« おけさ華の乱 ③ | トップページ | ありがとうございました »

2010年4月20日 (火)

謎解き

「うぶすな」上越公演で紗のスクリーンが上がっていてどうしたの?
ちゃんと下まで降りていたそうなのです。
じゃぁ、私達みんなが見た不思議は。。。

犯人はいました。
あの高さまで持ち上げるパワーの持ち主は。。。
風だったのです!!!

途中上がったり下がったり見えたのも風の悪戯。
稀にある現象だそうです。
そんな特別の瞬間を体験したことも公演を振り返った時の思い出として残すことができます。

|

« おけさ華の乱 ③ | トップページ | ありがとうございました »

コメント

空調のいたずらで、あの一枚織りの重い緞帳もかなり動きます。
ですので、楽器や機材を置く位置には気をつけないと、緞帳でギロチンてことになりかねません。

そのせいばかりじゃないとは思いますが、緞帳が上がるときに一緒にピアノが持ち上がったとか、ウッドベースが持って行かれそうになった、なんて話を聞いたことがあります。

投稿: | 2010年4月21日 (水) 10時32分

舞台は生き物です。
いろいろなことや問題が起きる場所。
それを乗り越えていくのがプロ。
余計なことを感じさせないことが大切なんだけどねえ。

投稿: 大道具 | 2010年4月21日 (水) 10時54分

でも、それを見つけて考えているお客さんはもっとスゴイ!

投稿: 小道具 | 2010年4月21日 (水) 13時05分

名無しさん
わかりやすい解説ありがとうございます。

大道具さん
舞台の上にはとんでもない魔物が沢山いるとは。。。
みなさんの挌闘で支えられているのですね。

小道具さん
みなさんのご苦労には叶いません。

これからも素晴らしい舞台を楽しみにしています。

投稿: mukki | 2010年4月21日 (水) 21時30分

謎解きは解決?ですか?

少し疑問なのは、その風はどこから吹いてたんでしょうか?

カーテンが持ち上がるような風だと結構勢いが有りそうな気がしますが…

そんなものなんでしょうか?

投稿: ター坊 | 2010年4月22日 (木) 00時08分

舞台と客席はあの世とこの世。
そこの温度差でしょうか?

緞帳や幕の面積が広い分、ちょっとした空気の動きが大きい力になるのでしょうね。

何せ、あの世とこの世ですからねぇ・・・
ゆら~りゆら~りと動くのですよぉ~~~

投稿: | 2010年4月22日 (木) 08時32分

残念ながら、まだあの世に行った事がないのですが…

疑問解消!
ガッテン!
ガッテン!
ガッテン!

です。

ところで名無しさんは、あの世とこの世を行ったり来たり?

ゆら〜りゆら〜りされてるんですか?

投稿: ター坊 | 2010年4月22日 (木) 12時33分

あの世とこの世、じゃなくてこの夜かな。
落ちないようにしなきゃね。
でも、飲み過ぎるとこの夜から落ちちゃう。。。

投稿: 小道具 | 2010年4月22日 (木) 18時42分

あはは。
じゃあ「一寸先は闇」ってことですか。

投稿: みか | 2010年4月23日 (金) 21時02分

みかさん。
まさにそれっ!
舞台も明日も一寸先は闇。
だから、灯りを探して生きています。

投稿: 小道具 | 2010年4月23日 (金) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/34301126

この記事へのトラックバック一覧です: 謎解き:

« おけさ華の乱 ③ | トップページ | ありがとうございました »