« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

みんな元気で!!

昨日はサッカーの慈善試合がありました。
復興を願いみんなで元気になろう!と鼓童も活動していました。
「ブルーマン×鼓童 BLUE MAN MEETS 和太鼓!」WOWOW特別番組の公開収録です。こんな時にと関係者さんも協議を重ねられたようです。こんな時だから、と実施されたようです。

元気を届けたい。
ブルーマンの水道管の演奏から始まり、鼓童の大太鼓、コラボは巴。齊藤栄一さんとブルーマンでペンキ太鼓。そこに観客のみんなが参加で会場がひとつとなってのエネルギーです。(5月2日22:00~放送)

演奏の冒頭に齊藤さんがこんなことを。。。
「私たちが元気を届ける前に震災された方々から元気をもらいました。協力し合い、助け合う思いやり。復興に向け前向きな姿勢。日本人て凄いなぁ。でも…1月、2月…と忘れていくことも早い。この先もずっと私たちができることをしていきたい。」

これからが、長い復興の厳しさが続くことでしょう。私たちも今の気持ちを風化することなく、持ち続けたいと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

チケット一般発売に向け ②

付録の広告です。
Photo_5


| | コメント (3) | トラックバック (0)

チケット一般発売に向け ①

粛々と新聞に広告掲載(3/18)されていました。
Photo_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

響sato-oto公演の様子

3月18日、新潟日報に掲載されました。
Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

新発田仕様のチケット

鼓童結成30周年スペシャルの記念公演のチケットです。
新発田の熱い思いが込められています。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月例会報告

昨日はポスターチラシを遠方の施設等に送る用意。先行予約のお客様リスト作り。チケットの通し番号確認や、プレイガイド用のチケット割り振り。とみんなが各々分担作業でした。
いつに無く時間が早く過ぎていました。

先行予約のみなさんのチケット割り振りまでは時間切れ。。。
チケット担当のお仕事となりました。
今後の活動としてのDM作戦。。。
こちらのリスト(過去公演のアンケートから)作成も宿題です。
4月10日の人形浄瑠璃に向け、おもてなし製作をしようと打ち合わせ。

今回はみんなが黙々と作業に打ち込んでいました。
先行予約は3月13日の特別予約も含め110席程。ご予約ありがとうございました。一般発売は4月1日からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

元気をありがとう

選抜高校野球、21世紀枠で初出場の佐渡高校。アルプススタンドは大勢の応援団で海と佐渡島の人文字と声援でした。“謙虚な誇り”を持った彼らは強豪の智弁和歌山と一生懸命な試合をしてくれました。中盤までは初回の失点を取り戻すかと思わせるプレーでした。

雪のグラウンドで練習していたニュースを思い出し、純粋な彼らの姿に一喜一憂しました。鼓童村でも熱い声援が響いていたのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月例会

本日夕方、例会です。
先行予約のチケット割り振りと今後の情報発信や取り組みなどが話し合いのポイントになると思います。

いろんな問題を山ほど抱えていますが、少しずつ復興に向け進みはじめました。元気になるために何ができるか、みんなで考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

締め切りです

鼓童の会先行予約いただきました皆さま、ご予約ありがとうございます。
お忘れの方、まだ後でと思って居られた方、締め切りが迫っています。
本日18:00までですよ~~~お電話お急ぎくださ~い。

■電話番号 080-2169-0647(宮村)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

応援します

4月10日の越後猿八座の人形浄瑠璃公演は予定通り実地です。

五頭温泉卿・村杉温泉 環翠楼 若女将の宿日記

災害から10日になり、支援の手が広がりをみせています。
これから復興に向けては長い道のりです。
1、2ヶ月で終わるものではありません。1年、3年。。。5年、10年。。。
その時折でできることを考え、日本を元気にしていけたらいいと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

伝わる熱い思ひ

みなさんご存知でしょうか。毎年秋に鼓童研修生と共に生活する、太鼓のワークショップ。4泊5日の合宿、鼓童塾を。現在は齊藤栄一さんが塾長をされていますが、最初はアシスタントだったそうです。始まりは1989年、近藤克次さん(ソロで活躍中)が1992年まで塾長をされていたそうです。1年お休みがあり、1994年から齊藤さんに。

鬼太鼓座の旗揚げから縁の深い永六輔さんからパホーマンスでない太鼓の本質を伝えなくては。。。との思いに、太鼓の楽しさを伝えている齊藤さん。「太鼓の歌、太鼓の語り」を鼓童塾で体験されたみなさんが太鼓の面白さに触れ、人の繋がりを深めています。年代差の大きい塾生のみなさんですが絆を感じます。
ここに齊藤さんの熱い思ひが込められているのでしょう。


今回の響sato-otoでお会いしたメンバーとスタッフのみなさんが被災地は鼓童と関わりが深いところばかり、お世話になった方々を思うと心が痛むとおっしゃっていました。
地震災害、今はまだ悲しさの中にあり、つらいです。が、いつか鼓童の太鼓の響きが元気をくれるでしょう。熱い思ひを優しさと強さに代え勇気を与えてくれると信じます。みんなの心が救われることを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

鬼から童の30年

先日の響sato-oto公演で昨年「うぶすな」の舞台で燻銀の輝きを魅せてくれた齊藤栄一さんの30年をお聞きしました。

鼓童の先駆け鬼太鼓座からのベテランメンバーに次ぐ存在。高校3年の夏休みに佐渡に来て鬼太鼓座に会い、卒業して佐渡に渡った時には鼓童。鼓童からの初のメンバーといえる。鬼から童へ変動の時を知る人でもある。空気の中に鬼を残す時代にいのちの根源としての童の表現をどうするかと揺れた時代を体験している齊藤さん。跡に続きLeonard Etoさん(1984~)、金子竜太郎さん(1987~)等がいたが現在は鼓童を離れソロ活動をされている。中堅メンバーまではだいぶ年齢差がある。

鬼と童を知るそんな齊藤さん。。。僕は鼓童をやめてはいけないと思う。30年という時を刻んでもいけない。アニバーサリーにしてはいけない。今回の30周年公演はみなさんから支えてもらったお礼の意味を込めたイベントで、ご自身の中では何年続いたかの意識は無く区切りも無いと語られた。
世の中が変わればその時々に芸能も変わる。伝統芸能でも基本は基本、先代のものは変えてはいけないのではなく変わるもの。伝統からエネルギーをもらい、今に会ったものにしていくとも言われた。

変わらぬ鼓童がここにあると実感させられました。
そして、この精神は今回の被災においても重なるものではないでしょうか。復興に向けエールをもらったようにも感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

避難所

地震に伴い発生した原発事故。室内待機を止む無くされた方々など放射能汚染が心配され避難されています。
先日から私たちの県でも各地で受け入れを始めました。私たち委員会の地元新発田での状況が委員長から届いています。

今日は新発田市のカルチャーセンターに行ってきました。
カルチャーセンターの生活環境は、料理店で作ったお弁当、毛布、床にはアルミシート、段ボールやパネルで世帯を囲んでありプライベートは守られ、と、ゆったりとしてそれなりに配慮されています。
「ここは待遇が良い。ありがたい。」そう話していました。「私たちに出来ることがあれば言ってください」そう話しもしていました。

私の印象では、「してあげる」というシステムから、「自分たちがする」というスタイルにしてサポートしてあげる方が長期化した場合には有効だろうと思います。避難所というひとつのコミュニティを形成させ、そこに住む人たちの自立性を手助けする。そういう自立キャンプの避難所に出来ないかと思いました。

そこで、19日に豚汁の炊き出しをしますが、彼らに作ってもらい側面支援をし、そこをひとつのコミュニケーションのきっかけにしようと思っています。私たち実行委員会の今までの地域や人の付き合い方が思わぬところで生きています。  まずは、報告でした。

ここでの生活はこれからが始まりです。1日でも早く事態が終息することを願いますが、先の見えない今、支援のあり方が模索されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

みなさん元気でいましょう

前回の響sato-otoの太鼓フェスティバルではお世話になりました。
大盛況の上、義援金も約90,000円になりました。
「これで良く眠れる」「心配だったけど、来て良かった」「元気をもらえた」など地震の影響がみなさんにもあり日本全体が被災民という印象を受けました。
いろいろなものが自粛で無くなる中で、やったイベントでしたが、人はパンのみにあらず、芸能の力というのも強く感じた公演でした。馬鹿騒ぎは別として、「元気を感じる節目」というのは大切なことだと思います。

昨日届いた委員長からのメールです。

被災された方々のご苦労は計り知れないものと思います。毎日の報道で私たちの心も折れそうなほど痛んでいます。元気でいるために、元気をおすそ分けするために、みんなが元気になれることの活動を考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

訂正とお詫び

鼓童の会先行予約において月刊鼓童のチケットご案内での内容に誤りがありました。

【電話予約】での電話番号が090の始まりですが、080の誤りでした。
ここに訂正しお詫び申し上げます。
これに伴い、090番の電話所有の方に多大なご迷惑をお掛けしていますこと、お問い合わせ頂いたお客様に困惑させてしまいますこと、合わせてお詫び申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

鼓童ワン・アース・ツアー 2011 鼓童の会先行予約始まる

鼓童の会の会員のみなさま、お手元に月刊鼓童は届いていますでしょうか?6月26日(日)の新発田公演のチケット先行予約が明日16日(水)から始まります。

公演情報
2011年6月26日(日)
新発田市民文化会館
16:30開場 17:00開演
前・当共 松席5000円(1~3階) 竹席(4階)4500円 (全席指定・税込)
※未就学児は入場できません。

■受付期間 3月16日(水)~3月24日(木) 9:00~18:00
※チケットの予約枚数に制限はありません。
※お申し込み後のキャンセル・変更はできません。
■電話番号 080-2169-0647(宮村)
■口座番号:00600-2-2981
■加入者名:鼓童 IN SHIBATA 実行委員会
■払込金額:チケット代金×枚数+100円(発送手数料)

①電話でご予約ください。(お振込みの前に必ずお電話でお申し込みをお願いします!)
お名前、住所、電話番号、鼓童の会会員番号、席種(松、竹)の別、希望枚数をお知らせください。

②「郵便払い込み」でご送金ください。
郵便局に備え付けの青色の払込取扱票をご利用いただき、ご依頼人欄、通信欄には電話でお知らせいただいたものと同じ情報(お名前、住所、電話番号、鼓童の会会員番号、席種(松、竹))の別、希望枚数)をご記入ください。

◎お客様から取得した個人情報は、チケットの発送、チケット代金の決済および予約に関する連絡の為に利用いたします。


一般発売は4月1日(金)からです。
プレイガイドでもお買い求めいただけます。
■プレイガイド:新発田市民文化会館
          新潟伊勢丹


| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからも。。。

災害から3日が過ぎ4日になります。ようやく海外からの応援団が続々と到着と聞き、感謝です。一刻も早い救済をお願いしたいです。物資が不足している現地。今日からまた寒くなる予報の現地。みなさんの健康が心配です。

非常である時に呑気だと怒られそうですが、鼓童の太鼓の元気を復興に向け届けたいと願い、私たちの活動をこれからもお知らせしていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

みんなの思いを込めて

鼓童のみなさんも一緒に活動してくださいました。
多くのお客様から温かな善意をいただきました。ありがとうございました。集まった義援金は聖籠町を通して被災地にお届けします。

0313_003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

響sato-oto太鼓フェスティバル

昨日予定通り開催されました。
地震被災でお亡くなりになった皆様のご冥福を祈り、黙祷を捧。。。

響sato-oto

響sato-otoメンバー、ゲスト和童のみなさんと特別ゲスト鼓童のみなさん、そしてスタッフ、それぞれの胸の中に被災された方々の痛みを持って舞台に望みました。気持ちを一つにして元気を届けようと頑張りました。力いっぱいの太鼓の音はこれまでとは比べようも無く心がこもっていました。私たちが今できることの思いを届けたかったのです。

演奏後涙したメンバー、非常の中で感じ思ったことがこれからの活動に大きなエネルギーをもらったと感謝します。

日を追うごとに被災の大変さが報じられています。
今後も私たちにできることを考え活動していきたいと思います。
被災されたみなさまのご健康をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

響sato-otoができること

一夜明け地震の被害が広範囲で凄いことに心痛みます。
被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。
事態が早く終息に向うことを祈ります。

明日の太鼓フェスティバルはどうしたものか。
自粛することも考えました。
被害の少ない私たちができることは。。。支援の気持ちを伝えること。
多くのお客さまに協力を呼びかけ募金活動をしよう。
まだまだ大変で先が見えない状況の一日も早い復興を願い、みなさんの健康を祈り、支援の太鼓を応援の気持ちいっぱいに叩きたいと思います。

今後の地震や二次災害が起きないことを念じます。
ただただ、気をつけてお過ごしください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

東北地方・太平洋沖地震

大きな揺れが長い時間続きました。東北地方、関東地方、私たちの住む新潟と広い範囲に被害がおよんでいます。津波や、火災などが続いている長い夜です。交通機関も麻痺し、帰宅のみなさんの足を奪っています。

明治以降、国内最大の地震だとのことです。
今後もまだ、安心はできません。みなさんのご無事を心よりお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

聖籠町のお散歩

13日(日)に響sato-oto太鼓フェスティバルのある聖籠町を散策してみましょう。

新潟から新発田方面に新新バイパスで聖籠I.Cで下り、公演のある町民会館の反対方向に日帰り温泉、聖籠観音の湯ざぶ~んがあります。午前9:30より営業中。公演の前にお風呂につかり、ほかほかに癒されるのはいかがでしょう。寒さに強い方は弁天潟風致公園で白鳥の観察を。春は桜が綺麗なのですが…。町民会館の近くには民俗資料館があり、農具、漁具、工具、家具、衣類など古い貴重な民具が保存されています。

新新バイパスの聖籠I.C手前の蓮野I.Cで下ると、スーパーセンタープラント4でお買い物も、聖籠地場物産館では新鮮野菜があります。春にはさくらんぼがあるのですが…。

海の方に向うと臨海西公園やはまなす公園があります。はまなす公園のとなりにあるはまなす館では、子供たちにも発電のしくみが理解できるPR館になっています。土、日の館内見学は4月からで発電所見学は事前申し込みが必要です。ゴールデンウィークのお休みなどお子様と出かけるには良いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

環翠楼「人形浄瑠璃」

1月前頃になるでしょうか。4月10日(日)に村杉温泉環翠楼において越後猿八座の人形浄瑠璃の公演をお知らせしました。

人気殺到!!お陰さまでチケットがほぼ完売になりました。ありがとうございます。
まだ、お悩み中のみなさん、駆け込みスペースがまだあるかしら?
申し訳ありませんが、キャンセル待ちのお願いをさせていただくことになるかもしれません。よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

ポスター・チラシ配布開始

3月に入り冬に戻ったような天気が続きましたが、昨日はお天気良くドライブ日和でした。みなさんの目に早く届けたく、海に山に行ってきました。

海岸沿いは波が高く、冬の海。。。でも、佐渡が見えました。
0305_001

山間はこんなに雪が。。。まだまだ春が遠いようです。
0305_003

厳しい冬を越し、春がやってきたら鼓童結成30周年スペシャル公演の始まりです。新潟県内は新発田公演のみです。新発田の熱い思いを込めたポスター・チラシが多くの方々に届きますように。
今日も各地を飛び回っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

ポスターも完成

先日お知らせしたチラシそのままがポスターの大きさに!!
大判になると迫力が増します。

今日、明日の土日にかけ活動開始です。
公共施設をはじめ道の駅や街中に出かけます。
みなさんも見かけたらチラシを手にとってご覧下さい。
新発田の思いを込めたエネルギーが伝わると思います。

その思いは素晴らしい公演に繋がっています。
チケットの申し込みお忘れなく。一般発売開始は4月1日(金)です。
エイプリールフールですが真実です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

響sato-oto 熱い思い

3月13日(日)に結成10年、5回目の公演を迎えます。
本番まで1週間あまりとなりました。来週は毎日が稽古!!
ちょっと様子を伺って来ました。

ダンボール箱を叩くことから始めた太鼓初心者の集まり。鼓童の大井さんから3年間指導を受けました。が、その後はメンバー同士でつくり上げて来たそうです。「持ち寄った力を結集し、育ててきました。取り留めのないものかもしれないが、思いはたくさん詰まっています。」と、今回演出担当の会長さんから熱い思いをいただきました。

小学5年生から66歳という幅広い年齢層。メンバーの入れ替わりがありおよそ30人前後で活動してきたそうです。現在は26名。オリジナル曲も増えています。今回は新曲と編曲を含めた6演目の披露です。三宅のセンターを担うのは若手新人の二人。ベテランは後押しで周りのみんなで盛り上げようと稽古にも熱が入っていました。学生のメンバーさんはやや緊張の面持ち。もう少しリラックスして楽しいフィナーレができたらいいね。

鼓童も次世代に継ぐ思いを込めて結成30周年を迎えています。響sato-otoもこの公演をステップアップで次に繋がっていくことと思います。

Satooto_001
仕事を終え、集まった人からストレッチを始め、ウォーミングアップ…

Satooto_002
フィナーレはみんなで楽しく…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

チケット特別先行予約

鼓童ワン・アース・ツアー2011~結成30周年スペシャル~新発田公演チケットを鼓童の会先行予約(3月16日~25日)に先駆け、1日限り特別先行予約を受け付けます。

3月13日(日) 響sato-oto太鼓フェスティバルの会場
          直接受け付け
          ※電話・メールでの受け付けはしておりません。

公演情報
2011年6月26日(日)
新発田市民文化会館
開場/16:30 開演/17:00
松席5000円 竹席(階上席)4500円 (全席指定・税込)
※未就学児のご入場はお断りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

チラシ裏面

岡本太郎さんの詩がいいです。
002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チラシ完成

鼓童ワン・アース・ツアーの新発田特別バージョンのチラシです。
素敵に仕上がりました。
001_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

今回の公演では

鼓童結成30周年を記念して、太鼓好きな子供たちにプロの響きを体感してほしいという願いから、子供たちの招待を企画しました。

身体と心でたくさんのエネルギーを吸収して欲しいと思います。
鼓童のメンバーさんや研修生の中でも、鼓童の公演を観て夢を持ち進んできた方も多いようです。この出会いがもしかして。。。将来は太鼓打ち。「新発田の公演を観て」なんてことがあったら、それも嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太鼓の大好きな小中学生をご招待

元気なこどもたち集まれ!
鼓童 IN SHIBATA 実行委員会では、鼓童結成30周年を記念して、太鼓をやっている小・中学生50名を新発田公演にご招待します。
募集要項
鼓童ワン・アース・ツアー 新発田公演
       6月26日(日) 開場 16:30 開演 17:00
       新発田市民文化会館
招待人数  太鼓をやっている小学生・中学生50名
受付開始  4月1日(金)
応募方法  下記事項を記入の上、往復ハガキでご応募ください。
          1)住所
          2)氏名
          3)年齢
          4)学校名
          5)太鼓とのかかわり
ハガキ送付先
        〒957-0331 新発田市上三光622
        鼓童 IN SHIBATA 実行委員会 事務局
          ※応募締切 5月20日(金)消印有効
当選発表   応募者多数の場合は抽選によりご招待いたします。
       当選の発表は返信ハガキで代えさせていただきます。
チケット   当選ハガキは、会場受付にてチケットと交換します。
       開演前までお越しください。
       尚、 ハガキをお持ちでない方は入場できません。
お問い合わせ 080-2169-0647

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »