« EC 2013の「打男 DADAN」 | トップページ | 城山コンサート 「祝祭」 »

2013年8月29日 (木)

城山コンサート 「創世」

Dscf7422
この日の記憶は。。。
舞台活動に区切りをつけるという宮崎正美さんの最後の城山、後方からの入場で先頭だったこと。最初の曲が終わり、「バーニング」で盛り上がる舞台中央後方から獅子の登場。「Lion」です。齊藤さんと辻さんと阿部さんが跳ね廻ります。この獅子踊りは齊藤さんが鼓童を目指したきっかけとなった演目の一つと聞いたことがあります。熱い思ひは会場いっぱいに伝わっていました。見事です。

今年のゲストは昨年に続き三味線奏者の上妻さんです。鼓童が出会った音楽や人たちを招いて一期一会のセッションにワクワク、ウキウキの例年とは一味違った取り組みがなされていました。時間をかけ創り上げられた曲は和楽器のための合奏協奏曲「創世」。クラシック形式の音楽構成に旋律やリズムは、民謡の持つ日本独自のもの。楽器の前には譜面台が用意されていました。静かな時間が流れました。

終わりに「族」のリズムに盛り上がり、この日のアンコールはハートビートの「また明日」。。。鼓動くんが鉢巻姿で踊る映像が目に浮かびました。メンバーが一人、二人…と舞台の袖に姿を消して行き、誰も居なくなってお終い。
何だかちょっと寂しすぎる感じです。えっ?気分がなえます。

初めての連続ゲスト。何だか昨年のパワーが伝わってこないのは私だけ?
創り上げられた曲は自然の中に溶け込みBGMな感じをうけました。太鼓を楽しみ、音と共感し、開放的な野外で劇場とは違う盛り上がりに誘われて佐渡に渡るECなのだけれど。。。

|

« EC 2013の「打男 DADAN」 | トップページ | 城山コンサート 「祝祭」 »

コメント

翌日、ハーバーで正美ちゃんに会ったら、「アンコールは『また明日』だったけど、わたしはその明日は(城山には)出ないんですよね」と。Sammyちゃんらしく笑っていましたけど、、、なんだかね。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2013年8月30日 (金) 11時08分

Sysop(シスオペ)さん、そんなことがあったのですね。

「族」のときに正美ちゃんと麻梨ちゃんが入れ替わりながら楽しそうに演奏している姿が印象に残っています。確かにあの終わり方では。。。なんだかね。ですね。

投稿: mukki | 2013年8月30日 (金) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/53079165

この記事へのトラックバック一覧です: 城山コンサート 「創世」:

« EC 2013の「打男 DADAN」 | トップページ | 城山コンサート 「祝祭」 »