« 公演まで あと4日 | トップページ | 公演まで あと2日 »

2010年3月17日 (水)

公演まで あと3日

今日は石川県は太鼓の里白山市での公演です。
主催は財団法人浅野太鼓文化研究所です。

鼓童の先駆け鬼太鼓座からの長い繋がりをもつ浅野太鼓さん。現在、佐渡太鼓体験交流館にある原木太鼓を造る時にもお世話になっていましたよね。先日、研究所理事長で楽器店専務の浅野昭利さん出演のテレビを見ました。
江戸時代から昨年で創業400年を迎えられました。材料となる原木の伐出し、玉切り、荒胴作り(胴抜き)、中彫り、漆塗り、歌口、皮は黒毛和牛を使い、なめし皮加工にはじまり裁断、仮張り、本張り、鋲止め仕上げ、販売までと全ての工程を手がける一貫生産体制を持つ和太鼓の老舗です。

外側からは見えない太鼓の中の削り方(模様)や歌口の角度や幅で響きが変わってくるのだそうです。それを手がける匠の職人さんはなんと平均年齢38歳!!4~5年はかかる業、全工程には10年とのこと。次代にきちんと繋がっているのでしょう。

もうひとつの取り組みに植林がありました。300年先にも欅で太鼓を作りたい!!熱い思いがありました。大きな太鼓を作るには数十年、百年と育った木が必要です。未来に繋げる営みが必要なのですね。
ここにも「うぶすな」がありました。

今夜は故郷に帰った太鼓たち、幸せをいっぱい響かせることでしょう。

|

« 公演まで あと4日 | トップページ | 公演まで あと2日 »

コメント

浅野さんといえば、新発田出身の太鼓職人さんのことが書かれていました。
「新潟県新発田市の桶職人であり、我が社の桶胴太鼓製作の師匠でもある金子辰司さんが・・・・」と下記の浅野昭利さんのブログに載っています。新発田の鯛の和菓子とあるんですが、知っている和菓子屋さんに聞いたら、型を見て、○○さんかなと仰っていましたが、この金子さん、どうも五十公野出身のようですね。知っている人がいたら教えてください。

ブログはこちら

http://www.asano.jp/akitoshi/2009/07/post-65.html

投稿: ubusuna | 2010年3月17日 (水) 09時07分

縁というのは不思議なものですね。
こんなに近いところに繋がる温かな物語。
心の深いところでの繋がり、大切にしたいと思いました。
桶太鼓の師匠、金子さんに会ってみたいです。

最近は見なくなった粉菓子。。。
ミヤさんから頂いた箱の中を見て嬉しかったです。
懐かしく美味しく頂きました。


投稿: mukki | 2010年3月17日 (水) 17時53分

金子さん、知ってますョ!
長年、桶職人されていて、ご健在ですが、今は80才をとうに越えています。

以前、広報新発田に太鼓作りで紹介されたそうですが、浅野太鼓の師匠だったとは、ビックリです!

40年以上前ですが、我が家の風呂桶など作って頂いたことを覚えています。

職人としての腕は素晴らしい方です。

僕が知ってる人であれば、何だか自慢したくなりますね!

投稿: ター坊 | 2010年3月17日 (水) 20時39分

さすが、お膝元、ター坊さま!でもすごい繋がりですね。
個人的には、その昔「鼓童12月公演」がまだ新宿シアターアプルでやってた頃、「太鼓シンポジウム」なるイベントがそのアプルで開催されパネラーとして登壇されていたのが浅野専務で、その時初めてお話を拝聴した記憶があります。鼓童から登壇していたのが、山口さんでした。他には、大学教授、音楽評論家の方々だったような?10年以上前ですから・・
その頃私は、東京勤務のシングルマン、喜んで?新宿歌舞伎町界隈へ繰り出していたような。。。(なんか昔の話ばっかりでスイマセンcoldsweats01

mukkiさんご紹介のTV番組私も見ました。
・くり貫いた木からもまた太鼓がつくれるのに驚き!
・ストックがあんなにあるのにもビックリ!
・なんと若い職人さんがつくっているのにもビックリ!
・日本で企業と呼ばれる中で6番目に古い!凄過ぎる!
でも一番驚いたのは、mukkiさんも言ってましたが、絶対人目に触れることのない太鼓の胴体の裏側にあれほどの「幾何学模様」が施されていて、全て手彫りだということ。凄い!
やはり太鼓も人間も「隠れたところが気になる」ってことで???(またまたスイマセ~ンcoldsweats01

いよいよ、新潟上陸かあ~!待ってましたョ!
太鼓の産土の地からパワーを携えた「たいこ達」どんな響きを持ち込んでくれるのか今からワクワクです。

投稿: あきくん | 2010年3月17日 (水) 22時18分

>ター坊さん
贅沢な風呂桶をお使いだったのですね。
叩いたらきっといい音しただろうなぁ

>あきくん
マニアな番組をご覧ですね。(自分もだけど…)
いつもナイスなお助けありがとうございます。
浅野専務さん優しい語りでわかり易いお話でした。
マトリョーシカのように次々と小さいサイズの太鼓ができること、木の締まりを待つ為の倉庫。私もビックリでした。

内子、摂津、白山と各地のエネルギーをたっぷり繋げての舞台。。。もう想像できません。

投稿: mukki | 2010年3月18日 (木) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/33768965

この記事へのトラックバック一覧です: 公演まで あと3日:

« 公演まで あと4日 | トップページ | 公演まで あと2日 »