« ひと賛歌 ⑦ | トップページ | 大丈夫かな? 稲刈り »

2012年9月30日 (日)

ひと賛歌 ⑧

Nippouyukan008

藤本さんの太鼓大好きと鼓童の歴史を知る興味深い内容でした。

鬼太鼓座から鼓童へ。そして今、また新しい取り組みが始まっています。世代交代を見据えた若い力の底上げ…表現の幅を広げる試みが観られます。鼓童がこれまでに育んできた各地芸能との繋がりからの演目、各方面の方々から作曲頂いた演目、メンバー自身が表現した演目、この三つの要素がどのように変化しようとも共感共同体として感動できる舞台であってほしいと願います。

名誉団員として活動を始めつつあるメンバーのみなさんの公演やワークショップの情報も逃さず確認しなければなりませんね。今までの距離を縮め、楽しく過ごせる時間となることでしょう。

|

« ひと賛歌 ⑦ | トップページ | 大丈夫かな? 稲刈り »

コメント

とてもいい連載企画でした。
吉利さんの人柄、大太鼓に対する想いなど
伝わってきました。
吉利さんの太鼓が聴きたくなりました。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2012年9月30日 (日) 09時56分

>Sysopさん
ほんとに藤本さんの人柄、心意気が感じられました。

地方からの紹介、多くの方々が見つけて、読んでもらえたら嬉しいです。

投稿: mukki | 2012年9月30日 (日) 21時36分

ホントいい連載でしたね。
毎日これを見るのが楽しみでした(*^_^*)

投稿: マスオ☆彡 | 2012年9月30日 (日) 21時52分

マスオ☆彡さん
楽しんでもらえてよかったで~す。

投稿: mukki | 2012年10月 2日 (火) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/47200815

この記事へのトラックバック一覧です: ひと賛歌 ⑧:

« ひと賛歌 ⑦ | トップページ | 大丈夫かな? 稲刈り »