« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

良いお年をお迎えください

今年ももうすぐ終わります。
鼓童「うぶすな」の公演を主催することが決まり、みなさんに情報発信できたらいいなあと始めたブログです。
どこまで伝えられたかな??と反省しています。

みなさまのお力をかり、沢山の方々からチケットを買っていただき、満席で公演ができますようにと。。。
夢を実現できるように年明けからは、さらなるアピールをしていかなくてはと、思います。

来春の公演に向けみなさまの大きな応援をいただけますようお願いいたします。
来年がみなさまに幸多い年でありますように。。。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

チケット代金のお振込み

公演チケットのご注文ありがとうございます。
チケット担当からメッセージがきました。

チケットの振込の際、発送手数料が不足している方が居られたので、
あえて振り込んでいただくこともご負担になる為、
「当日会場でお願いします」とご案内したところ、
「失礼しました」とお振り込み下さいました県外のお客さま…

また、発送手数料を一桁多くお振り込みいただいたお客さまには、
「失礼ながら当日会場でお返しいたします」とご案内をさせていただきました。

不足も余りもないようにお振り込みいただけるのが一番ですが、
こういうことから皆さまとの交流でお気持ちが伝わり“良い舞台をつくろう”という励みにも繋がります。
これも実行委員会ならではの楽しみのひとつです。

ビジネスとしてやっていたら煩わしいことで片づけられることかもしれません。皆さまのお気持ちを大切にしていきたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

TeNYのCM

最近はゴールデンの時間でもCMが流れます。
いいですね~
容子さんの唄声!!
くるくると変わる場面!!!

「うぶすな」は上越公演だけではありませんよ~
長い新潟県。。。
中越、下越のみなさんお近くの新発田でも公演しま~す。

みなさんも上越公演の話題になったら、新発田でもあるよ!!と
教えてあげてくださいませ。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

ツイッター

私にはまだ理解できていませんが。。。
つぶやきを拾いました。

鼓童を愛する仲間が新発田に来てくれそう!?
それも佐渡から海を渡ってです!!
とっても嬉しいです。
かぶりつきたい!らしいけど…
好いお席とれたのかしら???

待ってますよ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

そして、お年玉

お正月も1週間となりました。
忘年会やおせち、飾り物の手配など気ぜわしいことでしょう。

お正月といったらお年玉
今年は夢を贈ってはいかがでしょう。
鼓童一期生の魂が込められた舞台はきっと喜ばれます。
素敵な舞台だったと感謝されます。

さあ、チケットの手配をしましょう。
受付専用ダイヤル:鼓童 IN SHIBATA 実行委員会 
             090-7226-8458 (9:00~20:00) 

まだまだ年内のお届け大丈夫で~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

メリークリスマス

ター坊さんから素敵な提案をいただきました。
「うぶすな」チケットをイブのプレゼントに。。。と

今からではチケット現物ちょっと間に合わないかも知れない!?
では、今夜。。。
恋人と過ごすあなた、ご夫婦で迎える旦那様、ご家族で過ごすみなさん、
楽しい会話の中で
雪解けの3月に新発田の「うぶすな」に行こう!!とお約束を交わしましょう。きっと心うきうき、ホットになることでしょう。

チケットの手配はクリスマス当日にお待ちしています。
受付専用ダイヤル:鼓童 IN SHIBATA 実行委員会 
             090-7226-8458 (9:00~20:00) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

新聞に注目!!

この年末年始に、広くアピールしようと
新潟日報の朝刊に広告を載せることにしました。
場所は、スキー情報のとなりです。
12月25日と1月3日に掲載されます。
山椒は小粒でピリリと辛い、そんな広告です。
お見逃し無く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かぶりつき

12月20日は待望のチケット発売の日でした。
プレイガイドはまだ確認していませんが、
受付専用ダイヤルにもたくさんのご注文をいただきました。
近くは地元、遠くは三条からのお客さまです。
ありがとうございます。


かぶりつきをご希望の方、前列のチケットが必要な方は、
どうぞお申し込み下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

プレイガイド

こんな情報が入っています。

某プレイガイドで。。。

「朝から並びますか?」

「大雪でなければ・・・・」   さて、どうでしょうか・・・!?

待っていて下さるお客様がいらっしゃること、嬉しいです。
ご希望のお席が空いていますように。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チケット一般販売開始

いよいよ明日からチケットの販売が始まります。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

■プレイガイド:新発田市民文化会館
         新発田市地域交流センター
        CoCoLo万代

プレイガイドが遠い方には郵送方法もございます。
この場合は実行委員会にお申し込みください。

■受付専用ダイヤル:鼓童 IN SHIBATA 実行委員会  090-7226-8458 (9:00~20:00) 
■口座番号:00600-2-2981
■加入者名:鼓童 IN SHIBATA 実行委員会
■払込金額:チケット代金×枚数+発送手数料100円

①お電話でご確認ください。
お名前、住所、電話番号、席種(松、竹)の別、希望枚数とお席の希望をお伺いします。

②「郵便払い込み」でご送金ください。
郵便局に備え付けの青色の払込取扱票をご利用いただき、ご依頼人欄、通信欄には受付したものと同じ情報(お名前、住所、電話番号、席種(松、竹))の別、希望枚数)をご記入ください。

◎お客様から取得した個人情報は、チケットの発送、チケット代金の決済に関する連絡の為に利用いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

今年の白い産土様

あっという間に空から舞い降りて一晩の内に景色が変えられていました。
12月としては25年ぶりという乱舞に、うっとりと綺麗~なんて言えないほどの悪戯に。。。

のんびりと呑気な私は、顔面パンチな朝でした。
まだ大丈夫と冬の支度をしてないものだから、タイヤ交換にドタバタでした。県内の陸も空も海も交通機関は大変な乱れ。
みなさんの生活はいかがでしょう。

12月の雪はゆっくりと舞ってほしいものです。
乱舞する産土の世界にビックリです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

白い産土様

昨日は夕暮れから霙に変わり、山から里にかけて白く積もりました。
サンタクロースがソリでやって気易いようと気遣ったのか、堀部安兵衛の義士祭のための演出か分かりませんが、だいたい14日頃から天気が荒れますね。

12月の雪は、言い換えればこれも産土の世界、寒いと言って、こたつに入って燗酒と洒落る。
はい、これも新潟ならではの産土、なんだか、産土も捨てたものじゃないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チケット先行予約終了

昨日15日でチケット先行予約を終了しました。
多くのお申し込みをいただき、ありがとうございました。
あの、こだわりチケットがお手元に届くのを楽しみにしていてください。

一般発売は20日の日曜日からです。
各プレイガイドではチケットの準備も終わり、お客様のお越しを待つばかりです。

新発田の「うぶすな」を楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

公演スタイル

実行委員会からのお知らせ

新発田での鼓童の公演活動は1990年から約20年と長く、実行委員会スタイルで行っている全国でも珍しい公演です。他に、北海道苫小牧と愛媛の内子座などがありますが、過去10回にわたってとなると新発田の右に出るものはないでしょう。
12月に新潟市で行われている新潟公演は今でこそ定番になりましたが、新潟で鼓童の公演活動を定着させてきた背景には、実は新発田公演が大きく貢献しています。

舞台はどこに行っても同じだと思っていらっしゃる人も少なくないでしょうが、「演じる者」「観る者」「支える者」この三位一体によって舞台は変わります。
鼓童と地域を結びつけて盛り上げていく。単なる興業と違い、もうひとつの温かなスパイス(?)、これが実行委員会スタイルの魅力です。
そういう点では、北海道苫小牧と愛媛の内子座なども同じです。温かく、ホットなのです。そういう空気が舞台を包んでいくわけですから、当然のように、舞台が盛り上がるというわけです。
良く、遠方からわざわざお出でいただく方が、「新発田は違う」と舞台をご覧になっていう台詞の妙味がそこにあると自負しています。

冷えた経済と寂しい空気のご時世、2010年に元気づけの「うぶすな公演」温かく、暖かく、包んでいきたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

みました!?

本日深夜2時ちょっと前。。。
テレビから「鼓童うぶすな…」の声に見入ってしまいました。
公式サイトのプロモーション映像を早送りしたように、鼓童三番の影を見たと思ったら藤本さんの大太鼓、剣舞の姿での三宅、千絵子さんの舞い、バックでは容子さんの唄声が流れ、あっという間の出来事でした。
初めて見るCMです。
もっと前から流れていたのかしら?私が見なかっただけかしら??
みなさんは見たことありますか???

上越公演の主催がTeNYさんで、チケットの発売が週末から始まるからですかね???

新発田の公演もよろしくお願いしま~す!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

ポスター配布

県内の文化会館やホールを中心に道の駅や町の駅等にポスターの掲示をお願いしてきました。
以前紹介したチラシと同じものですが、大きなサイズの藤本さんの姿に今にも大太鼓の音が響いてくるようで、一段と素敵です。もちろん、チラシも置かせてもらっています。十二月公演に来れなかった皆さんにチラシを手にしてもらえます。

ぜひ、お出掛けの際にご覧下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

「うぶすな」公演を知ろう ③

他にも特別
時広真吾さんデザインの衣装を纏っての舞台です。
大太鼓の衣装は鼓童スッタフ大井キヨ子(一期生)さんの刺し子が施されています。

大太鼓は以前KODO Weblog で紹介がありました、純日本製!!!
藤本さんがどんな音を伝えてくださるのでしょう。

参考 http://www.shingotokihiro.com/perform/0911.html
     四つの花の会での容子さんと千絵子さんがいます。    
    http://www.kodo.or.jp/news/20091010sashiko_ja.html
     大井さんの記事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

「うぶすな」公演を知ろう ②

「うぶすな」公演パンフレットの巻頭の挨拶の中で青木孝夫さん(演出構成)がこんなことを書かれています。

地=黄=四角=すべてのものの支え。それは齊藤栄一。
水=緑=円=すべての言葉をきよめる。それは藤本容子。
火=赤=三角=すべての欲望を焼き尽くす。それは藤本吉利。
風=白=半円=すべての対立を吹き払う。それは山口幹文。
空=青=団=果てしなく大きいもの。それは小島千絵子。

佐渡という地に集い芸能という縁で結ばれ、今日に至る鼓童の礎を築いた五人の個々の演出イメージとのこと

文末には
「うぶすな(産土)」とは人の生まれた土地を意味します。
鼓童が佐渡の大地で生まれ育まれ、
そしてこれから50年、100年と続くためにも、
継続してきた魂の営みを見つめ直す舞台となればと思っています。

さて、どんな世界が広がっているのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

「うぶすな」公演を知ろう ①

「3月20日の公演は、昨日見た新潟の公演と同じものですか?」と問い合わせをいただきました。

鼓童の国内公演は春と秋のワン・アース・ツアー、ECと言われているアース・セレブレーション、そして十二月公演が基本です。それぞれの公演は演目や舞台メンバーを替え、演出されて私たちを楽しませてくれます。
同じ演目でもその時々で大きく違った印象を持ちます。

「うぶすな」公演は特別公演です。
鼓童設立の時代に在籍していたメンバー(一期生)を中心に次代を担うメンバーたちと繰り広げられる世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

2009 鼓童イヤーブックから

「うぶすな」公演のページに出演と音楽監督をされた山口幹文さんが書かれた記事が心に響きました。

舞台は不思議なもので仕上げた作品が舞台上で、思わぬ方向へと歩き出すことがある。これは、演奏中に感じる客席からの無言の声といったものに対する、演者の回答である。
うぶすな公演も日々変化をとげた。もちろん、より良くするための更新は当然だが、それとは異なる変化を感じる度に、お客様こそが音楽監督なのではないかと思えてならない。

上手く要約できませんね~。ごめんなさい。

これから上演される「うぶすな」がどんどん成長する楽しみと、私たちが作り上げる新発田の空気がどんな変化を与えることができるのか、音楽監督?として素敵な舞台の力になりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

チラシ

実寸大でお楽しみください。

002_2 search拡大


001_3 search拡大


| | コメント (6) | トラックバック (0)

ちょっと道草

藤本さんがKODO Weblogでも紹介していた伊吹剛さんが唄っている「太鼓馬鹿」のCDの話をしてくださり、おまけに唄も。。。この歌詞は藤本さんのことでCD中の太鼓と掛け声「せいや!!」に参加しているとのこと。
みんな(シバシバ、くま、プリシラ、kon )でネット販売のCDポチリました。

太鼓一筋太鼓にほれて 汗にまみれて生きてきた 夢の数だけ叩いて死ねりゃ 悔いも未練も打ち捨てる~♪

「わはははは!!わしは太鼓馬鹿やてか!!あ~あ太鼓馬鹿で上等や、せやけどな、わしはほんまに太鼓が好きや。ええかぁわしの太鼓どあほよ~見といてんかぁ」

曲中にこんな台詞が入っています。

さあ、「うぶすな」公演に出掛け
大太鼓を叩く藤本さんをよ~く見ときましょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

十二月公演 新潟初日は

私は。。。
懐かしさを覚えますが、新鮮な舞台!!そんな感覚を受けてきました。

終演後、実行委員会メンバーは先月末に完成のポスターとチラシを地域担当別に持ち帰りました。
来週末までには街の公共施設を中心に見ていただけると思います。

藤本吉利さんに「うぶすな」にかける意気込みをもらってきました。
「魂を込めて叩きます。ぜひ、来てください。」と力強い言葉を添えて…
1                                                                    


searchクリック拡大

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

今日は

待ちに待った鼓童十二月公演です。
さて、どんな舞台なのでしょう。

そして、新発田「うぶすな」チケット先行予約の開始です。

演目パンフレットの中に新発田「うぶすな」のチラシが入っています。
どうぞ、よ~くご覧ください。
公演が終わりましたら、忘れず予約をしましょう!!!
先行予約は15日(火)で締め切りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

アクセスは

JR新潟駅から
白新線で新発田駅下車、会場まで徒歩15分です。

自家用車で
新新バイパス新発田インター下車
国道7号線を村上方面へ
5分程度で城北町の交差点を右折、突き当たりが会館です。


「近くが飲食街ですので、舞台を肴にいかが?」と誰かがつぶやいています。 ※運転手さんは禁○ですよ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

こだわりのチケット

Uc1 searchクリック拡大

Uc2 searchクリック拡大

あらeyeどこかで。。。

あっ そうだわ!
「うぶすな」公演パンフレットの表紙じゃない?

素敵なチケットを手に公演にお越しください。
お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

座席一覧表

Uc0

こんな感じです。
好いお席はお早めに!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

チケット発売

公演情報
2010年3月20日(土)
新発田市民文化会館
18:00開場 18:30開演
松席5000円 竹席(階上席)4500円 (全席指定・税込)
※当日500円増し
※未就学児は入場できません。

先行予約が始まります
■受付期間12月5日(土)~12月15日(火)
※チケットの予約枚数に制限はありません。
※お申し込み後のキャンセル・変更はできません。

■Eメールアドレス:tonzai@bb-niigata.jp
■口座番号:00600-2-2981
■加入者名:鼓童 IN SHIBATA 実行委員会
■払込金額:チケット代金×枚数+発送手数料300円

①「Eメール」でご予約ください。
「うぶすな新発田市公演チケット予約」と記載の上、お名前、住所、電話番号、鼓童の会会員番号、席種(松、竹)の別、希望枚数をご明記ください。

②「郵便払い込み」でご送金ください。
郵便局に備え付けの青色の払込取扱票をご利用いただき、ご依頼人欄、通信欄にはEメールでお送りいただいたものと同じ情報(お名前、住所、電話番号、鼓童の会会員番号、席種(松、竹))の別、希望枚数)をご記入ください。

受付専用ダイヤル: 090-7226-8458(9:00~20:00) 
              鼓童 IN SHIBATA 実行委員会 

◎お客様から取得した個人情報は、チケットの発送、チケット代金の決済および予約に関する連絡の為に利用いたします。


一般発売は12月20日(日)からです。
プレイガイドでお買い求めいただけます。
チケットサービスからは上記①、②の手順でおねがいします。
※一般発売の発送手数料は100円になります。

■プレイガイド:新発田市民文化会館
        新発田市地域交流センター
       CoCoLo万代
■チケットサービス: tonzai@bb-niigata.jp
           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »