« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

真笛の魅力堪能

地域情報紙、越後ジャーナルに。。。
多くの方々に情報が届くことを願います。
Ikkanfugetu4_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

12月の伝説

あっという間にもうすぐ12月です。鼓童の12月公演のスタートも近づいて来ました。佐渡のフリーペーパーSADO'Nに掲載されています。
Sadon

佐渡ではアミューズメント佐渡で12月5日、新潟は県民会館で12月8日、9日です。最近友人のチケットを手配しましたが、県民会館のS席は残りわずかでした。当日券でとお考えの方は確認されることをお薦めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

よみがえりのレシピ 新発田編 ②

Reshipi1_2

Reshipi2

ちょっと物知りになった感じがします。
酒米の菊水味わってみたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

よみがえりのレシピ 新発田編 ①

これまでの新発田での活動報告です。
Reshipi0

Reshipi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

よみがえりのレシピ トークショー

20121111_005

監督の渡辺氏と山形大学農学部准教授の江頭氏から映画のできるまでの話や想いなどを伺うことができました。在来作物が消えて行くことは種や作物だけが消えるだけでない。感性も喪失することになる。という江頭氏の考えに魅かれ渡辺氏のインタビューからできた作品だそうです。

1980年代に改良の為だけに遺伝子を残す考えで保存された種。研究をされていた江頭氏がその種がどんな風に使われているものなのか等を尋ねるとわからないとの答えが返ってくるものばかり。(例えば枝豆。そのまま食べる。納豆になる。味噌になる。等適した使われ方があるはずと…)種は文化と共に地域で守られなけらばならない地域の宝物とのこと。それは世代を超えて人との繋がりに結びつく。

渡辺氏はもうひとつ、IターンやUターンの方の新しい見方を味方にすること、外からの目線を大切にすることを唱えられました。気付かないでいることの発見に。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

よみがえりのレシピ上映会

いよいよ、上映会を迎えました。
20121111_001
ロビーでは映画のパンフレットやレシピの本が置かれみなさん興味深くご覧で、お求めのお客さまも多数でした。
20121111_003
実物も見ていただき、口に含まれる方も…香り高く、苦味も少なく、生でも美味しい菊です。
20121111_002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

和太鼓トーク齊富 ③

中日の前座はバナナおぢさん。開演10分前からのお喋りで始まります。おぢさまが海外公演でペラペラの英語(優秀な英語力?薄い英語力?(紙がペラペラ…))でアラ、ドウシマショウの体験談。おっとと…落ちは次までお預けです。

場面設定は未来と過去。鼓童で出会った頃からの夢物語。楽しい話の中に登場する真剣な太鼓の演目の数々。テンポ好く進められる舞台はあっという間に休憩です。あれ、休憩は無しのはず。ここで美味しい太鼓と暑い国(国名聞いたけど忘れました(;´д`))の歌に会場みんなが参加です。後半の大太鼓はほんとに身体のど真ん中に響いてきました。齊藤さんの大太鼓に遭遇でき感動でした。

今日は最終の公演です。内容に変化があるのでしょうか?
全力を注いだ舞台はお薦めです。

20121110_010

続きを読む "和太鼓トーク齊富 ③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和太鼓トーク齊富 ②

こちらはチラシではなく、プログラム?です。
休憩がないことが示されています。
Saito


| | コメント (0) | トラックバック (0)

和太鼓トーク齊富 ①

太鼓始めて…富田和明さん35周年、齊藤栄一さん30周年の共演です。
会場のティアラこうとうはあちらこちらとのぼりが出迎え入り口の案内をしてくれました。
20121110_001

20121110_002

楽しさいっぱいのロビーではみんなが変身していました。
裏側にはメッセージが。。。
富田和明さん
齊藤栄一さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

一管風月 公式サイトに登場

鼓童HPが更新されています。
山口幹文さんのコンサート詳細がこちらでご覧になれます。
カテゴリーの一管風月からも案内しています。
チケットの手配お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上映は明日!よみがえりのレシピ

新発田市生涯学習センターで13:30分上映開始です。
終了後15:20から監督の渡辺氏と山形大学農学部准教授の江頭氏を招きトークショーも開催されます。この機会に在来作物の継承と人と文化の繋がりを一緒に考えてみませんか?

みなさまのお越しをお待ちしております。

201208041


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

重なるプラン

いよいよ本番です。
佐渡ではお客さまを迎える準備が整っていることでしょう。東京ではバナナおじさんの楽しいトークと太鼓。香川の金丸座の公演は終盤を迎えます。距離のある位置関係、どんなに頑張っても全部に参加はできません。友人で二箇所に…という人は居ますが。さて、みなさんはいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

一管風月 こんなところで ③

会場の大山治郎コレクション美術館は県央大橋東側の袂の井戸巻二丁目の信号がある交差点の角に位置しています。道幅の違う道路とちょっと変形した交差点、美術館前の道路は中央分離帯があり。進行方向によっては、建物を廻り込むようにしなくてはなりません。気を付けてください。
Rikucyoukan_009

Rikucyoukan_006


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

一管風月 こんなところで ②

大山治郎コレクション美術館はビストロ&cafe六朝館に併設されています。こちらのお店にも素敵な絵画が置かれゆったりと食事やお茶を楽しむことができます。一番人気はハンバーグ。おやつの時間はコーヒーにいろんなトッピングが選べるワッフルも。これからの季節、生クリームを使ったパスタなど新しいメニューが加わる予定。クリスマスに向けてのスペシャルなメニューもコンサートの時期には登場するかも。。。
Rikucyoukan_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

一管風月 こんなところで ①

12月16日の会場 大山治郎コレクション美術館です。
入り口を入るとすぐに広々としたフリースペースを持つ空間。一歩入ると素敵な作品の数々に迎え入れられます。大きな美術館とは違った空気感です。ちょっと緊張感もある居心地の良い空間です。会館とは違った雰囲気のコンサートを楽しみにお越しください。

Rikucyoukan_005
奥へとつづき。。。
Rikucyoukan_003
真中のパーティションを移動して広いスペースの中でのコンサートとなります。
Rikucyoukan_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

一管風月 チケット

12月16日の大山治郎コレクション美術館のチケットが届きました。
一本の笛を愛しむ心を感じる今回のチラシの文字と同じ文字がすっきりと印象的です。最近馴染みが薄い縦書きのチケットも印象を深めます。
チケットの手配はお早めに。

『月の光に身を浴し、吹く風に心を重ね、耳を澄ませば万物の声。計らいを捨て、いま少し、この笛が歌い始めるのを待つことにしよう。』。。。一管風月CDより
Ikkanfugetu


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

一管風月 チケットのお求めは…

12月15日(土) 会場 砂丘館蔵1階   料金 3,500円
《第一回》開演 13:30 (開場 13:00) 
《第二回》開演 16:30 (開場 16:00) 定員各回35名
※チケットレスでの対応です。
下記砂丘館まで電話・FAX・E-mailで予約してください。
FAX・E-mailでは電話番号と申し込み人数を必ず明記お願いします。

砂丘館 TEL&FAX 025-222-2676  
    E-mail sakyukan@bz03.plala.or.jp


12月16日(日) 会場 大山治郎コレクション美術館  料金 3,500円
開演 15:30 (会場 15:00)
※チケット取り扱いはビストロ&cafe 六朝館と鼓童文化財団です。
下記に問い合わせください。

ビストロ&cafe 六朝館 
〒959-1231 新潟県燕市井戸巻2丁目2番地 
TEL 0256-66-3388

鼓童文化財団(佐渡太鼓体験交流館(たたこう館))
〒952-0611 新潟県佐渡市小木金田新田 150-3 
TEL 0259-86-2320 FAX 0259-86-2385
E-mail info@sadotaiken.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

遠征可能!!一管風月

12月16日の県央会場、大山治郎コレクション美術館は交通の便が良いところに位置しています。

上越新幹線燕三条駅、弥彦線燕三条駅、関越高速道路三条燕インターから約1.2km地点です。駅から歩ける距離です。駐車場もあります。

隣接する六朝館RIKUCYOUKANはビストロ&Cafe。喫茶店です。ランチタイム(11:30~14:00)の日替わりメニューも気になります。この日の営業はコンサート開催中がクローズですが、開店時間の10:00~15:00までと18:00~閉店時間の22:00まではご利用いただけます。遠方から来られての時間合わせにちょっと一息、美味しいコーヒーなどいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

特別な一管風月

今回の伴奏には西洋の古い楽器チェンバロが奏でられます。実際に見ることや音を聴くことの珍しい楽器です。遥か遠い歴史の西洋楽器と邦楽器。チェンバロの独特な音色がどのように真笛の響きと重なるのでしょう。とても興味深く、ここでしか聴けない特別です。

新潟市内の会場は.旧日本銀行新潟支店長役宅「砂丘館」お屋敷と庭園の散策付きゆったり過ごせる特別です。

県央の会場は美術館。いつも、素晴らしい作品に会える開放された空間。この日はどんな絵画が出迎えてくれるのだろう。沢山の絵画の中で響く音色も特別です。

特別な一管風月のコンサートに是非お越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

速報!!一管風月

鼓童、山口幹文さんのソロ活動となる一管風月。新発田委員会が企画、制作した環翠楼でのことは懐かしい思い出です。今回は12月に新潟市内と県央の燕三条での公演のお知らせです。どちらの会場も違った魅力を持っています。和の趣きとモダンな佇まい。両方を体験することも、いいかも知れないです。15日は新潟市内、砂丘館。16日は燕三条、大山治郎コレクション美術館(ビストロ&cafe六朝館隣)。
Ikkanfugetu0_2

Ikkanfugetu1_2

Ikkanfugetu2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »