« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月25日 (火)

案山子づくりと生き物観察会

先日お知らせしました竹俣の案山子づくり
竹俣活性プロジェクトで昨年の案山子のようすを見ることができます。詳細も合わせてご確認ください。

みなさんのお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

佐渡特別公演ー夏ー

海の日を含む連休の初日13日から始まる佐渡特別公演ー夏ー。
宿泊プランやお得な交通手段「トキめき・佐渡にいがたパス」「佐渡汽船創立100周年記念・海の日限定 小学生運賃無料キャンペーン」など、鼓童HPで紹介されています。

特別公演の特別公演が企画されています。
BSNラジオの公開生放送見学ツアーで鼓童公演を観ることができます。
21日(日)の企画です。通常の公演時間とは異なる特別午前公演です。
「ゆうWAVE in SADO」 BSN公開生放送見学ツアーで詳細をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の案山子作りは。。。

竹俣活性プロジェクトからのお知らせです。
5月19日に田植えをした稲もすくすく成長していることでしょう。
次なるステップは。。。

案山子づくりと生き物観察会
7月21日(日)10:00〜15:00 (雨天でも開催)
 9:30上三光集会場に集合
10:00生き物観察会(田んぼの周りの生き物を探します)
12:00昼食(汁物やお新香などは用意します)
13:00案山子作り(好きな案山子を作りましょう!)
    好きな案山子を作る為に古着など材料があったらご持参ください。

※ 稲刈りの時に、作った案山子のコンテストを開催します。

準備の都合がありますので、参加の申し込みは下記まで。
090-5434-3185 竹俣活性プロジェクト 小柳 繁
参加費は無料です。
おにぎりをご持参ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

EC 2013 稽古真最中

ECのサイトでは連日のように稽古の様子が更新されています。初日の「打男」では野外用の大型スクリーンが登場とのこと。劇場そのままの映像マジックが観られるのでしょうか?観客のあなたが映るかも知れない?昨年のコミカルなEC特別場面は?どんな演出が飛び出すのでしょう。坂東玉三郎さんの最初の演出だった2003年のツアーからあの長い楽曲「佐渡へ」が10年ぶりに甦ることもポイントですね。共演の上妻さんとのハイヤ節ベースでクラシック構成の新曲。。。即興でお互いに寄り添うのではなく真ん中でいい具合にお互いが活きる音楽づくりが進行してます。今までのECではなかった時間をかけて作り上げた曲も楽しみです。

一昨昨日の日報に練習の様子が掲載されていました。
06


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

「伝説」公演の反省会

早いもので、新発田公演から3週間が過ぎました。
各自の持場から気付いたことや状況の報告が次々に。
新発田委員会に根ずく想いがいっぱいです。

地域コミュニティを育んできた長い年月。鼓童が初めてとのお客さまも多かったと報告がありましたが、支持してくださるお客さまに年配の方々も多くなっています。体調の無理を承知で来られるお客さまや次はわからないというお客さまも少なくありません。お客さまみなさんに楽しんでもらい、元気をもらって帰れることに応えたいと、何ができるか?何をしていくか?熱い討論です。

一般的な無機的な会場との違いがそこにあるのでしょう。同じ舞台でも観る側の想いを感じる演者には限りないパワーが生まれます。世代交代をしてきた鼓童メンバーにもその想いは通じたと思います。新発田のこの舞台は多くのお客さまに受け入れられました。

新発田で徹底できないことが。。。座席へ演目の途中出入りの禁止です。プログラムにより指示されているのですが…入場はしばらく待ってもらっても、なかなか理解してもらえずに入る。用足しに行きたいと会場から出る。等なかなか止めることができないでいます。高齢での判断の厳しさです。明かりが漏れることは舞台芸術からすれば譲れないことかも知れませんが、新発田の現状を理解してと願います。努力はします。


鼓童の感動を安全に安心に共有できることに大きな思いと小さな気遣いをもって次なる公演は?遅くない未来か??その先か???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

新発田の想い ②

ツアー共通のプログラム…芸術監督のあいさつ、出演メンバーの紹介、演目の紹介に続き委員会と鼓童からのあいさつが掲載されています。そして…今回の話題は響sato-otoから鼓童研修所へ行った赤澤京(ミサト)さんを取り上げています。鼓童の理念と共に。

ミサト、海を渡る ①
ミサト、海を渡る ②
ミサト、海を渡る ③
ミサト、海を渡る ④


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

新発田の想い ①

新発田のプログラム
01

見開きの最初には
05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

「伝説」大千秋楽

私はUSTREAMインターネット生中継で鑑賞。
やはり送られてくる映像と響きがない音では感動が違いますね。それでも、会場の盛り上がりと共に同じ時間を共有できるなんてね。楽しかったです。

今日の特別を探しながら。。。映像でしか見ることができないカメラからの角度やアップ、画像をかぶせたりと生放送で大変ご苦労されているのでしょう。あら、まあ~と感動もありましたが、正面からそのままで観ていたいと思う場面も多かったです。

見ての違いは「月待ち」で裸足だったこと。屋台囃子の降る雪の量が半端なく多かったこと。最後の舞台…仕込みの全てを降らせた?って感じでした。芸術監督のお顔を拝見できたこと。

太鼓の音は響きを体感できて感動が大きく変わるので、やはり会場に足を運ばなければ得られないことでした。が、緊張しているなって感じはメンバーの表情から伝わってきました。

「伝説」の国内ツアーは衝撃から感動を残した舞台でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

これから。。。

鼓童の「伝説」は明日から4日間浅草連続公演が始まります。メンバーは浅草寺で成功祈願をされたそうで、浅草の特別もあるようです。どうぞみなさまお出かけください。お見逃しなく!!!

新発田は10日後が反省会です。次なるこれからの計画は。。。
この「伝説」新発田特別プログラムの紹介をしたいのですが…PC環境が変わり…しばらくお待ちください。

県内、次の追っかけは佐渡特別公演~夏~でしょうか!?
今回は『アマテラス』の舞台と重なっています。佐渡の春舞台を賑やかに楽しくした準メンバーも『アマテラス』に出演です。そこで今回の佐渡は特別公演では初顔のメンバーのみなさんがどんな舞台を魅せてくれるのか?興味深いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

見やすいような???

鼓童HPが一新しましたね。慣れるまでちょっと違和感感じますが。。。文字が大きくてスッキリ感あります。みなさんはどんな感じ???

直ぐに馴染めますね。きっと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

委員会、深いい話

誰かが「チ○コ○~」と真顔で…この「シロコロ」をつまみに始まりました。
Dscf7287

鼓童メンバーは次の公演先に移動しましたが、制作スタッフさんが新発田全ての深い深い出来事や思いを背負いました。波乱の舞台評価からこの日の舞台。これまでの思いがあふれました。感無量、よかったね。きらりと光ったあの○○○。
Dscf7289

打ち上げは公演の成功を祝っての乾杯から。
新発田はどんな時も良いも悪いも気付いたことを順番に発表して話がふくらんできます。
長年駐車場の担当のベテランTさん、今回はシルバーから手伝いをもらったのですが、その方がプロ級だったと自分の仕事はまだまだと向上心爆発。
普通は立ち位置で観ることのない舞台、お客さま案内の為ドア位置で観る私たちです。座って観る時と角度の違いが良かった~。あのライン。
前列のチケットをお買い求めのお客さま、ちょっと耳を患われお医者さまに止められたけれど…どうしても観たい、後ろの席にしてほしいとの意向、直ぐに対応。チケットをお忘れのお客さまも…。受けた事を受けた者の判断で迅速に応対できることの連携は培ってきたみんなの意識です。

あんなこと、こんなことと携わったことからの報告が続きます。各々の違ったものの見方感じ方に学ぶことが多いのが私たちの打ち上げです。

鼓童メンバーのみなさんにも共有してほしい時間でした。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

楽しんで。。。浅草連日の舞台

屋台囃子メンバーが日によって入れ替えがあり、違った舞台を楽しめることは紹介しました。目に見てすぐに気付く違いです。

私が連日の公演で、あれれ?ここは???って「月待ち」での違いに気になった事がありました。私の空耳かな、と思ってもみましたが、尋ねてみました。

八丈太鼓を元に作られた演目です。
八丈の太鼓が持つ即興性も大切にし、お客さまの雰囲気とふとした太鼓のささやきに耳を傾け、遊び心を忘れずに太鼓に向かっているとのこと。そのことが太鼓の楽しさのひとつとも。

演者の楽しさが伝わってくる舞台、毎日のちょっとした違いに気付けたら何だかウキウキ。お時間ありましたら、幾度かご覧になってみてはいかがでしょう。

続きを読む "楽しんで。。。浅草連日の舞台"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »