« 6月の公演に向け | トップページ | 越後猿八座 »

2011年1月31日 (月)

もう一つの活動

昨年末、忘年会を兼ねた例会をした村杉温泉の環翠楼で人形浄瑠璃越後猿八座の公演が開催されることになりました。お世話になっている環翠楼さんのお手伝いをすることに。

4月10日の日曜日。演目は「信太妻」葛の葉子別れの段。
お話は・・・
和泉の国、信太の森近くに、ひっそり暮らす家族があった。夫、保名は野良へ出かけ、妻は七つになる童子を寝かしつけ、はたを織り始めるが、庭に咲き乱れる菊の花に見とれ、うっかりその本性を現わす。妻は以前保名が命を助けた狐の化身であった。夫と我が子への尽きぬ思いを一首の歌に残し、妻は信太の森へ帰って行く。-恋しくば尋ね来てみよ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉-後に童子は母の形見の霊力により、帝の病の原因をつきとめ、宮廷お抱えの陰陽師、安倍晴明となる。

お弁当+お風呂付きでの販売と聞きましたが、詳細は分かり次第お知らせします。

|

« 6月の公演に向け | トップページ | 越後猿八座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/38675169

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの活動:

« 6月の公演に向け | トップページ | 越後猿八座 »