« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

各地のようす教えてください

鼓童のみなさんお疲れさまでした。
足を運んでくださいましたお客さまありがとうございました。
鼓童「うぶすな」公演、再公演の幕が全て閉じました。

新発田公演を中心に活動したところの情報や思いを発信してきました。
お陰さまで多くのみなさまから応援をいただき、ありがとうございました。
各地でこの舞台をご覧になったみなさまの感動や批評、公演の様子など、お聞かせいただけたら嬉しいです。
コメント入力お待ちしています。今後の活動に役立てたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

鼓童「うぶすな」公演千秋楽

一ヶ月の間各地で公演された特別公演も今夜の舞台で最後の幕を下ろします。
ここでみなさんにお薦めする「うぶすな」の舞台も最後です。

本日30日 国立劇場 大劇場
18:00会場 18:30開演です。

もう後はありません。お見逃しなく。
最高の舞台が待っていることと思います。
どうぞご一緒に至福の舞台を創りり上げてください。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

国立劇場の夢

いよいよ鼓童「うぶすな」公演も明日の30日に楽日を迎えます。
この国立劇場にも特別な熱い思いがありました。

鼓童設立から来年30年という長い歩みの中、またその先駆けである鬼太鼓座の時代と国立劇場での公演はありました。(国立劇場の貴重な資料、文化デジタルライブラリーを予約すれば視聴できる。とのこと)
両者とも『日本の太鼓』民俗芸能公演としての出演です。

鼓童として単独の興行をしたいという思い。鼓童としてまだ舞台に上がっていない千絵子さんと容子さんと一緒に国立劇場の舞台に立ちたい、立たせたいと願う演出者の夢がありました。

繰り返し継続してきた魂の営みの道標である「うぶすな」
鼓童結成当初から今日までの長い時間の中で培われた業を存分に魅せてくれる舞台。五人の持つ、熱い思いを随処に感じる舞台。国立劇場に残す足跡としてピッタリな舞台だと思います。

次世代を担うメンバーとともに、万物を寿ぐ舞台が大きな至福に包まれますように願います。開き始めた桜も祝福の中で満開になることでしょう。
新しい芽吹きを迎える季節は「うぶすな」の新しい時代へ繋がる始まりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

舞い降りる「うぶすな」

「うぶすな」公演後半に入り北上、上越と白い産土様が天から降りてきました。
このブログを始めた頃に突然と白い世界にした今季の白い産土様を思い出しました。
もう春がそこまで来ているのに、この時期までこんなに白い世界にしちゃうんだ。
なごり雪にしては。。。
と思いながら帰ってきた昨夜です。

167

真っ白なこころで最後の地に向いなさい。といっているかのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新発田「うぶすな」に感謝

手前味噌になりますが、新発田の今回の舞台は忘れられない宝ものです。

昨夜は。。。
会場の大きさや、造りとも影響があるのでしょうか?
私のモチベーションの違いか?
一緒に盛り上がりたいと思い、盛り上がってはみましたが。。。
会場の一体感が薄い感じなのです。

何か熱いものが足りない感じは私だけかなぁ。
お客さまとの距離がないことの難しさをしりました。
新発田での感覚を忘れていない自分がいて、あの渦の中での感動を体験できたことをあらためて感謝します。

ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

上越公演は

あら?あれ?こんなだったかしらとお隣に声を出して聞くこともできず。
えっ、覗いて見るの?でも、おかしいでしょ!?
鼓童三番の紗のスクリーンが下りずに3,40cm上がった状態で始まりました。
演出じゃないでしょ!?手違い?機会の故障?と公演後話題になりました。

たんたんと演目が流れていったように感じます。
オロロピンネーまでの時間も早く感じました。どうしてかな?
初めてじゃないから??ほかに???
千絵子さんの花八丈はやっぱりファンがいらっしゃる。途中拍手の盛り上がり…
栄一さんの燻しはいい味でてます。
山口さんのうらら~も聞き逃しませんでした。
藤本さんの大太鼓は健在です。今日もエネルギーたっぷり。
屋台囃子は若手のパワーをいただきました。
今日も素晴らしい舞台でした。

ありがとうございました。
残るあと1公演。がんばってくださ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

今日は上越公演です

3月7日から始まり今回は7公演。残すところ、あと2公演となりました。鼓童と関わりの深い各地でそれぞれの思いを込めた公演は、それぞれのお客さまと寿福を祝い喜びあえたことでしょう。

鼓童村は海を渡って佐渡島の小木に位置します。その小木は佐渡島の南の玄関である港があります。その対岸に位置するのが直江津港を持つ上越です。友好港湾都市提携を結んでいます。
毎年8月に開催される地球祝祭EARTH CELEBRATION(EC)は小木港のすぐ脇で行われます。上越と小木を結ぶ航路を使い、国際色豊かな大勢のお客さまがその祭典に集います。相互の親睦を深める為に上越市からの使者もいらしてます。ここではまた「うぶすな」公演と違った「うぶすな」を体験できることでしょう。

友好で繋がる上越での公演も熱い思いで至福の舞台となることでしょう。
新発田で見逃した方、まだ間に合います。
新発田の感動をもう一度と言う方、迷わずに行きましょう。
会場 上越文化会館  開演 18:00です。
もう2公演、ここを逃すと後は東京になります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

次の「うぶすな」へ

深夜まで打ち上げにお付き合いいただいた鼓童のみなさん。
ありがとうございました。楽しい時間でした。
睡眠時間少なかったんじゃないかしら!?

黄砂が凄く、強風の朝でした。
翌日の北上での公演の為、夕刻には仕込みをしたいとホテルを9:00出発です。ツアーバスとトラック2台の移動です。

さあ、早く乗って~
126


誰か来てないかな?
130


吉利さんたちは??
136


青木さん 最後まで委員長に。。。
139

気を付けていってらっしゃ~い。
この後、鼓童スタッフさんから委員会の取材を受けました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

うぶすな

特別公演、今回のパンフレットからの紹介です。
毎回綴られた『たたく』の詩、今回は『うぶすな』です。
千絵子さんのイメージを膨らませ、舞台の力になったとのこと。
K子さん、ありがとうございました。

07search拡大


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

打ち上げ⑤

二次会(つづき)は別室で。。。
ここでは真面目に反省会!?感動伝達会!?
残ったメンバーさんは藤本さん、栄一さん、盛悟さん??
こちらは委員長を含め10人位だったかな???

みんなで栄一さんの演目を支えた太鼓に大きな拍手。
地味な脇役の存在に見えるけど、凄くよかった、燻し銀の輝きよ!!
栄一さんは、まだまだ熟れないわ。いつか燻し銀に輝けるかしらと謙遜…

Dscf0723

リハーサルどおり深夜2時。
藤本さんと委員長の熱い握手でおしまいです。おやすみなさい。

Dscf0725

| | コメント (15) | トラックバック (0)

打ち上げ④

それぞれが美味しいお酒に酔い、楽しい話に花を咲かせ。。。
サプライズなお客さまを迎え、『花嫁人形』を唄ってもらいました。
藤本さんが勝さんと剛史さんを率いて長持ち唄を…
只今手解き中で、外れる剛史さんの唄がまた楽しかったです。

もうひとつのサプライズ。。。
還暦を迎えた藤本さんと委員会のミヤさんのお祝い。
トキちゃんの作った新ユニホームの半纏+頭巾姿のお二人は嬉しそうです。それ以上にトキちゃんが感激してましたね。
盛悟さんがお祝いの唄を唄ってくださり、盛り上がりました。

ミヤさんからありがとうの言葉に添え、嬉しい報告がありました。
公演を楽しんだ汗びっしょりのお子さん。お亡くなりになった先輩実行委員会メンバーの曾孫さんで小さい頃から太鼓のCDを聞き、今は地域の大太鼓を叩いているそうです。その彼が、凄く感動してくれたことでこれからの先に繋がってほしいと願いました。いつかは鼓童の舞台に???

藤本さんと容子さんから木遣りのプレゼントをもらい。
来年30周年の公演を新発田でと約束を交わし!?
三本締めでお開きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

打ち上げ③

別室で盛り上がってました。
人数入りきれず別れてしまいました。残念weep
委員会のあっちゃんが藤本さんの体年齢が見たい!と測定計を持参。
071


077


085


| | コメント (2) | トラックバック (0)

打ち上げ②

やはりご挨拶はかかせません。
034


045

乾杯の音頭は苫小牧実行委員会からのお客さま
048


| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ち上げ①

場所は『すきやきの八木』 でも。。。しゃぶしゃぶ

鼓童メンバーさんが来るのを待つ間に乾杯の練習!!
席はくじです。みんなが集まり始め、席に着いて。。。あららeye
どこまでもめがね。映っていませんが、隣は栄一さん
032


| | コメント (2) | トラックバック (0)

公演~お見送り

先に報告のとおり至福の舞台でした。
これは公演する者鼓童と主催する者実行委員会とそれを受け止める者お客さまの三者で創られたエネルギーの織り成す空間でした。心の繋がり、「うぶすな」の繋がりを深く感じました。

およそ2時間弱の公演が終わり際、急ぎ持ち場に戻りました。
駐車場スタッフは自動車の誘導に。
会場スタッフはお客さまの誘導の後場内の清掃。
受付スタッフはアンケート回収の呼びかけの後ロビーの片付け。
(それぞれの場所で「ありがとうございました」とお客様に感謝を込めて…)

搬出の手伝いをして。。。美味しいお酒を呑みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

各担当最終打ち合わせ~お客さまお迎え

リハーサル後、鼓童のみなさんはまだまだ太鼓とお話中。
委員会は担当別に分かれての最終確認。

17:00 駐車場スタッフは各持ち場での案内と誘導と整理です。
      ぽつり、ぽつりとお客さまがお見えです。
17:45 音止め…太鼓の音も止まりました。
      ロビーに多くのお客さまが集まり始めました。
      会場スタッフはお客さまの誘導の為持ち場に付きます。
      受付スタッフは事故無く開場していただく為お客さまに整列
      していただくよう呼びかけます。
18:00 いよいよ開場です。
      チケットのもぎりとパンフレットの渡し。
         (いらしてくださり、ありがとうの心を込めて…)
      席までの案内と場内の整理。
         (足元気をつけて、楽しんでくださいの心を込めて…)
18:25 駐車場スタッフが引き上げ。
      受付スタッフは公演後のアンケート用のスペース作り。
      会場スタッフは送れて来る方々の為に出入り口で待機です。
18:30 駆け込みのお客さまが席に着かれるのを待ってのスタートで
      した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハーサル

15:00~16:00 プログラムにそって音の確認と動きの確認作業です。
舞台や会場の造りに応じて一番良い音を届けてくれるのですね。
会場側の演出青木さんと舞台上のメンバーさんの真剣なやり取りを見せて貰いました。本番前の緊張感が伝わってきます。

アンコールでの屋台リハの最後はおあずけ。。。
「本番をお楽しみに~」ちょっと空気が和みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顔合わせ

15:00からのリハーサル前に鼓童のみなさんと委員会のみんなと顔あわせ。
演出の青木さんと実行委員長からのあいさつの交換です。
012


013_2

苫小牧実行委員会からのお客さまからもメッセージをもらいました。
020_2

新発田には初の吉井さんと草さんからもあいさつがありました。
023

※ブレブレの写真でごめんなさい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

自己紹介と打ち合わせ

14:00集まった委員会メンバーのみで顔合わせです。
持ち場の確認やパンフレットにアンケート用紙の挟み込み等の作業をしました。

008search拡大

物品販売コーナーを準備中の充さんにも参加してもらいました。
初マネージャーは確認!確認!!確認!!!と頑張って居られました。
009search拡大

| | コメント (4) | トラックバック (0)

みやむら食堂

食い処で釣り師さんからお薦めのあった新発田名物?のもつラーメンnoodle
昼食を交代で食べにいきました。山盛りの具!!
もつがやわらかく、思っていたよりしつこくなく、旨かったです。
同じ料金で大盛りもお願いできます。

Photosearch拡大
ちょっと食べてしまってます…


| | コメント (3) | トラックバック (0)

会場準備

9:00からの搬入。委員会メンバーもお手伝いに入りました。
その後、仕込みや照明作業をされていました。
こちらは当日券販売やポスター貼りなどの準備です。

006search拡大


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

新発田「うぶすな」至福の舞台

当日は薄日が雲に隠れてしまいましたが、暖かでコートも要らぬほど。
駐車場からの移動も心配なしです。
心配したお客さまも目標達成です。当日販売の電話も数本、会館やチケット担当にありました。実行委員会の種蒔きが実ったのか、18・19日の鼓童生演奏のお陰でしょうか、とにかく嬉しいです。感謝です。

静の演目から始まり、心地好いリズムに酔い、だんだんと高まる心と身体で大太鼓を迎えます。藤本さんは会場の空気と実行委員会の心を感じたのか、早い盛り上がりです。それに答える会場のお客さま、またそれに答える藤本さん。重なる高揚がどれ位続いたのでしょう。会場はもう割れんばかりの拍手の渦です。そこはもう銀河!!それに続くみのりうたでは竹席の子供たちが踊り初めています。そしてアンコールの時にはみんなが一体となった幸せの中に居ました。

「ブラボー~」「最高!!!」「日本一」と声が飛び交う中、幕が下りました。

お帰りのお客さまのお顔からは大きな感動と満足の笑みをもらいました。溢れる思いから涙で潤む目もとの方々も多く、口々に「感動したよ」「ありがとう」の言葉をいただきました。
踊っていた子供たちでしょうか、びっしょりの汗を飛ばし、息を弾ませて「よかった~」と走り去りました。
この子達のこの感動が次代を担って行く「うぶすな」に繋がっていって欲しいと願いました。

沢山の「ありがとう」をもらいその心に「ありがとう」と返す。
特別な公演をみなさんに届けられましたたことを嬉しく思います。

1search拡大

| | コメント (2) | トラックバック (0)

繋がる「うぶすな」

太鼓の里から大きなパワーを繋げてきた「うぶすな」
昨日の新発田実行委員会の思いを詰めて、今朝折り返しの公演地岩手は北上に向いました。北上は鬼剣舞の故郷。

藤本吉利
1972年「佐渡の國鬼太鼓座」に入座、1981年「鼓童」創設に参加し、以来35年間、太鼓奏者として数々の舞台に立ち、大太鼓や屋台囃子といった舞台のクライマックスを飾る。また、鬼太鼓座当時より岩崎鬼剣舞に学び、長年に渡る交流の末、1998年に岩崎鬼剣舞庭元より「印可之証」を授かる。2007年より岩崎伝佐渡鬼剣舞庭元として活動を開始した。(鼓童HP ・ECより)

伝統芸能の踊組を作ることを正式に認めてもらった地に感謝を持って伺いたい。と聞きました。
明日はまた、その思いがプラスされた舞台となることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました

無事公演を終わることができました。
公演にあたり、ご協力いただきました協賛さまはじめ様々な関係のみなさまありがとうございました。

この「うぶすな」を制作・出演された鼓童のみなさま、チケットをお買い上げいただき足を運んでくださいましたお客さま、そして私たち実行委員会の全てが詰まった舞台は大きな至福の中にありました。

みなさまからいただいたパワーと感動で公演は大成功です。
感謝申し上げます。ありがとうございました。

追って報告させていただきます。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

公演当日になりました!!

待ちに待った公演の日がやってきました。
今晩18:00会場  18:30開演です。

お車のお客様が多いかと思われます。
駐車場で込み合うことが考えられますので時間の余裕をみてお越しいただきたくお願いいたします。

舞台は途中休憩のない1時間40~50分の舞台です。
開演前の用足しをお忘れなく。

では、会場でみなさまのお越しをお待ちしております。
お気を付けてお越しくださいませ。

鼓童の匠たちの響きを身体で感じてください。
会場いっぱいが祝福で満ちあふれる時間でありますように。。。
みなさまが「うぶすな」のこころでつつまれますように。。。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

ベルギー帰りの吉井さんを捕まえました

今回、初「うぶすな」舞台の盛悟さん。パワーをもらってきました。
「うぶすな」楽しんでいます。。。
先輩のみなさんによくしてもらっています。(耳元で囁くY氏…)
3_3search拡大


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふれ太鼓

時間はおよそ15分。『はやて』途中山口さんのMCを挿み『屋台囃子』の2曲の披露
5search拡大


6search拡大

最後は委員会メンバーも一緒に明日の公演のアピールです。
7search拡大


| | コメント (9) | トラックバック (0)

こちらも準備中

新ユニホームを羽織。。。チビッ子も助っ人に。。。
チラシを配りお客さまに情報発信!!!「もうすぐ、太鼓が始まるよ~」
4search拡大


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふれ太鼓準備中

さて、セントラルコートに到着の若手メンバーさん6名+うぶすな1名
太鼓の準備と打ち合わせです。
1search拡大

メンバーのみなさんどなたかワカリマス??
ちょっとブレてますが…(ごめんなさい)
2search拡大

さて演目は!?たぶん。。。
3search拡大

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お得なお知らせ

明日の公演会場では9:00~当日券の販売をします。
当日券は500円増しになります。が、前売り代金での販売もします。
下記の合言葉を忘れずにお越しください。

本日の
『イオン新発田ショッピングセンター「ふれ太鼓」を観た!!』
または、この
『実行委員会ブログを見た!!』

チケット販売受付にてお待ちしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

公演前日になりました~

いよいよです。鼓童のみなさんを新発田にお迎えしました。
さて、今日の夕方は。。。
世界の鼓童がイオン新発田ショッピングセンターにやってくる!!
時間:17:15~   場所:1F セントラルコート

「ふれ太鼓」何を演奏してくれるのかなぁ~
ビックリする人たちの顔が目に浮かびます。
私たち委員会メンバーは新ユニホームでみなさまをお迎えします。

今晩のお買い物は新発田まで足を延ばして来てください。
感動をもらったら翌日の公演にもお越しください。
もっと、幸せになれること間違いなしですよ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

KODO IN TeNY

今日の夕方の放送は。。。
いつもは伝言板の時間帯でしたね。
齊藤栄一さん、新井武志さん、辻勝さん、阿部研三さんの4名のメンバーさん生出演。『はやて』の生演奏からはじまり、インタビューのバックでは上越公演のCMが流れ、『いぶき』が流れました。

栄一さんからの「うぶすな」は。。。
生まれた土地、その土地の神様の意味があり、言い換えれば人の営み、脈々と受け継がれてきた命や想い、喜びや悲しみ、いろんなものが含まれています。と解説がありました。続いて楽器の紹介をすこし…栄一さんの桶胴太鼓と新井さんのジョンガラ。今回の公演には10種類以上の太鼓を持って来ています。とのこと。

新発田公演と上越公演の紹介があり。。。

栄一さんからのメッセージ
来年は30周年を迎えます。
今回は創設時の5人のメンバーがメインの舞台です。今後はこの5人がメインの舞台はもう無いかもしれません。お見逃しなく。

アナウンサーの方も行かなきゃソンですね!!足を運んでもらいましょう。とおすすめしてくださいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

公演まで あと2日

いよいよカウントダウンも大詰めに入ってきました。
鼓童のみなさんも本日夕方には新潟入りです。

こちらに到着すると、TeNYのテレビ生出演でのPR!!
どなたが、どんなかたちでみなさまをお誘いしてくれるのかしら??

お見逃しなく~  時間は16:30分頃とのことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

公演まで あと3日

今日は石川県は太鼓の里白山市での公演です。
主催は財団法人浅野太鼓文化研究所です。

鼓童の先駆け鬼太鼓座からの長い繋がりをもつ浅野太鼓さん。現在、佐渡太鼓体験交流館にある原木太鼓を造る時にもお世話になっていましたよね。先日、研究所理事長で楽器店専務の浅野昭利さん出演のテレビを見ました。
江戸時代から昨年で創業400年を迎えられました。材料となる原木の伐出し、玉切り、荒胴作り(胴抜き)、中彫り、漆塗り、歌口、皮は黒毛和牛を使い、なめし皮加工にはじまり裁断、仮張り、本張り、鋲止め仕上げ、販売までと全ての工程を手がける一貫生産体制を持つ和太鼓の老舗です。

外側からは見えない太鼓の中の削り方(模様)や歌口の角度や幅で響きが変わってくるのだそうです。それを手がける匠の職人さんはなんと平均年齢38歳!!4~5年はかかる業、全工程には10年とのこと。次代にきちんと繋がっているのでしょう。

もうひとつの取り組みに植林がありました。300年先にも欅で太鼓を作りたい!!熱い思いがありました。大きな太鼓を作るには数十年、百年と育った木が必要です。未来に繋げる営みが必要なのですね。
ここにも「うぶすな」がありました。

今夜は故郷に帰った太鼓たち、幸せをいっぱい響かせることでしょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

公演まで あと4日

舞台の「うぶすな」に繋がる心、鼓童の根っこ「うぶすな」を見つけました。
05_2search拡大


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

公演まで あと5日

一日々と近づく思いは、遠足や運動会を待ちわびた幼い頃のようです。
ワクワク。ドキドキ。

実行委員会の「うぶすな」を見つけました。
語り伝えられたことが、活字からだとまた違った想いが伝わってきます。
04search拡大


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

会場のアクセス

新発田市民文化会館までのご案内

※所在地/〒957-0053
      新発田市中央町4丁目11番7号
      0254-26-1576 
 
※JR線をご利用の方
      新潟駅より白新線で新発田駅下車  
      駅より約1.2㎞ 徒歩12分     

※お車ご利用の方
      関越・北陸自動車⇒日本海沿岸東北自動車道⇒新発田I.C
      磐越自動車道⇒安田I.C⇒国道290号⇒新発田市街
      新新バイパス⇒新発田市街
   駐車場は
      市民会館・市役所前・県立病院跡となります。
      係りの者が誘導しております。

地図はこちらから
   蕗谷虹児記念館の所

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新発田駅前お薦めお食事処

駅を降りて直ぐ前は お食事処 ながしま
駅を背にして右に折れて 本田屋食堂(お刺身は旨い!でもギョーザ!!)
駅前の道を直進、第四銀行のある中央交差点から三つ目の信号あたりはお店が豊富

でも。。。15:00~17:00頃まではお休みのところが多いです。
ランチ時間は大丈夫ですが、公演前にとなるとゆっくりできないかなぁ。

委員会の釣り師さんからの情報です。
noodle当日の新発田のオススメの名所としてはやはり「みやむら食堂」のモツラーメンでしょう。醤油もおいしいけど私は味噌がすき!野菜もたっぷりだし。
お昼でも、公演前でもいいですね。
鼓童のプレイヤーもファンが多いですよ!
新発田文化会館から道なりに県道を紫雲寺(国道7号)方面に向かうと右側にあります。車で5分くらいかな。近いですよ。

どうど、お試しください。

※下記コメントをみてくださ。あきくんからお薦めお土産情報が届いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新発田観光情報

ちょっと早めのお出掛けで市内の探索はいかがですか!?

公演のある新発田市民文化会館の隣接に
※蕗谷虹児記念館(花嫁人形の作者。絵や遺品は昭和モダンの世界へ…)
    9:00~17:00 入場料 ¥500

新発田市民文化会館の近く
※新発田カトリック教会(祭壇天井部の杉丸太の小屋組と和紙のステンドグラス)
    土・日の見学可 事前連絡が必要 0254-22-2046

新発田駅前周辺
※諏訪神社(安土桃山時代に建設、平成17年に復元)
※市島酒造(「王紋」の酒造元。200年余りの歴史と道具の収蔵品など…)
    9:00~16:00 見学可 事前連絡が必要
    0254-22-2350      
    御茶処 有 11:00~16:00 14:00までランチ可
※清水園(溝口家の下屋敷として造られた庭園)
    9:00~16:30 入園料 ¥700
※足軽長屋(足軽が居住した茅葺平屋建の八軒長屋)
    清水園との共通チケットで見学

新発田駅より約2.2㎞
※新発田城(別名「あやめ城」。平成18年に日本100名城に選定された)
    12月~3月は表門の中へは入れないが、外観の見学は可能。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

公演まで あと6日

さて、今日はホワイトデー!!!
バレンタインのお返しに「うぶすな」のチケットをお薦めしました。
みなさん用意はされましたか?
おっと、忘れてた~という人は目録を渡して今すぐチケットの手配です。
今ならまだ松席がわずかに残っています。
手を繋いで観るなら竹席がお薦めです。

受付専用ダイヤル: 090-7226-8458 (9:00~20:00) 
              鼓童 IN SHIBATA 実行委員会 

※本日より受付のチケットは郵送でお手元にお届けできないと困りますので、公演当日受付にてのお渡しとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

最後の例会

今日は当日のスケジュールの打ち合わせ。
Photosearch拡大

委員長からは懐かしい昔ばなし。。。鼓童との繋がりなど熱いメッセージがあり、「うぶすな」公演を迎える心意気をみんなで膨らませました。
19日の「ふれ太鼓」の時のアピールのことも話し合いました。
Photo_2search拡大

トキちゃん制作の新ユニホーム半纏も素敵に出来上がりみなさんを迎える準備は万全です。男性と女性でちょっと仕上げが違います。さて、ど~こだ。来て見てね。
トキちゃんお疲れさまでした。

その後男性軍は打ち上げの予約?リハーサルに。。。
また、熱く語っているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公演まで あと7日

いよいよ公演まで1週間となりました。
今日は大阪府は摂津市での公演ですね。
昨年秋には大阪市での公演がありました。きっと、昨年の舞台を観てのリピーターのお客様が一番多い会場ではないでしょうか!?昨年と今季二つの「うぶすな」を体験できるなんて羨ましいです。
今日の舞台も素晴らしい舞台でありますように。。。


こちら新発田では摂津市公演の時間に例会があります。
みなさまをお迎えする準備にかかります。さて、プログラムは???

昨夜のあきくんのことばをそのまま
最終例会です。気持ちを高めて「いざ!出陣!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

西瀬戸 地元ケーブルテレビで。。。

今季の鼓童「うぶすな」初日、内子座公演。
主催である内子座実行委員会さんと鼓童との絆が紹介されています。

鼓童を育む「うぶすな」がここにもあります。

ケーブルテレビはこちらから

3月11日放送のところです。是非ご覧下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

公演まで あと8日

昨日は会館と打ち合わせを済ませた。と委員長から報告がありました。
もうひとつの報告は新発田特別のプログラムのゲラがあがったとのこと。

演目のプログラムではなく、実行委員会の心で鼓童を紹介するものです。
委員会のエピソード、交流学校公演が地域に来た時のこと、ワークショップのこと、ECのこと、等々その回により様々な話題と協賛のみなさまの広告で豪華写真入り14ページ?くらいのものです。
毎回変わらずにあるのは、実行委員会からのあいさつと鼓童からのメッセージ、そして委員会のK子さんの詩「たたく」です。

一番最近のものは新発田10回記念公演の時で、10回公演までの歩みが紹介されています。さて、今回はどんな仕上がりなのでしょう!?
楽しみです。

こんなカウントダウンも。。。
地デジ完全移行まで500日!!が昨日だったから
今日は499日か。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

カウントダウン あと9日

今季の白いうぶすなさまは神出鬼没!!
「うぶすな」の太鼓が天に届いたのでしょうか?
昨日、一昨日と舞い降りて、その量もビックリです。

四国、高知では桜が開花したとのこと。
「うぶすな」の公演が春を運んで来てくれます。
新発田公演の日はもう少し暖かくなっていますように。。。
遠方からのお客様もいらっしゃるので、お天気良いといいなぁ。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

3月10日

今日は佐渡の日だそうです。
佐渡の日キャンペーンが開催されています。
2月末~3月末の土曜、日曜のお泊り一泊朝食付き¥3300です。
船もレンタカーも特典割引があり、とっても格安です。

お花の季節、春のお祭り鬼太鼓の季節には早いですが、鼓童村と隣接の佐渡太鼓体験交流館を訪ねてはどうでしょうか。太鼓体験交流館ではメンバーが手がけた原木太鼓と鼓童設立時のメンバーであるしんちゃんせんせいが出迎えてくれます。

鼓童の生まれ育った地で太鼓を叩く、これも「うぶすな」ですよね。

佐渡の日に悲しいことも。。。
今朝、放鳥訓練中のトキ8羽が死んでいたそうです。
イタチ?テン?にやられたらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつけば。。。あと10日

多くのみなさんに鼓童「うぶすな」公演のお薦めをしています。
いよいよ、来週末は公演です!!

そちらの準備もしなけらば。。。
明日11日には、委員長とミヤさんが会館との打ち合わせに行く予定です。今週末13日は例会です。きっとこれが最後の例会。
役割分担や、みなさまをお迎えする為の熱い思いを膨らませます。

あとは。。。
満席の状態で公演をしたい。多くのみなさんに鼓童「うぶすな」の幸せを伝えたい。で。。。チケット売り込め~と檄が飛ぶんだろうなぁ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

太鼓打ちにお薦め!!

鼓童元プレイヤー、只今スタッフでメンバーのフィジカルケア・体調管理等もされている松浦充長さん。今回は「うぶすな」で初マネジャー(サブ)で緊張!とご自身のブログに書かれていました。

「太鼓打ちにはぜひ見ていただきたい公演です!」と充さんもお薦め。

また、「うぶすな」公演会場では締太鼓バチが販売されます。
このバチは。。。
大量生産じゃないバチ。職人さんが手仕上げのバチ。鼓童の演奏者が使用しているバチ。最後の鼓童焼き印入れは充さんが夜遅くまで、使う方の上達を願い、一つ一つ入れられたものです。

心のこもった特別こだわりのバチも太鼓打ちにはお薦めです。

さあ、「うぶすな」を観て会場のバチを手にしてみましょう。
チケットがまだの方、手配はお早めに!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

「ふれ太鼓」

内子座の公演も主催は実行委員会のみなさんです。お疲れさまでした。
趣ある舞台と委員会のみなさんの心で公演は盛り上がったことでしょう。
KODO Weblog に前日の「ご挨拶公演」の記事がありましたね。
内子座は公演前に「ふれ太鼓」もあるようです。
内子座のエネルギーをもらい繋ぎます。

新発田では。。。公演前日の「ふれ太鼓」です。
イオン新発田ショッピングセンターのイベント情報に紹介されています。
世界の鼓童がイオン新発田ショッピングセンターにやってくる!!と
日程:3月19日(金)
時間:17:15~
場所:1F セントラルコート

どうぞ、時間の都合が付く方はお立ち寄りください。
「うぶすな」公演のPRを兼て、熱い思いを伝えてくれます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

委員会からアピール

3月に入り、公演が近づいてきました。
情報が届いていないところがあるかもしれない???
5日に新聞広告を入れました。

まだ、知らなかったみなさま、迷っているみなさまを
お誘いできたらいいなあと思います。
多くのみなさんと幸せを喜びあいたいです。

03search拡大


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

繋がる「うぶすな」

「うぶすな」は次代を担うメンバーたちとともにいき還らせ、続けてきたもののエネルギーの世界です。

十二月公演やECで佐渡に渡ると、研修生のみなさんに出会います。
もちろん、今回も研修生の姿はありました。
この公演後の舞台のばらしを実践演習すると聞きました。
華やかな舞台ではないところから始まっているのですね。

繰り返し継続されて未来に繋がっていく。
自然との対話。文化・芸能の所作を学び。自身との葛藤。
時代の変化がスピードを上げる中その原点となる魂を繋ぐ「うぶすな」

「うぶすな」の舞台は鼓童のこころを魅せてくれます。
今からでも遅くはありません。チケットの手配をしましょう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

新発田に最高のパワーを

演出の青木さんにお会いできました。

Photosearch拡大

素晴らしい舞台をありがとうございます。
「うぶすな」の再演があり、嬉しいです。
昨年は関西方面の公演で、あきらめていた人も多かったと思います。
今回は関東、東北にと多くのみなさんと祝福の舞台を過ごされますこと
お祈りしています。

今日は再演初日の内子座ですね。のぼりが出迎えてくれるのでしょう。
劇場とは違う風情はどんな「うぶすな」を魅せてくれるのでしょうか?

再演7公演のど真ん中、新発田でお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

「うぶすな」の舞台

鼓童設立から今日までのおよそ30年という長い時間の中でつちかわれた業を存分に魅せてくれる舞台です。五人衆の持つ、熱い思いを随処に感じることができます。

太鼓打ち、藤本さんの大太鼓の一人打ちはもちろん感動ですが、唄声も素敵です。山口さんの生笛もたっぷり聞き応えありです。容子さんの癒しの唄声に酔い、優しい箏の音、太鼓の音。千絵子さんの舞いは静から動にと目が離せず、花八丈の魅力に吸い込まれます。齊藤さんの太鼓は演目の要となり響きます。
舞台の最後は会場全体を祝福の時へと導いてくれます。

さあ、みなさんもお友達を誘い観に出かけましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

照明のマジック

主張し過ぎない優しい照明は観る人それぞれの感性に語り掛けます。
幻想的な闇を照らす青白い月光…日の出のエネルギー、
凛とした空気、やさしい風、穏やかな静けさ、和らぎの温かさ。
光のその色はイメージの世界を広げます。
その明かりはキヨ子さんの刺し子の一針一針を浮かびだしてくれます。
「うぶすな」物語に魅せられました。

昨年秋公演の時と照明の演出がちょっと変わっているそうですよ。
照明の違い探しをしてみては、いかがでしょう。
記憶の中の「うぶすな」はどんな世界ですか?
もう観たわ!と言う方でも、また違った感覚で楽しめると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

「うぶすな」パンフレットと公演

実は、残念ながら私は昨年秋の公演は観ていません。
パンフレットと観てきた方々からの情報を伝えてきました。
おさらい。。。はこのブログの最初に書いた記事です。
その通り、それ以上の舞台でした。

パンフレットは公演の記念にと公演後に求められることが多いと思います。「うぶすな」パンフレットにおいては公演前に見ていても、公演をもっと楽しめる魔法があると感じました。
鼓童の一期生5人衆と、演出の青木さんの思い入れが綴られ、演目にも解説があり、対談ではいろんなエピソードが語られ。。。

あ~この人達が、鼓童の礎なんだって思って観たら何て贅沢な舞台でしょう。こんな顔合わせでの舞台はホントに特別なんだと再認識しました。
5人衆が次から次へと入れ代わり立ち代わり出番の多い舞台に感激です。
ひな祭りの日に観た公演のフィナーレはホントに五人囃子そのものでした。

特別公演であること、今しか観ることのできない公演であること。
公演を観て幸せになれると実感してきました。
委員長の言うこと間違いなしです!!
騙されてチケットをお求めください。幸せになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おさらい。。。

鼓童「うぶすな」の舞台

鼓童設立当時からのベテランメンバーを中心とし若手メンバーと繰り広げる魅惑の舞台です。
時広真吾氏のデザイン衣装はツアー公演とは違った世界を観せてくれます。大太鼓を叩く藤本吉利さんの後ろ姿に大井キヨ子さんの針の匠刺し子が輝いています。山口幹文さんの胡弓や剣舞のいでたちで三宅などみどころ満載!!とに かく一度は観ておきたい舞台です。きっと何度も観たくなる舞台です。実行委員会のメンバーの数人は、すでに京都で行われた公演を観てきました。

ツアー公演には無い魅力が溢れています。鼓童の代表である青木孝夫氏が自ら手をかけた思い入れのある公演、その思いが随所に伝わる舞台です。

公式サイトで舞台の一部を映像で観れます。
オンラインストアで発売中の公演パンフレットでは演目と解説、一期生の対談も楽しく、若い頃の姿も必見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

もうひとつの3月3日 ひな祭り

鼓童「うぶすな」のゲネプロがプレスリリースされると聞き伺ってきました。12月公演が行われる、佐和田のアミューズメント佐渡です。
今回はこの特別公演が佐渡で本公演されないこともあり、日頃お世話になっている島内の方々を招き公開されました。こうした公開リハーサルの試みは初めてとのことです。

17:30開場18:00開演でした。17:00を過ぎる頃から集まり始めたみなさんは、鼓童スタッフさんと挨拶を交わされたり、とても和やかな空気を作っていました。ここで育んできた時間の大きさを感じました。まさに「うぶすな」ですね。

お客さまは200人ほど来場されたようです。本公演に拍手の大きさでは適いませんが、温かさは届いたようです。メンバーみなさんの本気が伝わる素晴らしい舞台でした。

終演後のロビーではアンケートを記入している多くのお客様と、メンバーのご家族やスタッフのみなさんと感動を伝え合うお客様でにぎわっていました。この時間がまた成長の糧となる、これも「うぶすな」ですよね。

Photosearch拡大

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッション終了

トキちゃんからメールが届きました。
本番までトキちゃんドキドキで胃がぁぁぁぁ…で大変だったようです。

「うぶすな」上越公演の主催でもあるTeNY。その担当の方とお話できたそうです。後半はやはり伸びが鈍いようで。。。鼓童による18日のプロモーションに期待しているようです。また、Noism&鼓童も上のほうで観ていたらしく「上から見るのも良いもんですね~」と言っておられた。とのこと

新発田公演の竹席は上階ですが、ちょっとお安くお求めになれます。
こちらは、まだ好いお席が空いています。お問い合わせください。

リハーサルの控え室の様子です。
三人官女のはずが…
Tv_2search拡大

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お疲れさまでした!!

みなさん、テレビ伝言板はご覧いただけましたか?
トキちゃんありがとうございました。
素敵なユニホーム姿のみなさんに感激でした。
二枚続きのパネルは大迫力でしたね。
顔が見えずに残念でしたが。。。

特別公演であることや新発田の心意気は伝わりました。
このブログの紹介もしてもらい、ありがとう。
多くのみなさんに見てもらい、「うぶすな」を知って貰えたら嬉しいです。そして、公演を観てほしいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

本番です!!

ひな祭りの日を迎えました。
いよいよ、美人三人官女+めぐたんパパの登場です。
パネルはうまく仕上がっていると聞いています。
原稿は出来上がったのかしら??
とにかく熱い思いを伝えてくださ~い。楽しいアドリブ待てます。

夕方ですよ~17:00前後だったと思いますが??
みなさんも見忘れないように。。。あっと言う間に時間は過ぎます。

そして本日、もうひとつ行われることがあります。
私はそちらに行って来ます。報告は後日。。。お楽しみに~


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

3月3日ひな祭りの日は。。。

桃の節句ひな祭りがもうすぐです。
雛人形を見ていて五人囃子に目が止まりました。
「うぶすな」5人衆を重ねて見ちゃいました。

邪気を祓って健康を祈願し、幸せを願いましょう。
これって「うぶすな」公演を観ることですね。

では、3日の5時前にテレビでTeNYを見てください。
夕方ワイド新潟一番のテレビ伝言板で実行委員会からみなさまに向け、情報の発信をします。新発田公演の「うぶすな」がみなさんに幸せを運ぶことがわかってもらえると思います。
その後はチケットの手配を。。。

受付専用ダイヤル:鼓童 IN SHIBATA 実行委員会 
             090-7226-8458 (9:00~20:00)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »