« 龍言 鼓童公演 ③ | トップページ | 2月の例会は »

2011年2月24日 (木)

龍言 鼓童公演 ④

60畳敷きの大広間での公演はホールでの公演とは一味違った響きです。
今回は質問形式でしたが、メンバーさんとの交流が持て有意義な時間となりました。
最後に話された生活のことの中で…
古い校舎で共同生活から始まった鬼太鼓座はちょっと社会主義的だったと。30年前に人間らしく生きたい!個を大切にしたい!個の責任は重くなるが頑張る!!とそこから鼓童が始まったようです。
鼓童村構想が動き出し、ゆっくりとしっかりと足跡を残し、変わらぬ鼓童であるために進化してきたことがうかがえました。

機関誌鼓童で坂本さんが万物に感じる心を大切に…と書かれていましたが、公演中の自己紹介で「趣ある宿と自然をみなさんも感じてほしい」とご自身のしっかり感じる心を伝えてくれました。

翌日の朝、6月は新発田でお待ちします。と見送りました。
Ryugon_028


|

« 龍言 鼓童公演 ③ | トップページ | 2月の例会は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/38993132

この記事へのトラックバック一覧です: 龍言 鼓童公演 ④:

« 龍言 鼓童公演 ③ | トップページ | 2月の例会は »