« 明日は新発田雑煮合戦 | トップページ | ふるさとニッポン~島が燃えた夏・鼓童と佐渡の人々 »

2013年1月13日 (日)

Dreaming

元旦に県内で活躍する若者4名を紹介するTV番組がありました。鼓童から住吉佑太さんがクローズアップ。この日から正メンバーと紹介がありました。

香川県高松で地元子供太鼓を始めたのが小学2年。高校生の時に凸凹add9(デコボコアッドナイン)というアコースティックデュオを結成。インディーズバンドとして活躍していました。が…子供の頃から叩いていた太鼓、鼓童に入る事を目標としてきたことを相方に理解してもらい、生活・研究・創造(くらす・まなぶ・つくる)の研修所生活に。酒・たばこ・携帯電話禁止、寒い冬でも暖房はなしの環境。ひとつひとつを楽しむことをおぼえ、その中からとぎすまされた感覚、重心のある感覚を知ることができたとのこと。

成長を見守る見留さんは叩けば誰でも音がでる太鼓。リズムと気持ちをのせるこだわりがプロ。技術を磨き大きな身体を活かした太鼓打ちになってほしいとエールを送っていました。

鼓童村の風景、練習のようす、ECの舞台などの映像。食事の映像では…なんだか左手で箸を持つ人が目立ちます。利き手と逆の手で食べることが研修所の掟。その延長が生活の中にありました。住居棟のユーティリティースペースで雑談する同期のメンバー達は住吉さんをリーダー的存在、でも…と仲睦まじい。

十二月佐渡公演はアンコール「結」の映像。人と人とを繫げていきたいとの思いが詰った自作の曲。先輩のように曲作りもできるようになりたいとのこと。太鼓の可能性、太鼓の力を感じてもらえる打ち手になりたいと夢はふくらみます。

|

« 明日は新発田雑煮合戦 | トップページ | ふるさとニッポン~島が燃えた夏・鼓童と佐渡の人々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/48722344

この記事へのトラックバック一覧です: Dreaming:

« 明日は新発田雑煮合戦 | トップページ | ふるさとニッポン~島が燃えた夏・鼓童と佐渡の人々 »