« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

越後猿八座

越後猿八座を率いるのは、新潟市在住、三味線弾き語りの越後角太夫さんと、佐渡市在住、文弥人形の西橋八郎兵衛さんのお二人です。お二人とも、人形浄瑠璃「文楽座」の出身です。
角太夫さんは、旧巻町生まれ。文楽座を退座後故郷に帰り、義太夫節の指導、三味線弾語りの公演活動などを続けられています。
西橋さんは文楽人形遣い・吉田簑助に入門。文楽座を退座後に浄瑠璃の原点を求めて佐渡にわたり移住、文弥人形「大崎座」に入座。平成7年「猿八座」を旗揚げし、説経節の復活上演など、伝統人形芝居の継承と可能性を求める活動を続けられています。
越後猿八座は新潟市の普通の市民から人形の遣い手を募り、300年前の古浄瑠璃「弘知法印御伝記」復活上演のために結成されました。

文楽の人形は三人遣いですが、佐渡の文弥人形は江戸初期の古浄瑠璃系一人遣いを偲ばせる希少な人形芝居として、国の重要無形民俗文化財に指定されています。語り手の後継者不足により廃絶の危機に瀕している文弥節を存続させると同時に、人形浄瑠璃の可能性を拡げるために、お二人は互いに新潟と佐渡を往復し、文弥節を参考にした古浄瑠璃の復曲と、上演の試みを既に始めておられました。

私には縁がなかった文化ですが、これを機に触れてみたいと思います。
そういえば。。。昨年のECのフリンジに文弥人形の虫紋座が参加していました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

もう一つの活動

昨年末、忘年会を兼ねた例会をした村杉温泉の環翠楼で人形浄瑠璃越後猿八座の公演が開催されることになりました。お世話になっている環翠楼さんのお手伝いをすることに。

4月10日の日曜日。演目は「信太妻」葛の葉子別れの段。
お話は・・・
和泉の国、信太の森近くに、ひっそり暮らす家族があった。夫、保名は野良へ出かけ、妻は七つになる童子を寝かしつけ、はたを織り始めるが、庭に咲き乱れる菊の花に見とれ、うっかりその本性を現わす。妻は以前保名が命を助けた狐の化身であった。夫と我が子への尽きぬ思いを一首の歌に残し、妻は信太の森へ帰って行く。-恋しくば尋ね来てみよ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉-後に童子は母の形見の霊力により、帝の病の原因をつきとめ、宮廷お抱えの陰陽師、安倍晴明となる。

お弁当+お風呂付きでの販売と聞きましたが、詳細は分かり次第お知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

6月の公演に向け

例会の報告です。
協賛の依頼は厳しい現実…もう少しがんばることに。
5ヶ月前になり、ここからが実際のスタートといったところです。
今後のスケジュールの確認とチケット販売日と販売促進方法などの確認をしました。

来月の例会までには新発田仕様のポスターとチラシが完成。3月初めにはポスター貼りとチラシの配布。チケット販売は3月13日の響sato-oto 公演で先行実券販売を。鼓童先行予約は3月16日~23日に予定。一般販売は4月1日からとしました。ポシター・チラシに加え情報誌、ラジオ、新聞などのメディアからのアピール。DMの発送。
勿論このブログでも発信して行きます。

大まかな予定ですが雪どけの春を迎える頃には忙しくなってきそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

1月の例会は

毎日降り続ける雪の中で冬眠しておりました。
気が付けば例会が明日という日になっていました。
みなさん元気にしていますか?

今日は嬉しいニュースが入ってきましたね。
選抜高校野球大会に県内から佐渡高校と日本文理高校の二校が出場決定しました。21世紀枠で選ばれた佐渡高校は甲子園初出場!!!みんなで応援しましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

新しい年

あけましておめでとうございます。
鼓童結成30周年の年がいよいよ始まりです。
FMラジオ「J-WAVE」で40分間の鼓童特集放送!
ここからスタート!!30周年の思いが聴けると思います。

私たちの活動もこれからが本番!!!
6月26日の公演に向け、みなさまに沢山の思いを伝え会場に足を運んでもらえるよう飛び回りたいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »