« 城山コンサート 「祝祭」 | トップページ | 宿根木一座 »

2013年8月31日 (土)

ECって!城山って?

今回久しく、新発田実行委員会の委員長も前半の2日間に参加しました。客層も雰囲気もずいぶんと変わった印象を受けていました。「EC」は佐渡という離島で世界の音楽が集う共感としての祝祭だったと記憶しているという委員長。そうですね。鼓童が国内外で出会った民族音楽・芸能のアーティストや文化人を佐渡に招き、豊かな自然の中で多様な文化を交錯させ新しい地球文化を創造しようとするものと謳われています。

そこで「舞台」と「EC」の関わりを問われました。劇場の舞台ははたしてECなのか?

私も疑問に思っていたことです。芸術監督を招き鼓童の舞台は新しいことに挑戦しています。が、城山のコンサートまでは?って…私は、ここでは芸能であって芸術は劇場でお願いしたいと思います。もう一つは鼓童全メンバーが出演して欲しいですね。佐渡に来たら鼓童のみなさんに会えると遠方から海を渡って来てコンサートで居ないのは残念です。お祭りですから。

もっとも、舞台が変わり、お客が変わり・・・・
節目なのかもしれないね・・・・。と委員長。

あ~~。。。そんなこと言わないでよ。
みなさんはどんなふうに感じてるのでしょう?

委員長曰く
日清は「チキンラーメン」を無くしてはいません。
サントリーにも「角」や「オールド」はあります。
アサヒビールは「ドライ」で全部リニューアルしました。
キリンビールは「ラガー」を底辺にキリンらしさを出しています。
鼓童は、アサヒを目指すのか、キリンを目指すのか・・・・
もっとも、ソニーはウオークマン以後失墜しました。

凄い譬えですけど。。。私はチキンラーメンを食べながらラガーを飲むかな!!
ECの協賛はアサヒなのよね~

|

« 城山コンサート 「祝祭」 | トップページ | 宿根木一座 »

コメント

アンケートに、「世界の未知の音楽と出会える、というのがECの原点ではなかったか」といったようなことを書きました。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2013年8月31日 (土) 08時32分

太鼓が好きで鼓童が好きで鼓童の演目(各地の芸能を元にしたものやメンバーが作った曲)に魅かれて行く佐渡です。新しい出会いとのセッションもここだけの特別。初めてのECで城山の木々と芝と月明かりとのコラボの中で楽しい楽曲とのセッションに会場みんなのエネルギーに魅了されました。

創り上げられた音や煌びやかな演出はここには無くていいなって思ったもので。。。芸術監督の舞台も。。。

 

投稿: mukki | 2013年9月 1日 (日) 11時04分

私が、ECに通いだいした頃。EC95頃~。
アフリカンドラムとか、ケチャとか、韓国チャンゴとか。
ゲストと佐渡で再開して、再共演をすごく楽しんでいて。
そんな鼓童と、ゲストと、お客さんと。

投稿: 龍王さ | 2013年9月 5日 (木) 01時36分

以前は再共演もあったのですね。
楽しいリズムでダンスエリア爆発的な感じは盛り上がりますね。

タップのタマンゴさんが連続出演の記憶があります。が、他のゲストの方々もいたので新鮮ではありました。今年の上妻さんは昨年より元気なかったような感じ?

投稿: mukki | 2013年9月 5日 (木) 02時26分

表現の仕方で、うまく伝わりませんでした。
 
鼓童が、海外で共演したり出会ったアーティストを佐渡に招き、ECで再会・共演。
再会を楽しみ、盛り上がりの演奏をステージで魅せてくれ、お客さんは、それを楽しみ、城山はお祭りのよう。。。
 
再び同じゲストを呼び共演、というのではなく。

投稿: 龍王さ | 2013年9月 5日 (木) 23時15分

龍王ささん、ありがとうございます。
こちらこそ、失礼しました。

以前に聞いたことがあります。鼓童と関わりのあったアーティストがゲストとして招かれたこと。阿吽の呼吸が聞こえてきそうです。

最近は客席も新発田化しているようにも見受けられ、大人しいように感じています。以前のようなパワーが欲しいです。

投稿: mukki | 2013年9月 6日 (金) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/53089933

この記事へのトラックバック一覧です: ECって!城山って?:

« 城山コンサート 「祝祭」 | トップページ | 宿根木一座 »