« 東京での神秘 | トップページ | 年の終わりに »

2013年12月29日 (日)

神秘から覗けること

リニューアルした鼓童ブログで鼓童ワン・アース・ツアー 〜神秘/寄稿●玉重佐知子氏の寄稿文を5ページに渡り読むことができます。これも。。。難読???

鼓童の未来は。。。歌舞伎?。。。舞台人とは。。。
歌舞伎太鼓は舞台の囃し方。歌舞伎の決まった型。太鼓芸術の新たな可能性とは。。。神事芸能の「石見神楽」は鼓童がこれまでにしてきたようにその地を訪ね習い舞台にあげたもの。トラディショナルな演目はそれだけで完成されているように感じます。

神秘の舞台は観せてくれる舞台です。完成形を求め、進化して楽しませてくれます。交流公演はワークショップで太鼓の楽しさを身体に感じさせ、MCを交え太鼓を身近に教えてくれます。以前のスタイルの公演はクラシックやロックを楽しむように、響きに身をゆだね、爆発する音と伝統芸能の神事を舞台と客席と共に盛り上がった感じがします。

観賞と鑑賞はこちら側の思い。さて。。。

|

« 東京での神秘 | トップページ | 年の終わりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/54426612

この記事へのトラックバック一覧です: 神秘から覗けること:

« 東京での神秘 | トップページ | 年の終わりに »