« こんな楽しみ方も | トップページ | 実りの秋です »

2012年8月27日 (月)

25周年から見えてきたこと

小木のようすも変わってきています。一番は小木で宿が無くなってきていること。今年はこの対応でしょうか?ライナーバスの運行が例年より便利に企画されていたように思います。深夜到着の船の運航で県内では毎日の日帰りも可能でした。県内エリアJRとバスと船と自転車がセットの格安チケットがあったり、宿泊込みの企画の案内もありました。ハーバーの就寝時間も今年は徹底して動いていたように思います。

ECの関連イベントとして数年前からの太鼓体験、薪能に加え、体験交流のプログラムが新しく用意されました。佐渡の発見に繋がる楽しい企画だと思います。友人たちはそれぞれの体験を楽しんだようです。

フリンジやハーバーのお店でも島の方々の取り組みの深さを感じることができました。ゴミの分別も以前よりスムーズに感じます。小さな道の駅、道案内やトイレ利用可の「寄れっちゃ!」のぼりも見かけました。企業の協力やNPOの活動など、一つ一つのハードルを越えて今に繋がっているのでしょう。大勢の方々の準備と、もてなしに感謝です。これからも不便を改善し、より多くの方々に「地球祝祭」を楽しんで欲しいと思います。このイベントがこの先もずっと進化していきますように。。。

|

« こんな楽しみ方も | トップページ | 実りの秋です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/46836270

この記事へのトラックバック一覧です: 25周年から見えてきたこと:

« こんな楽しみ方も | トップページ | 実りの秋です »