« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月18日 (日)

田植え

2014_05_17_001
『小倉の棚田は、松代よりも凄いですね。佐渡は海に囲まれた島と言うイメージがありますが、山林が70%、内陸部に入るとまるでブータンに近い場所があります。』と公演後に行って来たのかな?水が張られた田んぼはこの時期だけの素敵な風景です。天気の良い日はキラキラと輝き、鏡のように山や雲を映し出します。この田んぼ、もう田植えは済んだかな?

今日は新発田での田植えです。山からの澄んだ冷たい水。。。昨日は寒い一日でした。今日は暖かくなりますように。では、いってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年5月17日 (土)

佐渡特別公演の後半

公演の千秋楽から10日が過ぎました。後半子供の日の公演に行って来た委員会メンバーから画像が届いています。
2014_05_17_003

2014_05_17_002

この日は雨模様だったのですね。
翌日の公演では研修2年生全員参加で特別公演の特別だったと聞いています。鬼太鼓はロウソが二名で賑やかに千秋楽の幕を引いたようです。次の特別公演は新緑が紅葉を始める季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

JR新潟駅南口広場で。。。

うまさぎっしり CoCoLo Special Festa(新潟デスティネーションキャンペーン)で鼓童が出演。本日11:00~11:30と14:00~14:30の二回公演です。お時間ありましたらお出かけください。

今日は私用で駆けつけることができません。昨日昼頃リハーサルかも。。。との情報で行ってみると。。。
TV生放送の為の演奏(数分)がありました。(笑)今日は篠笛で立石さんも参加とのことです。新潟デスティネーションキャンペーンということだったので3月に東京でやったものと同じかな?出演者からすると、ちょっと違うのかな?妄想が膨らみます。
Dscf8568
インタビューを受け。。。
Dscf8579
演奏は穿?かな?
Dscf8586
横断歩道を歩く。。。横からだったら。。。あのグループのようだったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

宿根木は。。。

中休みを終え今日からの連休中は毎日の公演開催です。今日までが前半と聞きました。一つの区切りとして悔いの残らない舞台であってほしいと願います。研修生の出演が明日から替わります。違った味わいがあるのでしょうか?

公演を観てこられたみなさまのご感想などお聞かせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じぇじぇじぇ。。。

久しく…驚きました。鼓童公式サイトで発表されています。坂東玉三郎芸術監督第3回演出作品「鼓童ワン・アース・ツアー ~永遠」何処に向かって(飛んで)いるのでしょう?『夜明け 光 雨 風 雲 浪 星々 夕暮れ 星空 その中の「人間」というものが思い浮かび上がってきました。』ってことは…浮かんでいるのでしょうか?ビジュアルの効果に釘づけでした。

舞台は年末、県内は佐渡からはじまり各地を旅して新潟に帰ってきます。今後の行方を見守りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

今年もあります!田植え体験!!

山からの綺麗で澄み切った水が流れる田んぼで一緒に田植えをしましょう。今年は田植えの後で茶会の催しもあります。野点の席では蝶々の舞いや蛙の唄を聴くこともできるかな。みなさまのお越しをお待ちしています。申し込みでは茶会参加の有無もお伝えください。

2014_04_28_taue


| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の例会は29日に

Dscf8547
この時期、里の桜は葉桜となり、山桜が仄かに彩りを残すのみ。満開の時期を外してしまいましたが、お弁当には桜の花びらが…恒例のお花見弁当をいただきながらの例会でした。

竹俣田植え体験、ツアー視察、各々の近況報告。。。と。。。最大の問題は来年の公演です。みんなの心は開催に向け進んでいるのですが鼓童からの提示公演日がちょっと難しい。雲行きの怪しい感じです。繋がる縁はどこにあるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

恒例の

終演後は研修生が前庭で演奏です。みんなの笑顔が素敵です。団員のみなさんも出てきてのご挨拶。ここでの特別な時間です。あちらこちらで写真撮影の姿も。
Dscf8526

Dscf8542

Dscf8535


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »