« 龍言 鼓童公演 ② | トップページ | 龍言 鼓童公演 ④ »

2011年2月24日 (木)

龍言 鼓童公演 ③

質問タイムの続きです。

妖艶な舞いに感動しました。あの舞は…
千絵子さんのこの日の演目は西馬音内で、真赤な着物でした。
秋田の羽後町の盆踊りで日本の三大盆踊りの一つ。端切れを合わせて作った着物にだらりの帯が地元風。編み笠は半円型より両端が張り出した形。ひこさ頭巾をかぶることも。実際はラップのノリで楽しい踊りと説明してもらいました。

ドラムと和太鼓の違いは…
ドラムに比べると和太鼓はシンプル。手先で打っては真の音がでない。身体で表現する魅力がある。木と牛の命を大事にする思いがある。音の深さがあり、録音では取れない余韻が楽しい。と小、中、高とドラムを叩いていた坂本さんが答えてくれました。

世界中に行かれてますが海外は…
言葉がなくても喜んでもらえる。スタンディングオベーションやドイツでは足踏みで地震のようにドドーなんてことも。PPCのポクポコチンはヨーロッパでは受けないことで習慣の違いがわかる。と船橋さんが答えてくれました。

演奏の収入は…
鼓童は三つの法人として活動している。財団法人としては研修所、たたこう館、ECなどの活動。(有)音大工として主に音楽著作権管理、音楽ソフトの企画制作。(株)北前船は公演集団の運営。この北前船の役員と社員、会社員として給料をもらっているとのこと。その内は。。。佐渡での生活はできる。結婚しての生活もできる。研修生を卒業すると独身寮がある。市営住宅で子育て中。と現実的、夢のような生活ではなさそうです。

|

« 龍言 鼓童公演 ② | トップページ | 龍言 鼓童公演 ④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/38992653

この記事へのトラックバック一覧です: 龍言 鼓童公演 ③:

« 龍言 鼓童公演 ② | トップページ | 龍言 鼓童公演 ④ »