ワン・アース・ツアー2012 伝説

2012年12月24日 (月)

それぞれの伝説

2012~伝説を振り返り。。。春公演で大きなインパクトで幕開けし、衣装と演奏の両方のスタイルは賛否の渦の中にありました。演奏された曲「コンドルは飛んでいく」もでしたね。秋公演で少し変化した公演。12月公演はベテランメンバーも加わり違った演出が観られました。今日の千秋楽で幕を閉じます。

各地芸能を基にした演目に馴染み、各地の伝統を継承する人たちと繋がる発信に触れ、鼓童像を持った人ほどギャップを感じた舞台だと思います。委員会の中でも様々な意見が飛び交い。。。「あれは…」「そこは…」と反響をもたらした舞台です。観る人各々に問いかけた伝説です。

続きを読む "それぞれの伝説"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

12月の伝説 いよいよ東京

ワン・アース・ツアー2012~伝説12月公演。各地を巡り東京で楽日を迎えます。21日の招待公演に次いで連休の3日間の公演です。22,23日はチケット完売となっていますね。千秋楽の24日も残り僅かです。

佐渡をスタートしてから舞台の変化はあるのでしょうか?
春から秋そして12月。。。「カデン」の変化が観られます。12月はメンバーが増えての特別な演出が観られます。衣装は変わらずにそのままです。が、何だか印象が少し違うように見えます。「こんなだった?」「キラキラ少ない?」「着慣れた?」「痛んだ?」友人とずっと気になっていたことです。ここに、あのマジックが使われていました。
2009年と2010年の「うぶすな」の舞台の印象を変えたあのマジックです。

東京公演、会場いっぱいのお客さまで最高の盛り上がりを魅せてくれることと思います。みなさん、お楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

新潟二日目の伝説

この日の伝説は前夜から降り積もった雪!!
シーズンの降り初めとしてはびっくりの積り方。まさかの外のようすに、出発時間を早めての会場入りでした。が、予想以上に時間がかかりました。お客さまもパラパラです。時刻を少し過ぎての開演でしたが空席が目に入ります。遅れて来られる方々も多く、来れなかった方も。

席はほぼ全てが埋るはずでした。観てもらえなかったこと、残念です。「あの時のあの公演は大雪で…」と語られ伝わる公演となりました。

この日は二階席。舞台の動き全体が見渡せました。太鼓の響は上に向かってきます。前日はよく聞こえなかったテンパニーの響も心地好く入ってきました。席によって違った楽しみ方ができます。前日との違いは。。。屋台囃子のメンバーは春、秋と同様に入れ替えのようです。

明日は名古屋ですよ~是非足をお運びください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

伝説の中の伝説

12月の伝説の舞台は、春秋ツアーのメンバー14名に6名を加えた特別編成です。演奏メンバーの違いや演出の違いで印象が随分と変わっていました。、掴み所がぼやけていた「カデン」も見えてきた感じです。楽しさと華やかさが増しています。伝説を語る時、この伝説を見逃しては語れない。いいなぁ~って感じる場面の数々。お近くの公演会場でお確かめください。

さて、本日の公演はどうかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

ロビーでは。。。

新潟県内のTV放送予定が掲示されていました。
20121208_003

一管風月コンサートのご案内。興味を示して頂いたお客さま数名!!嬉しいことです。
20121208_002

公演会場枚数限定先行販売の『半纏パーカー』が今回のグッズ売り場に。あの鼓童の半纏を思わせる鼓童の文字と鱗模様が目を引きます。農紺とグレーの二色です。お求めはお早めに。
20121208005
ファスナーは両開きです。
20121208004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟公演スタートです

連日の悪天候、本日も強風です。横風にあおられ横転しているトラックに遭遇しながら会場に向いました。開演時間に間に合わないお客さまも多かったようです。帰りには雪も深々と降り始め…明日の交通事情が心配です。みなさま時間の余裕をみて、気を付けてください。

いつも出迎えてくれるトラックです。
20121208_001


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

伝説の舞台

もう、ご存知のみなさんも多いと思います。
12月公演にむけて。。。e+(イープラス)から下記情報が届いていました。
今年を集大成する大都市公演として横浜、東京での公演を控える<鼓童>の出演者 見留知弘さん(鼓童代表)、吉井盛悟さん(神奈川県出身)、住吉佑太さんより動画コメントが到着!

「鼓童 ワン・アース・ツアー2012~伝説」の見所、歌舞伎俳優・坂東玉三郎氏を芸術監督に迎えての感想、そしてこの公演にかける意気込みを、熱く語っています。

太鼓芸能集団「鼓童」のみなさんが公演の見どころや裏話をご紹介!

こんな画像も。。。
鼓童ワン・アース・ツアー2012~伝説彦根公演&秋宵地酒祭り

続きを読む "伝説の舞台"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

委員会メンバーと視察公演

先週末郡山公演にいってきました。来年の新発田公演主催にあたり舞台を観て置くことに。私の他は皆、初の舞台でした。鼓童との関わりが深いだけに、駄目だしの多いこと。「何か一つでも良かったと思うことがあるか??」「『カデン』の所作は綺麗だったよ」「モノクロームはあの研ぎ澄ました感じが最高なのに…」「鬼の面を取ってまで、なぜ鬼を踊る!?」。。。。。会館のすぐ横に位置するマサ坊という焼き鳥屋さん(焼き鳥屋さんなのに女将さんお薦めの蕎麦が美味しいお店です)でえんえんと反省会は続きました。

続きを読む "委員会メンバーと視察公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

伝説となった春ツアー

アンデスにいざなわれつつ…何処に行くの~???

と始まった春ツアーでした。最初の「コンドルは飛んでいく」のメロディーから衝撃を感じた方が多かった舞台。あの歌もです。。。今回は聴くことができませんでした。できないと思うと…聞きたいと思ったりもして…
「カデン」の新しい挿入曲(タイトル未定)と会場内に表示がありました。歌もありました。この曲の感じからか「カデン」のリズムも変化していたように感じました。ここで響いていたティンパニが他の演目でも響いています。最初の太鼓のセッティングや、おけさ隊のスピードなど。。。大きな柱はそのままですが、違いを観つけることも楽しい舞台でした。

公式サイトでも紹介がありませんでしたが、石塚充さんが出演されました。プログラムには掲載があったので各地で元気な姿に会えることと思います。今日は大太鼓も叩いてくれました。各地で交代もあるようです。誰が叩くかその日の楽しみのひとつとなりますね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

秋ツアー アルフォーレからスタート

会館の横に。。。
20120908_002
県内柏崎。市民の芸術文化活動の中核施設として創造、交流、にぎわいを創出する場と謳われている会館でした。7月に開館した新しい建物です。市民ラウンジ、ワークスペース、音の遊び場、キッズルームが館内にあり、開放された空間はいろんな楽しみ方ができそうです。大ホールは舞台を囲むように配置された前方席、迫上がりの角度は後方の席でも舞台を近くに感じられる造りでした。

今日はチケット完売の満席での公演。会場いっぱいに響く音は大きな歓びに包まれました。熱く温かな拍手がこの秋ツアーを送り出しました。各地での公演にこの歓びが繋がりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧