« 8月例会。。。新発田EC | トップページ | スペシャルフリンジ cocon ① »

2010年8月23日 (月)

EC城山コンサート

3日間開催されたアース・セレブレーション。佐渡汽船の故障というアクシデントの為来客数は少なかったようです。

初日の鼓童の公演は観ていませんのでお友達情報です。叩くがテーマの打男の公演が柱となった力強い舞台だったとのこと。山を下るのもスムーズな程のお客さま数!?

中日はゲストのア・フィレッタと鼓童の公演です。5ヶ月前に主催したうぶすなの公演が柱となっていました。
ア・フィレッタの男性7人による多声音楽とのコラボです。装飾音で奏でられ紡がれる声は藤本容子さんの声と綺麗に響きます。。「愛しきひとへ」「いぶき」「地母神の舞」と新発田での舞台が思い出されました。演目の間に挿み込まれる彼らの声は優しく力強く、音として耳からだけでなく肌に身体に感じます。太鼓と同じ感覚です。個人的には自然と無理なく楽しめました。山を下るのに例年の混みは感じませんでした。

1日目と2日目は特別公演で地域限定だった舞台を感じてもらえるものだったと思います。

最終日「祝祭」は早い時間から色別カードが完了だったようです。
山はいっぱいのお客様で埋め尽くされていました。沢山の人の熱気が暑さを増します。
この日もコラボです。昨夜よりも元気な演目が。。。「floor」「BURNING」「云」「・・・」「・・・」あ~印象深いものしか思い出せません。太鼓と対等に歌ったり、鼓童男性メンバー達の唄と掛け合ったり、女性メンバー達の「褐」と掛け合ったり、今回最後の舞台となる齋藤菜月さんの舞も綺麗でした。砂畑好江さんと1対1の唄コラボもありました。盛りだくさんの演出です。最後の大太鼓は見留知弘さんでした。

最終日、終演後の深夜に今回初めて両津→新潟間のフェリーが運航することになっていました。私もその便で帰ってきました。私は泊組みですが、駐車料金精算で日帰りでの方が多かったのに驚きました。城山もいっぱいになったわけです。

|

« 8月例会。。。新発田EC | トップページ | スペシャルフリンジ cocon ① »

コメント

あれあれ・・・
あっという間に報告アップ!相変わらずの速さで!恐れ入りますm(_ _)m
6時台のローカルニュースでECと佐渡汽船?見ましたョ。菅野さんがでてました。今年の人出は、6300人だったそうです。例年比でやっぱ少ないの?お盆期のお客の不満が印象的だったのに比べてやはりECは、いい舞台のおかげ?なのか割とインタビューされてた方、皆様いい顔してましたョ。。。城山マジックか?
ポリフォニーは、楽器かあ。なるほど。私もその音の波を体で感じたかったなあ!
「打男」と「うぶすな」が見え隠れする中でのいろんなコラボ。。。なんとも贅沢な3日間だったわけだ。
でも、最終日の深夜フェリーの影響は、大きいと思いますが?日帰りできれば当然行く人増えるだろうし、もしかすると来年は、城山に入れないくらいの人、人。。。なんてことに・・・
それにしても、「ECとフェリー」共に佐渡には、なくてはならない大きな存在。佐渡市は、本日佐渡汽船に申し入れしたらしいが、県も含めてこの大きな存在二つをちゃんとコラボできるようにもっともっとうまく活用できないかと願うのは私だけかなあ?bleah

投稿: あきくん | 2010年8月23日 (月) 23時11分

え~!!!!!!斎藤菜月さんはこのECを最後に舞台を降りるんですか???
(@_@;)ガーン!!

投稿: マスオ☆彡 | 2010年8月23日 (月) 23時43分

マスオ☆彡 さん
ご存知でなかったですか??
公式サイトで掲載されてましたし、月刊鼓童にも書かれていたように記憶してます。

投稿: mukki | 2010年8月24日 (火) 01時21分

あら、私はインタビューされませんでしたよbleah
最終日は確かに混み合ってました。2800人程という声が聞こえてきましたが???やっぱり今年は若干少ないと思います。

最終フェリー改札の時、鼓童のスタッフの方3名が見送りに来てくださってました。私はこの船で一緒に帰るのかと思ってましたのに。。。
小木から夜道といえ1時間では無理?な距離、疲れて居られるだろうに「ありがとうございました」「気をつけてお帰りください」と声を掛けてくださいました。その気配りに驚きました。
「ECとフェリー」の最上級コラボ私も願います。

投稿: mukki | 2010年8月24日 (火) 01時53分

お久しぶりです。何か今年のアースは大変好評だったみたいですね。やっぱり、八千代座よりアースだったかな?いやいや、内子座楽屋の件があったから・・・。そうですか、打男やうぶすな的な演出もあったのですか?それも見たかったなぁ。ところで、八千代座では玉三郎さんとお話をさせていただく場を設けていただいて、いろいろアドバイスやら、ミニアマテラスのお話とかもさせていただいたのですが、玉三郎さんもアマテラスの演出にはご自身もかなり納得も自信もおありのようで、再演も可能ではあるとのことで、内子だけでは難しいので、新発田でも考えてみられませんか?費用はちょっとかかりそうですが・・・。

投稿: 内子町 林 | 2010年8月25日 (水) 12時01分

林さん こんにちは
八千代座の打男は素晴らしかったとECで聞きました。
はて、どなたから聞いたのか!?思い出せませんが。
玉三郎さんからアドバイスが頂けてよかったですね。
アマテラス再演を新発田で…なんと夢のようなお話!!

投稿: mukki | 2010年8月25日 (水) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/36316609

この記事へのトラックバック一覧です: EC城山コンサート:

« 8月例会。。。新発田EC | トップページ | スペシャルフリンジ cocon ① »