世代交代を見据えた鼓童の変革。。。新しい作品の創造もよいけれど、変わらぬクラシックも劇場で観る機会が増えるといいなと思います。多様な社会、選択できる贅沢を願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

CoCoLo Early Summer Festa

新潟駅南広場でのお祭りです。佐渡フェアーも開催され、たらい舟のお嬢さん、ブリカツくんやサドッキ―、市長さんの姿もありました。鼓童交流公演班も出演です。午前はワールドカップ日本対コートジボワール戦の最中(大太鼓でエールを送っていたのですが…)での公演。やはり観客数が淋しい感じでした。途中お昼過ぎにTV放送を挟み午後の公演。TVを見て来られた方も居られ会場はいっぱいの人で埋まっていました。

寄せ太鼓から始まった舞台は「穿つ」「光りさす島」「大太鼓」「屋台囃子」アンコールに「彩」の30分の公演でした。公演中の撮影は禁止…お終いは。。。

公演の後でこのブログ用にとメンバーみなさんの笑顔をもらってきました。
Dscf8793


続きを読む "CoCoLo Early Summer Festa"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

将来的な作品?

時を同じに目にしたのが芸術新潮です。芸術監督のインタビューに「何でもありの世界でないと」と。。。歌舞伎の世界感を将来的な作品としていく?の『太鼓が主な舞台の芸能集団』くらい?って

今日はこれからCoCoLo Early Summer Festaです。新潟駅南で鼓童も出演。芸術監督の作風、芸術に観客が会わせるのでなく、演者と客席でコミュニケーションとして行き来する舞台に会えるかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れてたこと。。。

先日、仕事で古新聞に目が止まりました。何だか以前にも見たかな!?
06122
そうです。昨年の12月の記事でした。この時に神秘の舞台はお芝居を観るように一つの舞台として観る公演なんだと学習したのに。。。鼓童の公演には記憶の中の太鼓をイメージし期待してしまうのは私だけかな。

続きを読む "忘れてたこと。。。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

旬の食材

京都で美味しさ満喫してきました。地元でもやります。美味しい企画です。ほんとの地素で一緒に遊びませんか。主催は竹俣プロジェクトがお世話になっている食と農のひろばです。
0613_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

京都珍道中 ⑤

京都と言えば。。。おばんざい。旬の食材と地元の産物で料理された品々とお酒を美味しくいただきました。夜の街をさまよい歩くことあっちへこっちへ、ぐるりと回って同じところに。。。趣ある路地、今ならではの川床、可愛らしい舞妓さん。。。色々目に入ってくるけれど、梯子の先が見つからずようやく見つけた居酒屋さんは山ほどの種類のお酒が迎えてくれました。猫や猿や。。。

帰る前に鰊そばをいただき、満足~!!
翡翠ちりめんの張り紙に「どんなの?食べてみたい」と一つのごはんをみんなで回し食べ。山椒の粒がピりりの旨さにお土産として買い上げました。

バス停で見つけたのは。。。
「京都といえばつばさだね。COCONだわ」
1401616508481

いっぱいの神秘を体験できた京都視察の旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

京都珍道中 ④

帰りは違うバス停から…京都大学の正門を見たり、家並みを楽しんだり…ふっ!?と大きな木古い建物にみんなの視線が釘づけです。どう見ても校舎です。生活感も見え、鼓童研修所を重ねて視ていました。ちょっと先までようすを窺うメンバー…不法侵入はいけませんよ~。
1401616502291_2
この日まではお祭りで開放されていました。矢印に導かれ…進入!!!
1401616493032
おぉ~凄い冷蔵庫の列。なんとここは学生寮だったのです。平成の現代にいて昭和の時代に帰ったようでした。ここにも神秘あり。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

京都珍道中 ③

観光ではなく研修!?お茶の会が開催されているということで出かけました。宇宙に遊ぶ!!銀河を飛ぶ永遠が脳裏に浮かびました。これもご縁。
1401616474852

沢山の出店です。国内のみならず韓国、中国、台湾等豊富な種類お茶を試飲することができ、こだわりのうん蓄話も楽しかったです。烏龍茶のお点前を学び癒しの香りと美味しいお茶とゆっくりとした時間を過ごしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

京都珍道中 ②

早起きして出かけた散歩。東寺境内…なんと奇遇!!神秘な数々の品と玉三郎に出会い、導かれた縁を感じました。
1401616468023

1401616472386


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

京都珍道中 ①

懐かしい雰囲気の残るお店は開店時間前から並ぶ人気!?常連のお客さんであっという間に満席。何だかよく分からないうちに並んだ品の数々。。。
1401616436960_2

どこをどう通ったのか?
土佐藩邸跡
池田屋騒動之址
お龍独身時代の。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

ワン・アース・ツアー2014 神秘

春のツアーが始まっています。視察旅行ということで、京都南座連続公演中、先月31日の舞台を委員会メンバー7人で観てきました。昨年末12月の公演でスタートした舞台です。神秘の世界感を燃焼したいと思いました。成長が観れるのか?この後に続く永遠に期待できるのか?

私的に、この舞台、初めて前列の席で観ました。観る席でこれ程に印象が変わるものか?と。足元の青スポットライトの効果が全く見えないこと。演者の演劇的パフォーマンスの表情が中途半端に見え過ぎること。計算された芸術?は心に隙間をつくり、一緒に響くことを忘れていました。

どうしても私たちの観念が邪魔をしてしまっているようです。ホームでは演者と観者がコミュニケーションとして行き来する舞台をつくってきました。アウェーだから違うということではないと思います。新しい試みの進行中。。。定番演目の解体と構築や旋律のないパーカッションのような新演目は初めて鼓童の舞台を観る人にどんな感動を与えているのでしょう。

ツアーはこれから東の都で連続公演に入りますね。良くも悪くもこの神秘は今の鼓童です。太鼓の神秘を語る時に舞台の神秘も語れるようにこの公演をご覧いただきたくお薦めします。次なる永遠に繋がる公演です。
Dscf8735


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

小島千絵子の世界 ゆきあひ ~清姫~

先月23日、りゅーとぴあ能楽堂での公演でした。
千絵子さん登場で。。。あれれ???正美ちゃん!!えっ?風間さんと真崎さん????花嫁の入場場面から始まりました。フラワーガールを正美ちゃん、ベールボーイに風間さんと真崎さんです。

安珍清姫の伝説を舞う千絵子さん。安珍に恋慕う心。追いかける情熱。裏切りに激怒。場面展開も面白く、怨念の込められた八丈太鼓は凄みを感じました。

来週14日には川崎市で「道成寺」の公演がありますね。和太鼓梵天との舞台はまた違った表現を魅せてくれることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

初企画は田んぼ茶会

地域集会所に場所を移し、野点を楽しもうというもの。広場に用意された茶席は空色より青く、床の間の生け花に代わり竹を組み吊るされた生け花が彩りを添えていました。即席とはいえここまでの準備に驚かされました。田んぼからは蛙の唄声、葉桜の木漏れ日の揺らぎに風を観、お点前の所作に背筋が伸びました。
Dscf8686


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いっぱいの心づくし

いつもながら。。。準備からもてなしまで地域のみなさんのお陰で素敵で美味しい時間を楽しみました。この季節だから、いただける山の幸や地域の特産物。旬のご馳走でお腹いっぱい!!
Dscf8660


Dscf8662


| | コメント (0) | トラックバック (0)

田植え体験の日 5月18日

今年で三回目を迎えました。連続参加の方々がお友達を誘っての参加などで年々参加人数が増えています。自然の中での体験と交流を楽しみにして下さっていることは嬉しいことです。
Dscf8617

前日からのちょっと冷たい風が残る始まりでしたが、太陽も顔を出してくれました。「何をしたらいいの?」って、そんな心配はいりません。「苗くださ~い」子供たちの成長を見ることができました。もうプロ顔負けです。
Dscf8646


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

まずは。。。リクエストに応えて

報告することを溜め込んでしまいました。何からどうしたらよいかしら!!

一ヶ月前に新潟駅南口公演でのリハーサルのようすを報告しました。「私服姿もあったでしょ」って声が聞こえてきたので、まずはこちらから。
Dscf8549


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »