« 繋がる「うぶすな」 | トップページ | 会場準備 »

2010年3月21日 (日)

新発田「うぶすな」至福の舞台

当日は薄日が雲に隠れてしまいましたが、暖かでコートも要らぬほど。
駐車場からの移動も心配なしです。
心配したお客さまも目標達成です。当日販売の電話も数本、会館やチケット担当にありました。実行委員会の種蒔きが実ったのか、18・19日の鼓童生演奏のお陰でしょうか、とにかく嬉しいです。感謝です。

静の演目から始まり、心地好いリズムに酔い、だんだんと高まる心と身体で大太鼓を迎えます。藤本さんは会場の空気と実行委員会の心を感じたのか、早い盛り上がりです。それに答える会場のお客さま、またそれに答える藤本さん。重なる高揚がどれ位続いたのでしょう。会場はもう割れんばかりの拍手の渦です。そこはもう銀河!!それに続くみのりうたでは竹席の子供たちが踊り初めています。そしてアンコールの時にはみんなが一体となった幸せの中に居ました。

「ブラボー~」「最高!!!」「日本一」と声が飛び交う中、幕が下りました。

お帰りのお客さまのお顔からは大きな感動と満足の笑みをもらいました。溢れる思いから涙で潤む目もとの方々も多く、口々に「感動したよ」「ありがとう」の言葉をいただきました。
踊っていた子供たちでしょうか、びっしょりの汗を飛ばし、息を弾ませて「よかった~」と走り去りました。
この子達のこの感動が次代を担って行く「うぶすな」に繋がっていって欲しいと願いました。

沢山の「ありがとう」をもらいその心に「ありがとう」と返す。
特別な公演をみなさんに届けられましたたことを嬉しく思います。

1search拡大

|

« 繋がる「うぶすな」 | トップページ | 会場準備 »

コメント

拍手と笑顔と感動の言葉。
苦労が報われた瞬間でした。
ああ、良かったっー!

投稿: チケット担当 | 2010年3月22日 (月) 09時37分

チケット担当さん
ホント良かったです。
お誘いしたお客さまが「今回は凄くよかたよ。会場が一体となって包まれている感じ。最高だったよ。」と電話をもらいました。あの空間にいたみんなが感じていたのですよね。

投稿: mukki | 2010年3月22日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/33872843

この記事へのトラックバック一覧です: 新発田「うぶすな」至福の舞台:

« 繋がる「うぶすな」 | トップページ | 会場準備 »