« 佐渡おこしチャレンジ事業 | トップページ | 来年に続く佐渡特別公演 »

2012年10月21日 (日)

佐渡特別公演 2012 大千秋楽

佐渡特別公演 秋の千秋楽であり、今年の特別公演の大千秋楽でもあった公演に行ってきました。
初日に感動をもらってきた方のブログからのようすや友人からの話しで今回も和やかに楽しい風を感じることができるだろうとワクワク。会場と演目、演出が変わった秋の公演でした。

前座に南京玉すだれで佐渡の紹介から楽しく始まりました。
愛しきものへは「うぶすな」の舞台…山口さんの笛に容子さんの琴と唄、もう、ここでしか体験できないバージョンです。久しく着ていない青色の着物での西馬音内の幻想が艶やかな花八丈に繋がります。春は緊張いっぱいだった研修生の出番も増え、はばたきで吉利さん千絵子さんと交わり、木遣りで吉利さんと唄い、一生懸命な三宅を叩いてくれました。成長を魅せてもらい、夢の応援をしたいと思います。道は真笛の響きと金城さんの琉球舞踊。命燃やして叩くと言う吉利さんの大太鼓。アンコールはみのりうた…金山小判が撒かれ、紙吹雪(秋もみじ有)もきっと増量、飛び交う紙テープなど千秋楽の特別がプラスの舞台でした。
20121020

送り太鼓の最後は上之山さんも参加です。日中は暑いくらいのお天気でしたがこの時間は雲行きがあやしく…この後一雨降り綺麗な虹を見た佐渡です。
20121020_006


|

« 佐渡おこしチャレンジ事業 | トップページ | 来年に続く佐渡特別公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/47531352

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡特別公演 2012 大千秋楽:

« 佐渡おこしチャレンジ事業 | トップページ | 来年に続く佐渡特別公演 »