« 響sato-oto PR活動 | トップページ | 2013~伝説に向け »

2012年12月24日 (月)

それぞれの伝説

2012~伝説を振り返り。。。春公演で大きなインパクトで幕開けし、衣装と演奏の両方のスタイルは賛否の渦の中にありました。演奏された曲「コンドルは飛んでいく」もでしたね。秋公演で少し変化した公演。12月公演はベテランメンバーも加わり違った演出が観られました。今日の千秋楽で幕を閉じます。

各地芸能を基にした演目に馴染み、各地の伝統を継承する人たちと繋がる発信に触れ、鼓童像を持った人ほどギャップを感じた舞台だと思います。委員会の中でも様々な意見が飛び交い。。。「あれは…」「そこは…」と反響をもたらした舞台です。観る人各々に問いかけた伝説です。

12月伝説の2部齊藤さんの合の手から会場の空気が変わった様に思います。マリオネットピノキオに心が生まれたように、これまでなかった温かさを感じました。2013~伝説はメンバーも演出も元に戻るのでしょう。この温かな空気は繋がってほしいと私は願います。

|

« 響sato-oto PR活動 | トップページ | 2013~伝説に向け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/48430233

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの伝説:

« 響sato-oto PR活動 | トップページ | 2013~伝説に向け »