« 「うぶすな」公演を知ろう ① | トップページ | 「うぶすな」公演を知ろう ③ »

2009年12月10日 (木)

「うぶすな」公演を知ろう ②

「うぶすな」公演パンフレットの巻頭の挨拶の中で青木孝夫さん(演出構成)がこんなことを書かれています。

地=黄=四角=すべてのものの支え。それは齊藤栄一。
水=緑=円=すべての言葉をきよめる。それは藤本容子。
火=赤=三角=すべての欲望を焼き尽くす。それは藤本吉利。
風=白=半円=すべての対立を吹き払う。それは山口幹文。
空=青=団=果てしなく大きいもの。それは小島千絵子。

佐渡という地に集い芸能という縁で結ばれ、今日に至る鼓童の礎を築いた五人の個々の演出イメージとのこと

文末には
「うぶすな(産土)」とは人の生まれた土地を意味します。
鼓童が佐渡の大地で生まれ育まれ、
そしてこれから50年、100年と続くためにも、
継続してきた魂の営みを見つめ直す舞台となればと思っています。

さて、どんな世界が広がっているのでしょう。

|

« 「うぶすな」公演を知ろう ① | トップページ | 「うぶすな」公演を知ろう ③ »

コメント

お久しぶりです。携帯のブログアドレス誤って削除したみたいでアクセス出来ませんでしたが、PCでググったら32件中の2位で表示されました。
ブログ更新快調ですね!
要望ですが、うぶすなのプレイヤー皆さんのプロフィール紹介してもらえませんか?

投稿: ター坊 | 2009年12月10日 (木) 12時57分

>ター坊さん
いつも、応援ありがとうございます。
私がプレイヤーの皆さんを紹介なんて、無理の無理です。

鼓童公式サイトのメンバー紹介をご覧ください。
メンバーさんのお名前をクリックすると紹介されています。
よろしくです。

投稿: mukki | 2009年12月10日 (木) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1300614/32552044

この記事へのトラックバック一覧です: 「うぶすな」公演を知ろう ②:

« 「うぶすな」公演を知ろう ① | トップページ | 「うぶすな」公演を知ろう ③ »