« 雪どけの春を待ち | トップページ | 龍言 鼓童公演 ① »

2011年2月21日 (月)

鼓童 30周年

昨日の新潟日報の社説です。
Syasethu


|

« 雪どけの春を待ち | トップページ | 龍言 鼓童公演 ① »

コメント

昨日の日報見て、びっくり!「社説」
まず、目に入ったのが、「揺らぐ中東」
ジャスミン革命の・・・ ん?

あれっ~、「鼓童30周年」
えっ?この二つの話題?社説って、新潟日報さん?・・・これもアリかあ。。。

個人的に染み入った説き。
「40年に及ぶ活動の意義を語るとき、舞台の魅力はその一部にすぎない。」
「地域性を通じて世界とつながっていこう姿勢こそ特筆すべきものだ。」
「変わらぬ」ことを大切にしながら進化し続ける「鼓童」の両輪だ。

そう、一見奥が深そうに見えながら(本当は、深い?)常に開けた存在、結局何でも受け入れてくれる懐の深さ!
判った?ようで、解からない。
一見、矛盾することが、実に見事に合理的に存在している。これは、やはり見事というしかない!

実に、的を得た?社説でした。お見事happy01

投稿: あきくん | 2011年2月22日 (火) 00時37分

あきくんさんの染み入り、たぶん同感!?
舞台と財団の持つ文化継承の活動を含めた全てが鼓童の魅力!!

変わる時代(次代)の中で変わらぬ進化を楽しみ、応援したいです。

投稿: mukki | 2011年2月23日 (水) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/38963635

この記事へのトラックバック一覧です: 鼓童 30周年:

« 雪どけの春を待ち | トップページ | 龍言 鼓童公演 ① »