« 県内の神秘は。。。 | トップページ | 神秘~東京公演開幕… »

2013年12月16日 (月)

12月県内公演終えました

心配したお天気も思ったほどに悪くなく、よかったです。

県内3ヶ所目、新潟での公演を観て来ました。佐渡を旅立つ時なのか?西を旅しながらなのか?開幕の舞台とは違った演出が観られました。伝説の舞台がそうだったように型にはめられているという神秘も変化しながら旅するのでしょうか?

初日の舞台は目の方が忙しく、太鼓の印象が薄かったので今回は音を拾う事に。パンフレットには佐渡では発表になっていなかった(間に合わなかった?)演目が紹介されていました。一幕に10演目。二幕に8演目。こんなにあったの?とビックリの数。新演目は聴き慣れていないのでどこが区切りかわからないまま過ぎてしまったり、従来の演目もこれだけの数の中で中途半端に端折られて(アレンジされて)演目としてより演奏って感じ。リズムも一生懸命な姿もあるけれど響きが心に沁みてこないことが印象の薄さに繋がっているのかな。そして…もう一つは、佐渡でも感じた思い。歌舞伎での太鼓の役割り!?出し物のお囃子、効果音、BGMとしての太鼓…

後ろの席の方が「今までと、同じと思って観たらダメなのよ」と呟く満席の会場。大きな拍手の中でカーテンコールが何度も繰り返され、アンコール曲をもう一度披露の舞台でした。

都に向かう舞台。都に集う人たちをどれだけ魅了することができるでしょう。

|

« 県内の神秘は。。。 | トップページ | 神秘~東京公演開幕… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/54282883

この記事へのトラックバック一覧です: 12月県内公演終えました:

« 県内の神秘は。。。 | トップページ | 神秘~東京公演開幕… »