« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

千絵子さんの人気は海外からも

「ゆき逢ひ」公演の翌日から「千絵子流女打ち集中講座」として2泊3日で合宿ワークショップが企画されていました。そこに参加のみなさんは遠くは広島、滋賀からお越しと聞きビックリしてましたら。。。シンガポールから参加の方もいらっしゃいました。

千絵子さんが大切に育み幾重にも重なってきた出逢いの数々がうかがえます。情熱の舞い、太鼓。素に戻った時のチャーミングさが魅力的です。みなさんのお近くに「ゆきあひ」の公演がありましたら是非足をお運びください。きっと素敵な時間を過ごすことができるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆき逢ひ」秋の坂口記念館

春、椿の花が咲き、こぼれている庭のかがり火を見ながらの公演だった坂口記念館。その庭を舞台に繰り広げられた今回の「ゆき逢ひ」は27日の日が暮れてからの公演でした。

日暮れ前に到着した記念館は鼓童の幟が迎えてくれました。時間前に庭の見学をさせてもらえました。準備中の山口さんの姿用意されている太鼓かがり火と竹のキャンドルどんな舞台?と期待でワクワクでした。

出演は千絵子さんと山口さんとBURAIの西野さん(2000年まで鼓童)。
真っ暗になった舞台をかがり火の灯りとわずかな照明と足元のキャンドルが照らします。笛のソロ、西野さんの担ぎ太鼓のソロに大太鼓、笛の演目には千絵子さんの舞いが全てについていたように記憶します。「道」「西馬音内」「静」「山唄」???西馬音内は軽快な寄せ太鼓からの始まりでした。笛の音や太鼓の響き、妖艶な舞いを木々の影やかがり火の爆ぜる音と火の粉が彩ります。自然の演出を楽しむ贅沢な前半でした。

休憩をはさみ趣ある室内に移動です。春とは反対の部屋に緋毛氈が敷かれ「神楽」三昧の舞台です。西野さんの舞いに始まり、千絵子さんの登場。真剣な眼差しの舞いに吸い込まれ、ルナちゃんの八丈太鼓が響き、千絵子さんの祈りが込められ、後半も贅沢な舞台でした。

Dscf7568

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

秋晴れの天気の中で

今日は暑いくらいな良い天気に恵まれました。
竹俣では実りの収穫。。。稲刈りの日でした。昨年同様に美味しい稲がみなさんの手で刈りとられたことでしょう。

私はこちらにお邪魔しました。市内の南浜病院のお祭りです。
Dscf7572
公演は撮影禁止でしたので画像はありませんが。。。齊藤さんの大太鼓の響きを体感できました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

竹俣で一管風月

肝心な料金のお知らせを忘れていました|。
今回は竹俣プロジェクトの主催で、¥2,500となります。
詳細はチラシができ次第またお知らせしたいと思います。

みなさまのお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

速報!!!竹俣で一管風月

ゆるりと。。。って思っておりましたら。。。

また、あの響きが楽しめます。昨年の12月に新潟と県央に響いたあの音をまた聞くことができます。真笛とチェンバロが織りなす素敵な響きです。

今回は竹俣プロジェクトで開催です。竹俣の木の温もりの中で響く音色は一味違った優しさを届けてくれることでしょう。さあ、みなさんの予定の中に入れてくださいませ。取り急ぎの報告です。

期日◆11月17日(日) 開演15:30 開場15:00 
出演◆山口幹文(真笛)
   佐藤世子(チェンバロ)
開場◆竹俣小学校

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

さて、次なる舞台は。。。

新発田実行委員会が決断した「神秘」の舞台は11月の佐渡を皮切りに12月公演になります。年を明けて春からの各地ツアー。日時はまだ決定してない新発田です。

公演の案内をお知らせできるまでのしばらくの間は。。。ゆるりと、県内で会える鼓童(ソロ、小編成)などお伝えできればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

鼓童舞台から去る

先日10日に鼓童公式サイトメンバー短信で報告がありました。吉井盛悟さんが独立とのこと。

Dscf7280

鼓童で活躍する彼にもう会うことはできません。「新発田は大好きです。次はお話できる時間を楽しみにしています」の笑顔が最後になったってことです。このツアーの後で、次々と交代のアナウンスに心配していました。が、こんなに突然に。。。こんな形で。。。何があったの。。。とても残念に思います。

次なる活躍を楽しみにしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

「アマテラス」福岡公演始まってま~す

東京赤坂の舞台が盛況の中、7月の公演を終え、ECを挟み先日の5日から福岡博多座でスタートしました。初日からスタンデングオーベーションで何回もカーテンコールがあったようです。 

ここではスサノオ役を石塚さんが演じています。「渋くてよかった~」との声。今回のECで知りあった方が福岡の方で「ツアーで来てもらえるのは2年に一度ほどの福岡ですが、このアマテラスではなんと1か月も! こんな幸せもうないかもしれないので、週に1度は通います」とのこと。凄いですね。

舞台の感想を「姿といい動きといい、美しくてほれぼれしました。そして鼓童の真骨頂 太鼓での表現は凛として、涼しげで、力強くて、明るくて、圧倒的でその幅広さ、奥深さをとても面白く感じました」と。

そして「皆様もよかったら、博多座のアマテラスば見にきんしゃい!」だそうです。私はちょっと無理ですが、みなさまお出掛けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

ECも変化の中に?

新しいことに挑戦中の鼓童。ECもその中にあるのでしょうか?鼓童の理念、ECの理念。。。芸術監督。。。時代の変化の中で正しい答えは一つではないはず。

進化の過程を楽しみたいと思う自分と、30年来のメンバー総出演の舞台を存分に楽しみたいと思う自分がいます。随分と生千里馬に出会っていません。城山コンサートでリクエスト出来たら面白いですね。町の中で、マーケットで、フリンジの中でメンバーに出会える楽しみも佐渡の特別。鼓童山車で街を練り歩くことはもうないのかな?

今年は初日の大雨といくつかの疑問を残したECでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

今年の特別!!

「アマテラス」ではありません。舞台メンバーとして最後のECとなった宮崎さんが最後に大太鼓を叩く!叩く!叩く!
Dscf7532

叩ききりました~
Dscf7534

そして。。。空高く~
Dscf7538


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

これぞお祭り!!

ここ数年は最終日の祝祭コンサート後のフェリーで島を離れていました。自分記念の今年は久々に送り太鼓(陸組)に参加しました。

いいですね。ここ。帰りの船に乗って送られる人、太鼓で見送る鼓童と送る人(鼓童が目的!?)。お祭りの後のお祭りです。ここが一番お祭りらしかったような…私は気づかなかったのですが、舞台メンバーが全員そろっていたらしいです。「こんなことは、今までなかった」と聞いています。

「彩」「三宅」「大太鼓」…いろんな曲が次々と草さんがスケッチブックをめくったり、戻したりと何やら指示しています。なるほど、演目が書かれていました。埠頭は凄い勢いで盛り上がりました。「わっしょい!わっしょい!」の声が響きます。あちらこちらでいろんなことが繰り広げられ、どこをどう見たらいいのかわからな~い。
Dscf7464
出航に沿って。。。
Dscf7479
フェリーが見えなくなっても。。。
Dscf7472
お決まりの儀式「また来いよ~」
Dscf7543


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

フリンジの中で。。。

鼓童の演目の原形を知ることができます。三宅島の「三宅太鼓」、八丈島の「八丈太鼓」はここ数年、馴染みの太鼓です。今年の注目はじゃんがら念仏踊りでした。福島県いわき市を中心に行われる郷土芸能。太鼓、鉦を打ち鳴らしながら新盆を迎えた家などを供養してまわる踊念仏とのこと。無形民俗文化財に指定され市内には100を超える継承団体があるとのこと。鼓童が教えてもらった菅波青年会のみなさんでした。

腰よりも低い位置に太鼓を据え、なおかつ前かがみの姿勢で叩く姿にびっくりしました。うさぎの毛を先に付け綿菓子のような撥で叩いていました。しばらくすると、その撥を廻しながら「よれよれよれよれ~」って。。。そうです。「八重の浮立」です。
Dscf7428

何年か前に奥州金津流梁川獅子躍も感動しました。今年の城山コンサートでみんなを釘づけにした「Lion」です。演目の元となった芸能に触れることができることも楽しみのひとつです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

トーク&ライブ 太鼓人生どんどこどん!

こちらは藤本吉利さんの企画です。ナビゲーターにスタッフの松浦さん。岩木山登山囃子で始まりました。松浦さんの問い掛けに答える形で話が進行しました。鬼太鼓座時代のこと。好きな太鼓のこと。鬼剣舞のこと。

鬼太鼓座からは一度離れたことがあると。。。ひと賛歌 参照
屋台囃子はいい曲だね。山に囲まれた秩父の太鼓。海がないから太鼓に思いがあるのかな、大波と小波のリズムと。。。研修生と一緒に口唱歌が始まりました。その後の演奏は研修生の太鼓に松浦さんの鉦、吉利さんはなんと笛。
鬼剣舞は念仏舞い、鬼は仏の化身なんだよ。と用意されていた白布を顔に巻、頭に飾りを…と変化を見せてもらいました。「では、少しばかり」と松浦さん、「口唱歌を歌いながらはきついんだよ…」といいながら「でくつくでぐつくでってんでこ…」少しばかりが、どんどんと。大丈夫かな?と少し心配。大太鼓が待ち構えているのです。

途中に藤本容子さんの特別出演。吉利さんとの出会いの話にへぇ~とうなずき。唄ってくださった子守唄にはみんなのハミングが重なりました。金城さんと千絵子さんもいらっしゃり、みんなで輪になって踊ったのは???

さて、大太鼓。初めに口唱歌のエアー大太鼓です。客席から一人の女性がお相手を。吉利さんの後を追いかけます。凄い、完璧です。本物太鼓にも挑戦。いい音ででました。最後は吉利さんの大太鼓で、お終いでした。

Dscf7415
終演後にパワーをもらって。。。


続きを読む "トーク&ライブ 太鼓人生どんどこどん!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

トーク&ライブ 千絵子におまかせ!

今年、初めての企画です。おしゃべりいっぱいのソロライブ。一緒に体験コーナーもありました。「話は苦手なの」と言われながらも、かなり脱線してのトーク。鬼太鼓座に出会う所から現在の内緒話まで楽しい時間でした。

八丈太鼓で始まりました。西馬音内は地元で踊られている「音頭」と「がんけ」を見せてもらい、端縫の着物の話あり。津軽手踊りを習い、大会で名人を逃したという手踊りも披露されました。

体験コーナーは襷結びと扇返し。
演目花八丈の中で瞬時に結ぶ襷には種も仕掛けも無い技がありました。数名の方が挑戦したのですが何度もトライ、みなさん成功ですが。。。千絵子さんの手を見ずに、今も結べるのかな?花吹雪を仕掛ける扇は横に房が付いていました。まずは手首で八の字を描くように、出来たら上から下え、下から上えと。あら?ちゃんと回ってる?みなさん頑張ってますが練習が必要のようすです。

みんなで参加はテュエテュエの歌の歌詞を野菜に変えて、歌って踊って大爆発!!みんな必死!!

最後は私たちに祈りを込めて神楽を舞ってくださいました。

Dscf7406
公演は撮影禁止でしたので、千絵子さんのmy太鼓ルナちゃんと一緒を。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

宿根木一座

夕方までは凄い勢いで降っていた雨も城山から下りる時には上がっていました。小木みなと公園では鼓童小編成のフリンジです。昨年から佐渡宿根木の公会堂で公演されているメンバーのみなさん。太鼓はもちろん唄あり、舞いあり、笛あり、小さなステージですが内容の濃い楽しい時間でした。齊藤さんと宮崎さんのMCから続く「外郎売り」ならぬ「外郎打ち」はほっと愉快な時間でした。この両者の息の合ったMCと「丼、うどん」は多くの人の記憶の中にあると思います。交流公演やツアー公演、城山でもあの間合いに和みましたよね。

その宮崎さんの団員としての最後のECでした。
私事ですが。。。鼓童の初めての舞台は、宮崎さんが準メンバーとして活躍を始めた年の交流公演。その時の齊藤さんとの掛け合いが昨日のことのように蘇りました。何回観ても、楽しいです。

舞台は暗く…落としたカメラは調子悪く、それよりも一番に腕が悪い写真です。雰囲気伝わるかな。容子さんの「オワイヤレ」もあり、山口さんの「愛しきもの」も。アンコール「彩」では千絵子さんの扇からの花吹雪、強い風が後方に巻き上げてしまうハプニングも野外ならではの楽しさでした。
西馬音内
岩崎伝佐渡鬼剣舞
花八丈
屋台囃子

※以前にも紹介しました、ロボ侍さんのブログで素敵な画像がタップリ楽しめます。

続きを読む "宿根木一座"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »