« 変化の中で生まれる舞台 | トップページ | 公演の始まり »

2013年5月27日 (月)

日替わりの感動

新発田公演の翌日は南魚沼での公演でした。行けない距離ではないな!と新発田の余韻と共に追っかけてきました。

この「伝説」はスタートの時から公演毎に屋台囃子の打ち手が替わるということでしたのに…すっかり忘れてしまっていました。あれれ?昨日と違う?

リードする打ち手により感動が大きく左右される演目だということを通関しました。最後の演目であることも然りです。だんだんと調子を上げる締め太鼓の響きに会場の空気が変わる瞬間、これが醍醐味ですね。

さて、これから続く舞台。どこの会場でもこの打ち込む姿の感動を共有してほしいと思います。

|

« 変化の中で生まれる舞台 | トップページ | 公演の始まり »

コメント

わざわざ南魚沼までお越しいただきありがとうございます。

まさか地元で鼓童のコンサートが開催されるなんて夢にも思わなかったので今回はとても楽しみにしていました。

でも、不安もありました。

南魚沼では鼓童の知名度はそれほど高くないことと、新発田公演の翌日だということ。

今回は市民会館の25周年記念事業としてコンサートが決定したものなので、新発田のように実行委員会の皆さんが一から作り上げていくというプロセスがありません。そして新発田のように鼓童との交流を積み重ねている歴史もなく、まっさらな土俵にいきなり舞い降りてきたようなもんです。
こちらでは新発田のように会場が一体となった盛り上がりはないんだろうな。そんな風に思ってました。


もちろん、市のイベントなので市報で宣伝して集客できるという大きなメリットがありますが、果たしてどれだけ集客できるのだろうか。まして知名度が浸透していない南魚沼のお客さんに今回の「伝説」が受け入れられるのだろうかと。

コンサートが始まった後もお客さんの反応が気になりました。

でも、最後のアンコールで会場が一体となった手拍子を聞いたとき安心すると同時に、とても嬉しかった。手拍子が凄くて篠笛のメロディーが聴き取れないくらいでしたね。お客さんの気持ちも鼓童に届いたことと思います。

本当にいいコンサートでした(*^_^*)

ところで、アンコールの曲なんですが、何という曲名でどなたが作曲したんですか?

投稿: マスオ☆彡 | 2013年5月28日 (火) 08時38分

マスオ☆彡さん

お声掛けいただきありがとうございました。あの人混み中で見つけてくださるなんて‼

「伝説」デビューおめでとうございます。昨年はとても残念な思いをされましたものね。その思いに応えた感動の舞台でしたね。

アンコールは「結(ゆい)」。住吉佑太さんが作られた曲です。馴染みやすく、口ずさみやすいメロディーラインですよね。

打算のない、集中した姿に客席が飲み込まれていったように感じました。高揚の会場でした。緞帳が下がり始めるとすぐに…前から5,6列目の中央のお客さま4,5名が突然立ち上り横に移動。あらら?何~あまりの感動で舞台に行くのかしら?凄い!!と思った瞬間あっという間に姿が消えました。そこに目が釘づけ…舞台はすでに幕が下ろされ、メンバーが会場に応える姿を見逃してしまいました。察するに…込み合う帰路の回避だったのかなと思います。

私には感動が一瞬で冷める残念な感じ。舞台からはもっとよく見えたと思います。この公演に限らずこちら側のマナーも大切だと思う出来ごとでした。

投稿: mukki | 2013年5月28日 (火) 11時31分

コンサートが盛り上がったのも魚沼人の気質だけど、終わるないなや出演者に尻をみせて帰るのも魚沼人の気質なのかも┐(´д`)┌ヤレヤレ

お恥ずかしい限りです。

どうしてあんなに急いで帰りたがるのかな(-ε-)

投稿: マスオ☆彡 | 2013年5月28日 (火) 22時22分

マスオ☆彡さん
魚沼のみなさん全てをまとめては違います。
たまたま、この方たちがそうだっただけ、地域が違いどこでもあり得ることです。

公演に対する気持ちの持ち方ではないでしょうか。楽しみに待っていたものと、誘われたからとか、頼まれたからとか…公演に馴染みが薄く、演者に対する配慮ができないとか…

新発田公演はお客さまにも支えられていることに気づきます。

投稿: mukki | 2013年5月28日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/51802182

この記事へのトラックバック一覧です: 日替わりの感動:

« 変化の中で生まれる舞台 | トップページ | 公演の始まり »