« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年2月

2014年2月19日 (水)

レジェンド

SOCHI 五輪で賑わっています。「レジェンド葛西!!」 個人だけでなく団体もメダル獲得です。本気のこだわり、強い意志。世界で呼ばれ始めたというレジェンド…伝説!!

鼓童のワン・アース・ツアー伝説はヨーロッパを旅しています。若手メンバーの日々の奮闘が伝わってきます。こちらも「世界のレジェンド」となれるのか…

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年2月18日 (火)

シネマ歌舞伎

2012年に上演された坂東玉三郎さんの「日本橋」が映画化。来月3月の上映です。元鼓童メンバーの齋藤菜月さんも出演されましたね。一昨年のECで元気な姿を見かけた後での舞台発表に驚いことを思い出します。舞台を観ていないので是非見たいと思うのですが。。。県内の予定はなさそうです。残念。早くTV放送しないかなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

「蛇舞」と「大蛇退治」

坂東玉三郎芸術監督の鼓童ワン・アース・ツアー神秘の舞台は蛇舞から始まります。歌舞伎座三月公演に出演の歌舞伎役者坂東玉三郎さんの演目は日本振袖始(にほんふりそではじめ)大蛇退治です。出雲神話からの二つの演目の関わりは???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

久々の「花結」公演

まだまだ寒い日が続き、春も遠くに感じますが、もう初夏の公演のお誘いです。チケットが発売になっています。
Hanayui1

Hanayui2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

佐渡から支える

月刊機関紙鼓童新年号に2014年の各々の抱負が掲載されています。代表見留さんの気になる末尾の文面。「佐渡から支えて参ります」。。。こんなこと???優しい笑顔から楽しさがうかがえます。
Nippou215

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

アース・セレブレーション2014「城山コンサート」

早くも公式サイトに発表されました。

昨年の反省と希望が届いたのでしょうか?今年の城山コンサート初日の鼓童舞台は名誉団員から若手団員まで全員出演とのこと。どんな舞台が繰り広げられるのか、ワクワクします。

二日目と祝祭の舞台は鼓童の太鼓の響き、奏でる音と身体とのコラボレーション。興味深いパフォーマンスを魅せてくれることでしょう。以前の舞台に弧の会が出演された時には新鮮な驚きをもち、引き込まれました。今回のゲストは私には知らないグループですが青森大学男子新体操には感動です。こんな?感じ?のダンス?と鼓童ってやっぱりワクワクです。この「BLUE 」のサイトにこんな応援を見つけました。

応援コメント

坂東玉三郎さんより応援コメントを頂きました!
『 素晴らしい身体能力。さらにドラマ性と音楽性が加わったら、どんなことになるだろう。期待せずにはいられない。 』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

映画「よみがえりのレシピ」再上映

2012年に上映しました。食について在来作物(山形での)に焦点を向けた作品です。

前回の映画から、新発田地域で栽培されている一重菊に出会い、さらに「食と農」に関することにふれ、新たな「食と農のひろば」という団体ができました。「食と農」というキーワードで、地域のコミュニティや再生に取り組んでいくものです。実行委員会もこの活動に参加しています。映画上映に向け準備が始まります。

上映期日は3月30日(日)、場所は前回と同じ新発田市生涯学習センターです。料金は前売り¥1,200です。追って詳細のお知らせをしていきたいと思います。是非、ご覧いただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「紅のW」

一週間が過ぎてしまいましたが。。。新年会を兼ね委員会「紅のW」のお祝い会が開催されました。今回はみんなで一品持ち寄りのスタイルで委員長の片腕、女房役の邸宅にお邪魔しました。

テーブルの上はみごとなご馳走の数々
Dscf8062

昨年末「紅の寿」でのお酒でお祝い
Dscf8064_2

大吟醸から電気ブラン、ノンアルコールまでの取り揃え
Dscf8072_2

なんとこの大吟醸。。。メンバー○○さんのお宅はお酒を飲まず「頂き物を持ってきたよ~」「わ~凄い!贅沢」「そうなんだ?家では料理酒にするしかないよ。」「えっえ~、そんな~」って大賑わいでした。
この日の一人一言は持参した料理の説明で盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »